2021.07.12

いろいろなメニューに大活躍!蒸し大豆の作り方と活用アレンジ

生で食べたり炒めたり煮たりと、いろいろなメニューに大活躍する蒸し大豆。実は、家庭でも簡単につくることができます。圧力鍋を使わず、蒸し器で蒸すだけでOK。ほくほくの食感と豆の味をしっかりと堪能できます。ここでは、蒸し大豆の作り方や活用法をご紹介。冷凍保存もできるので、時間がある時につくってみてください。

■水に浸けて蒸すだけ!蒸し大豆の基本の作り方(調理時間:50分 ※水に浸ける時間は除く)

蒸し器でつくる、蒸し大豆のレシピです。時間はかかりますが、工程は2つのみでとてもシンプル。味にクセはないため、いろいろな料理にアレンジできます。冷凍保存しておくと役立つひと品です。

■材料(つくりやすい分量)

・乾燥大豆……250g
・水……適量

■コツ・ポイント

乾燥大豆をひと晩水に浸けると、ふっくらした楕円形になります。水の温度が低いと豆が戻り切らないことがあるため、その場合は常温に置いてみてください。
大豆は沸騰した湯気で蒸し上げます。途中で蓋がゴトゴトと動くようなら蓋を少しずらし、蒸気を逃がしながら蒸しましょう。

■作り方

1.大豆をひと晩水に浸ける

乾燥大豆はよく洗ってボウルに入れ、大豆の4倍ほどの水を加えてひと晩置きます。気温が高い季節は、冷蔵庫に入れます。大豆が水を吸い、ふっくらとひと回り大きくなっていればOKです。

2.大豆を蒸し器で蒸す

大豆の水気を切り、金属製または竹製のざるに移し、なるべく広げてならします。

蒸し器の湯を沸かし、沸騰したら大豆の入ったざるを蒸し器に入れて蓋をします。水がなくならないように注意しながら、中火で40~50分蒸します。食べてみて、やわらかくなっていたらできあがりです。硬い場合は、10分ほど追加で蒸してください。
冷蔵なら数日、冷凍ならジッパー付きポリ袋に入れて、1カ月ほど保存が可能です。

■蒸し大豆のアレンジ方法

蒸し大豆は、サラダやスープ、煮物などいろいろなメニューに活用できます。上の画像は、大豆の甘辛炒め。
大豆は片栗粉をまぶしてから炒めると、表面はカリッと、中はほくほくして、調味料がよく絡みます。しょうゆ・バター・塩こしょうなど、お好きな味付けでお楽しみください。ベーコンやコーンといった具材をプラスするのもおすすめです。

■今すぐ食べたい時はこちらがおすすめ

蒸し大豆 100g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=5375
価格:税込127円

北海道産の大豆を使用した、蒸し大豆です。やわらかく蒸し上げ、素材の持つ風味や旨味をそのままキープしました。開封後そのまま料理に使えて便利。料理のジャンルを問わず、幅広いメニューにご活用ください。

■シンプルな工程でつくれる蒸し大豆

時間のかかる蒸し大豆は、なんとなく避けてしまいがち。しかし水で戻して蒸すだけというシンプルな工程のみで、ほくほくの食感と豆の味をしっかりと堪能できます。時間のあるときにつくって冷凍保存しておくと、いろいろなメニューに大活躍。サラダやスープ、煮物など、幅広いメニューに取り入れてみてください。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※表示価格は8%の消費税額を加えた税込価格となります。(酒類等の軽減税率対象外商品は10%の消費税を加算)
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2021年7月12日現在の情報です。

TOPへ戻る