2020.03.13

お弁当にもうれしい!鶏胸肉の甘辛照り焼きレシピ・つくり方

甘辛味がごはんによく合う「鶏胸肉の照り焼き」レシピをご紹介します。冷めてもやわらかくしっかりとした味付けで、つくり置きの夕食やお弁当のおかずにぴったり。鶏肉をパサつかせない2つのコツを、ぜひお試しください!

■冷めてもやわらか♪「鶏胸肉の甘辛照り焼き」の基本レシピ

ヘルシーでリーズナブルな鶏胸肉で作る、甘辛照り焼きの基本レシピです。下準備のひと手間で、焼きたてはもちろんつくり置きしてもやわらかジューシーなおいしさが味わえます。
基本のつくり方を覚えて、味付けのアレンジを楽しみましょう。

材料(2人分)

・鶏胸肉……大1枚(450g)
・A砂糖……小さじ1杯
・A塩……小さじ1/2杯
・A水………大さじ3杯
・片栗粉……大さじ2杯
・サラダ油…大さじ1杯
★こいくち醤油……大さじ2杯
★本みりん…大さじ2杯
・砂糖……大さじ1杯

★=セブンプレミアム

つくり方

1.鶏肉とタレの下準備

鶏胸肉は皮を取って半分に切り、繊維を断つようひと口大のそぎ切りにします。

ポリ袋にAと鶏肉を入れて手でよく揉み、冷蔵庫に30分置きます。

照り焼きダレの材料、醤油・みりん・砂糖を合わせておきます。

鶏肉をポリ袋からボウルに移し、片栗粉を全体に絡めます。(ポリ袋に片栗粉を入れて混ぜると、鶏肉を取り出す時片栗粉が袋に残るため。)

2.鶏肉を焼く

フライパンにサラダ油を引き中火にかけます。ボウルの内側についた片栗粉も鶏肉につけながら菜箸ですくいとり、1枚ずつ並べます。肉の淵の色が変わるまで3分ほど焼きましょう。

鶏肉を裏返し、フライパンに蓋をして弱火で3分ほど焼きます。

3.タレを絡める~完成

蓋を開け中火に戻します。合わせた照り焼きのタレを回し入れ、フライパンをゆすりながら全体に絡めて完成です。

つくる時のコツ

砂糖と塩は肉の保水力を高める働きがあります。砂糖・塩・水に浸け込むことで鶏胸肉が吸った水分をキープします。
さらに片栗粉でコーティングすることにより、肉汁を閉じ込めた状態で焼き上がり、冷めてもしっとりやわらかな照り焼きになります。

■使用した食材はこちら

こいくち醤油 1000ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=166
価格:本体138円(税込149円)

味・色・香りのバランスが良い本醸造の濃口醤油です。煮物や炒め物の味付けはもちろん、かけ・つけ用としてもお使いいただけます。

本みりん 1000ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=328
価格:本体275円(税込302円)

甘みと香りがまろやかで上品な味わいの本みりんです。肉・魚・野菜など、素材の味を引き立て、煮崩れを防ぎ美しく照りのある料理に仕上げます。

■「浸け置き&片栗粉」で鶏胸肉のおいしさ倍増♪

時間がたってもジューシーな「鶏胸肉の甘辛照り焼き」を作るポイントは、塩・砂糖・水に浸け置きすること、片栗粉でコーティングすることの2つでした。仕上げの味付けは、ガーリックや生姜をプラス、ポン酢やマヨネーズとアレンジが自在です。
あなたもぜひセブンプレミアムの種類豊富な調味料で、鶏胸肉の甘辛照り焼きとアレンジをお楽しみください!

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年2月25日現在の情報です。

TOPへ戻る