2020.06.26

インパクト絶大! スタンディング「ネギ鍋」のつくり方・レシピ

見て楽しい、食べておいしい、スタンディングネギ鍋のレシピをご紹介します。ネギをたっぷりと使ったインパクト絶大な鍋料理で、子どもから大人までみんなに喜ばれるひと品。とろとろのネギとジューシーな豚バラ肉が絶妙にマッチし、ついつい食べる手が止まらなくなるおいしさです。とってもかんたんにつくれるので、皆さんもぜひ一度お試しください。

■立てて並べて煮込むだけ!スタンディングネギ鍋のレシピ(調理時間30分)

土鍋の中心にネギを立てて並べ、お肉で囲って煮込むだけの簡単レシピです。すき煮風の甘辛い味付けで、白いごはんがどんどん進みます。そのままはもちろん、お好みで溶き卵を絡めて食べても絶品です。シメはうどんがおすすめ!

■材料(4人分)

・豚バラ肉……600g
・長ネギ……3〜4本
・マイタケ……2株
・ゴボウ……1/2本
★A料理酒……200ml
★A特選丸大豆醤油……200ml
★A本みりん……200ml
・A砂糖……大さじ5杯
・(お好みで)溶き卵……人数分

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

長ネギの太さや長さで、使用する本数をじょうずにかげんしてください。
野菜から出る水分量によって、仕上がりの味に差が出る場合があります。最後に味を見て、薄ければ醤油とみりんを、濃ければ水を足しましょう。

■つくり方

1.材料を切る

長ネギをよく洗い、白い部分を5〜6cmほどの長さに切ります。青い部分は斜めに薄切りにします。

ゴボウを細いささがきにします。5分ほど水にさらし、水気を切ります。

マイタケは、汚れていたら濡らしたキッチンペーパーで軽く拭きます。根本の固い部分を切り落とし、手で適当な大きさに分けます。

豚肉を5〜6cmほどの長さに切ります。

2.材料を土鍋に入れる

土鍋の中心に、長ネギの白い部分を立てて並べます。

長ネギが倒れないように、豚肉で周りを囲います。

豚肉の周りに長ネギの青い部分、ゴボウ、マイタケを入れます。

3.煮る

ボウルにAの材料を入れ、混ぜ合わせます。

混ぜ合わせたAを土鍋に注ぎ、蓋をして中火にかけます。フツフツとしてきたら弱火にし、じっくりコトコトと煮込みます。

豚肉に火が通り、ネギがやわらかくなったら完成です。お好みで溶き卵を絡めてお召し上がりください。

■使用した食材はこちら

料理酒 1000ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=269
価格:本体188円(税込203円)

国産のうるち米を使用した、芳醇な香りが特徴の料理酒です。肉や魚の臭み消しから、仕上げの風味付けまで、幅広く役立つ万能な一本。和・洋・中ジャンルを問わず、さまざまな料理に活用できます。

特選 丸大豆醤油 1000ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=258
価格:本体238円(税込257円)

丸大豆を使用した、まろやかで香り高い特選醤油です。煮物や炒めものの味付けはもちろん、刺し身や冷奴などの「つけ・かけ」にも最適のひと品。いつもの料理がワンランク上の味わいに仕上がります。

本みりん 1000ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=328
価格:本体275円(税込302円)

煮物、煮魚、照り焼きと、和食づくりには欠かせない本みりんです。上品な甘味が特徴で、素材本来のおいしさを引き立てるひと品。料理の味付けだけでなく、仕上げのつや出しや、煮くずれ防止にも役立ちます。

■簡単おいしい!スタンディングネギ鍋

見た目のインパクトとは裏腹に、とってもかんたんにつくれるスタンディングネギ鍋。土鍋に材料をセットしたら、あとはコトコトと煮込むだけで完成です。見栄えが良く、食卓が一気に華やぐので、来客時のおもてなし料理にもおすすめのひと品。長ネギの大量消費にもぜひどうぞ。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年3月23日現在の情報です。

TOPへ戻る