食品ロス・食品リサイクル対策

CHALLENGE食品ロス・
食品リサイクル対策循環経済社会を目指して

食品廃棄物量 
発生原単位(売上百万円あたりの発生量)

2030年の目標
50%削減
2050年の目指す姿
75%削減

* 2013年度比較

食品廃棄物のリサイクル率

2030年の目標
70%
2050年の目指す姿
100%

食品ロス低減や食品をリサイクルする取り組みは、セブン&アイグループが主体となり、お店・お取引先様と協議し取り組みを推進しています。

商品開発・製造時の取り組み

  • 事例1長鮮度化商品の開発

    徹底した品質管理のもと、長鮮度化実現に取り組んでいます。

    コクの焙煎ごまドレッシング
    コクの焙煎ごまドレッシング
    甘い干し梅
    甘い干し梅
    コーンフレーク プレーン
    コーンフレーク プレーン
    厚切りポテト 石垣の塩味
    厚切りポテト 石垣の塩味
    天然だしパック
    天然だしパック
    アップル
    アップル
  • 事例2冷凍食品の拡大

    長期保存が可能な冷凍食品を拡大することで店頭での廃棄ロスやご家庭における食品廃棄の低減につなげています。

  • 事例3パウチ惣菜の拡大

    少人数でも食べ切ることができる量にすることで、食べ残しを減らす工夫をしています。

商品仕入れ・販売時の取り組み

  • 事例4納品期限の緩和

    セブン&アイグループは、農林水産省、お取引先様と連携し「納品期限見直し」を推進し、食品ロス低減を進めています。

    <納品期限について>
    長い商慣習のもとにルール化されていた「製造元での保管期間(納品期限)」を見直し、
    卸業者、小売業への納品期限を延長することで、納品期限切れ食品の廃棄量低減に努めています。

  • 事例5年月表示化の推進

    年月日表示から年月表示に切り替えを推進することで食品ロス低減に取り組んでいます。

    賞味期限 2020.12.10
    2020.12

TOPへ戻る