2021.06.09

セブン-イレブンの糖質0gサラダチキン8種を紹介!おすすめの食べ方も

糖質ゼロがうれしい、セブン-イレブンのサラダチキン8種をご紹介。味や特徴、おすすめの食べ方などを一挙にお届けします。さまざまなフレーバー・タイプがあるので、用途に合わせて選べるのが魅力です。どれにしようか迷ったら、ぜひご参考にどうぞ。

■セブン-イレブンの糖質0gサラダチキンは日々の食卓に便利

セブン-イレブンの糖質0gサラダチキンは、種類が豊富。プレーン・ハーブ・スモーク・ガーリックペッパーと、味のバリエーションが充実しています。片手で食べられるバータイプや、トッピングに便利なほぐしタイプもラインアップ。おかずからおつまみまで、日々の食卓に大活躍です。

■食べ方いろいろ。定番タイプのサラダチキン4種

1. 糖質0gのサラダチキン プレーン 110g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=1082
価格:税込213円

あらゆる料理に幅広く使える、プレーンタイプのサラダチキンです。シンプルかつ飽きのこないおいしさで、しっとりジューシーな食べ心地。うっすら塩味がついており、そのままでもお召し上がりいただけます。常備しておくとなにかと役立つひと品です。

おすすめの食べ方

プレーンタイプのサラダチキンは、汁物の具材にうってつけ。鶏の旨味がスープに溶け出し、奥深い味に仕上がります。風味にクセがなく、和・洋・中ジャンルを問わず活用できるのがポイント。ほぐして使えば口当たりがよく、角切りにすれば食感のアクセントになります。

2. 糖質0gのサラダチキン(ハーブ) 110g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=1086
価格:税込213円

鶏のむね肉にハーブをまぶし、じっくりやわらかく蒸し上げました。香り高くさわやかな味わいで、イタリアン・フレンチのメニューに重宝します。スライスするだけでおつまみやオードブルになり、急な来客時のおもてなしに便利。工夫次第でいろいろな料理に使えます。

おすすめの食べ方

ハーブの風味を存分に楽しむなら、シンプルに調理するのがおすすめです。サラダやマリネはもちろん、トマトと合わせてカプレーゼ風にアレンジするのもグッド。ワインやシャンパンと相性がよく、食卓を華やかに彩ります。パーティーシーンにぜひお試しください。

3. 糖質0gのサラダチキン(スモーク) 110g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=5584
価格:税込213円

ほかのフレーバーのサラダチキンと比べると、食感がややハード。旨味がギュッと凝縮していて、噛みしめるごとに燻製の香りが広がります。ビールやウイスキーとよく合い、おつまみに最適です。風味を損なわないよう、なるべく手を加えずに食べるとよいでしょう。

おすすめの食べ方

スモークタイプのサラダチキンは、サンドイッチの具材におすすめ。見た目が豪華で、ボリューム満点に仕上がります。サラダチキン自体に味がついているので、マヨネーズは少量でOKです。スモーキーな香りと素材の味が引き立ちます。

4. 糖質0gのサラダチキン(ガーリックペッパー) 110g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=6666
価格:税込213円

ガーリックとペッパーで味付けをした、ピリッとスパイシーなサラダチキンです。刻んでチャーハンに入れたり、野菜と一緒に炒めたりと、さまざまな料理に役立ちます。香り・辛味がマイルドで、子どもからお年寄りまで幅広く楽しめる味わい。一度食べたらクセになるおいしさです。

おすすめの食べ方

加熱ずみなので、火通りを気にしなくてすむのがサラダチキンの魅力。チーズをのせてトースターで焼けば、ガツンと食べごたえのあるおかずが簡単につくれます。忙しい日や、あとひと品ほしい時に大助かりのメニューです。にんにくの香りが食欲を刺激し、食べる手が止まらなくなります。

TOPへ戻る