白魚の卵とじのレシピ。ちょっとしたコツでふわふわ絶品に

2022年04月14日 更新

白魚の卵とじのレシピ。ちょっとしたコツでふわふわ絶品に

■白魚(しらうお)ってどんな魚?

白魚とは体長5~10cmのシラウオ科の魚のこと。国内では北海道から九州までの沿岸、海水と真水が入り混じる河口付近(汽水域)や汽水湖に生息しています。春の味覚として親しまれ、天ぷらや吸い物、卵とじにして食されてきました。
この記事では、そんな白魚の魅力あるやわらかな食感を活かした「卵とじ」のレシピをご紹介します。白魚は透明であるほど新鮮なものとされているので、ぜひ選ぶの参考にしてください。

■ふんわりとろり。白魚の卵とじ(調理時間:15分)

やわらかな白魚に、ねぎと三つ葉を加えてさわやかな風味に仕上げる卵とじです。白魚、卵ともに火を入れすぎないのが、ふんわりとろりとした食感にするポイントのひとつ。このほか具材を煮る順番や入れるタイミングなどのコツを押さえれば、白魚の淡泊で上品な味わいを堪能できる、特別感のあるひと品に仕上がります。
食卓に春の香りをもたらすひと皿は、普段のおかずにも、おもてなしにもおすすめです。

■材料(2~3人分)

・白魚……100g
こだわり新鮮たまご……2個
・長ねぎ……10cm
・三つ葉……10g

〈煮汁〉
★だしの素……小さじ1/2杯
純米本みりん……大さじ1杯
・薄口しょうゆ……大さじ1杯
・水……200ml

★=セブンプレミアムです。

■ふんわりとろりと仕上げる2つのポイント

1.卵はざっくりと混ぜる

卵は溶きすぎないようにするのがポイント。ざっくりと混ぜ、白身の大きなかたまりがなくなっていればOKです。こうすることで火を入れたにところどころが半熟状態になって白魚と一体となり、やわらかでやさしい食感に仕上がります。

2.卵は2回に分けて加える

ほどよく半熟に仕上げるため、卵は2回に分けて加えましょう。卵白は火が通りにくいため1回目は白身部分を多めに入れて加熱し、2回目に残りを回し入れたら早めに三つ葉を加えて火からおろしてください。あとは余熱で火を入れるようにすると、とろふわな食感に仕上がります。

■作り方

1.白魚を水で洗う

白魚をザルに入れ、水をはったボウルの中にザルごと沈めて振り洗いをします。

ザルを引きあげ、水気を切っておきます。

2.三つ葉と長ねぎを切る

三つ葉は長さ2cmに切り、長ねぎは斜め薄切りにします。

3.卵を溶く

ボウルに卵を割り入れ、軽くほぐします。

菜箸を使って大きくざっくりと混ぜます。ところどころ白身がそのまま残っている状態がベストです。

4.煮汁を煮立てる

鍋に煮汁の材料を入れ、ひと煮立ちさせます。

5.長ねぎを入れる

煮立ったところに長ねぎを入れ、長ねぎに火が通るまでしばらく煮ます。

6.白魚を加える

長ねぎがしんなりしたら白魚を加えてサッと煮ます。

7.卵を加える

白魚の透明感がなくなり、煮汁が沸々してきたら溶き卵の2/3を加えます。

卵が固まり始めたら残り1/3の溶き卵すべてを加えます。

8.三つ葉を加える

卵が半熟状態になったら三つ葉を加えて火を止め、そのまま余熱で蒸らします。

9.器に盛る

やわらかに煮上がった白魚が崩れないよう、やさしく器に盛り付ければ完成です。お好みで仕上げに山椒をひと振りするのもおすすめ。大人好みの味わいが楽しめます。

■使用した食材はこちら

こだわり新鮮たまご 10個入


https://7premium.jp/product/search/detail?id=4246
価格:税込257円

鮮やかで深みのある色をした黄身と、コクのある味わいが特徴の卵です。出荷から店頭までチルド管理をすることでフレッシュさをキープ。生産履歴がわかるので安心してお召し上がりいただけます。スクランブルエッグやオムレツなどはもちろん、やさしい味わいの「卵とじ」にもぴったりです。

だしの素 45g×3袋


https://7premium.jp/product/search/detail?id=186
価格:税込192円

毎日の料理に使いやすい、顆粒タイプのだしの素です。国内製造の3種の風味原料(鹿児島県産かつおぶし、北海道産真昆布、長崎県産焼きあご)を使用しました。上品な香りと甘みを活かした吸い物や煮物をはじめ、卵とじにもお使いいただけます。

純米本みりん 500ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=4229
価格:税込327円

お米から生み出された自然で奥深い甘みと旨みが感じられる本みりんです。素材の生ぐさみを抑えて煮崩れを防ぐので、やわらかな魚を使う料理に適しています。このほか焼き物には美しい照りやツヤ、煮物にはまろやかなコクを与えて料理を格上げしてくれます。国産米100%使用。

■春の味わいを堪能できる「白魚の卵とじ」を作ろう

春先になるとスーパーの店頭に並びはじめる白魚。購入したらすぐに調理して、食卓に季節の香りを添えましょう。卵とじはほんの少しのコツで手間がかからず絶品に仕上がるので、忙しい日でも気軽に作れます。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※表示価格は8%の消費税額を加えた税込価格となります。(酒類等の軽減税率対象外商品は10%の消費税を加算)
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類の販売はいたしません。
※はちみつは、1歳未満の乳児には与えないでください。
※2022年4月14日現在の情報です。

関連キーワード

おすすめ記事

炊飯器に入れるだけ!バターライスの基本レシピ

2022.01.05

炊飯器に入れるだけ!バターライスの基本レシピ

■カレーや煮込み料理にも!バターライスの基本レシピ(調理時間5分/炊飯時間は除く) 炊飯器に材料を入れて、いつも通りに炊くだけの簡単バターライスレシピです。バターとにんにくの風味が食欲をそそり、思わずおかわりしたくなるほどのおいしさ。カレーや煮込み料理とも相性が良いので、なにかと出

材料5つ!簡単サクサク「バタークッキー」の基本レシピ

2021.08.18

材料5つ!簡単サクサク「バタークッキー」の基本レシピ

■サクサク食感!バタークッキーの基本レシピ(調理時間:60分) ティータイムのお供におすすめの、風味豊かなバタークッキーです。卵黄のみを使うことで、さっくりと口どけの良い食感に焼き上げます。少し硬めのサクサクに仕上げたい場合は、卵黄の分量を全卵1/2個に置き換えましょう。 ■材料(15個分

ごはんがすすむこってり味!鯛の煮付けの基本レシピ

2022.03.14

ごはんがすすむこってり味!鯛の煮付けの基本レシピ

■簡単本格!鯛の煮付けの基本レシピ(調理時間:20分) 切り身で作る、パパっと簡単な鯛の煮付けのレシピです。おいしく調理する秘訣は、鯛を霜降りし、短時間で一気に煮ること。魚特有のくさみが取れ、やわらかな食感に炊き上がります。また、残った煮汁を軽く煮詰めて、最後にまわしかけるのも大

和食派も洋食派も!10分以内に作れる簡単朝食レシピ27選

2022.05.17

和食派も洋食派も!10分以内に作れる簡単朝食レシピ27選

■和食派の方に。朝食におすすめのごはんレシピ4選 1. シンプルが一番。塩おにぎり どんなおかずとも相性が良い、シンプルな塩おにぎりのレシピです。具材を入れないので簡単に作れて、握りやすいのもうれしいポイント。漬物とお味噌汁を添えれば、立派なおにぎり定食ができあがります。もちろん梅

おすすめ特集