まるごと一匹使って豪華に!「ホウボウの煮付け」のレシピ【さばき方付き】

2022年07月21日 更新

まるごと一匹使って豪華に!「ホウボウの煮付け」のレシピ【さばき方付き】

■ごはんによく合う!ホウボウの煮付け(調理時間:30分)

ホウボウの煮付けを、下処理の方法から写真付きで詳しく解説します。ふっくらとした白身と甘辛しょうゆの煮汁がごはんと相性抜群。肉厚で食べ応えがあるため、和食の主菜にぴったりです。
ホウボウの旬や産地、おすすめの調理法もあわせてお伝えします。煮付け以外の調理法で楽しむ際の参考にしてくださいね。

ホウボウとは

ホウボウはカサゴ目ホウボウ科に属する海水魚です。一般的な体長は30cmほどですが、大きいものは40~50cmほどあります。頭と胸びれが大きく、胴体は尾にかけ円錐型をしているユニークな見た目が特徴です。
名前の由来は諸説ありますが、海からあげたに浮き袋を震わせて「グーグー」と鳴らす音が“方々(ほうぼう)”に響くため、獲物を求めて海底の“方々”を這いまわるためなどと言われています。

旬と産地

ホウボウは北海道南部から沖縄まで日本各地の沿岸で獲れ、主に底引き網で漁獲されます。通年で獲れる魚ですが、もっとも脂がのっておいしい時期は冬で12~2月が旬です。

おすすめの調理法

ホウボウは白身魚で、クセのない淡白な味が特徴。ほどよく脂がのった旨味のある味わいで、やわらかな弾力のある食感がとてもおいしい魚です。生食では刺身やカルパッチョ、煮物では煮付けやアクアパッツァ、鍋の具材がおすすめ。ほかに唐揚げや蒸し物など、和食・洋食ともにさまざまな調理法で楽しめます。

■材料(1人分)

・ホウボウ……1尾(30cm/230g)
・しょうが……1片

〈煮汁〉
★こいくち醤油……大さじ2杯
★料理酒……100ml
・砂糖……大さじ1杯
・みりん……大さじ1杯
・水……100ml

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

ホウボウの下処理を丁寧におこなうことが、風味よく仕上げるポイントです。背骨まわりや頭の裏側にある血の塊まできれいに洗い流しましょう。
またフライパンのサイズによって煮上がる時間に差があります。火が通る前に煮詰まりそうな場合は、適宜水を足して調節してください。

■ホウボウの下処理(さばき方)

1. うろこを取る

まな板にホウボウを置き、包丁の刃でうろこをこすり落とします。うろこがとても小さいため、刃先を使って隅々まで丁寧に落としましょう。
胸びれの付け根付近、背びれや腹びれの先端はトゲがあるため、指に刺さらないよう気を付けておこなってください。

2. エラ膜を切り離す

エラを取るために、まずは胴体につながっているエラ膜を切り離します。エラを指で広げて開け、胸びれ側に包丁を垂直に刺し貫通させます。あご側に包丁を動かして、左右両側のエラ膜を切ります。

3. エラを切りとる

エラの端、上下2か所だけが胴体に繋がっている状態なので、まず下側を切り離します。

切り離しにくい場合は、切り込みを入れておくだけでもOKです。手で引き抜きやすくなります。

上側も包丁で切り離します。切り落とせない場合は、切込みを入れてから手でエラを引っ張って取り外します。

4. 内臓を取り出して腹の内側を洗う

内臓を取り出します。包丁で胸側から排泄口まで腹を割ります。深く刺すと内臓が破れて臭みが広がるため、浅めに切りましょう。

内臓を取り出し、すぐに内側を水洗いします。シンクで水を少量流しながらおこなうと、作業後の調理場や器具の掃除が楽です。

背骨のまわりにある血の塊を取り除きます。まず、包丁で背骨を軽くなぞって膜をはがします。

歯ブラシでこすり、流水で流します。

頭の裏側の入り組んだ部分も歯ブラシで掃除し、洗い流します。

5. キッチンペーパーで拭く

腹や頭の内側・外側の水分を、キッチンぺーパーで拭いて下処理の完了です。

■作り方

1. しょうがを切る

しょうがは皮ごと1~2mmの薄切りにします。

2. 煮汁を火にかけホウボウとしょうがを加える

煮汁の材料を合わせてからフライパンに入れ、中火にかけます。ふつふつと煮立ち始めたらしょうがとホウボウを加えます。

3. 煮汁を上からかける

煮汁をホウボウの上からかけます。頭から尾まで、4~5回繰り返しかけます。

4. 落し蓋をして7~8分煮る

落し蓋か、中心に穴を開け丸く切ったクッキングペーパーをのせて、中弱火で7~8分煮ます。途中、ホウボウの背びれまで火が通っていない状態で煮詰まっている場合は、水を追加してください。

5. 蓋を取って煮詰める

落し蓋を取ります。ホウボウに煮汁をかけながら、1~2分煮詰めます。

ホウボウの煮付けの完成です。

6. 盛り付ける

ホウボウを皿に移し、上から煮汁をかけます。お好みで三つ葉やゆでた絹さやなどを添えてお召し上がりください。

■使用した食材はこちら

こいくち醤油 1000ml

https://7premium.jp/product/search/detail?id=166
価格:税込170円

味・香り・色のバランスが良い本醸造のこいくち醤油です。煮物や炒め物などの調理用、料理にかける卓上用のどちらにもお使いいただけます。遺伝子組換え大豆は不使用です。

料理酒 1000ml

https://7premium.jp/product/search/detail?id=269
価格:税込203円

国産うるち米を使用。独自酵母で豊かな風味に仕上げた料理酒です。肉・魚の生臭さを抑え、食材本来のおいしさを引き立てます。煮物や照り焼きなど、毎日の料理に大活躍!

■ホウボウのおいしさを堪能しよう

ホウボウは白身の海水魚で、全国各地の沿岸で一年中獲れる魚です。頭の大きいユニークな形ですが、煮魚や刺身、から揚げなど、身近な調理法でおいしく食べられます。スーパーや鮮魚店で見かけた際は、ぜひ購入して献立に取り入れてみてください。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※表示価格は8%の消費税額を加えた税込価格となります。(酒類等の軽減税率対象外商品は10%の消費税を加算)
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類の販売はいたしません。
※はちみつは、1歳未満の乳児には与えないでください。
※2022年7月20日現在の情報です。

関連キーワード

おすすめ記事

簡単おいしい!「ウインナーソーセージと卵のふんわり炒め」のレシピ

2023.04.13

食感が楽しい「ウインナーと卵のふんわり炒め」のレシピ。朝食やおつまみに

■食感が楽しい「ウインナーと卵のふんわり炒め」のレシピ。朝食やおつまみに(調理時間:10分) ウインナーを具材に作る、簡単卵炒めのレシピです。シンプルなレシピですが、ウインナーの切り方を工夫するのがポイント。カリッとぷりぷりの食感に仕上がるほか、見た目が楽しくなります。また卵液に

キャベツの千切りを大量消費!やみつきキャベツのレシピ

2022.11.14

キャベツの千切りのごま油和えのレシピ。おつまみにもぴったり!

■キャベツの千切りのごま油和えのレシピ。おつまみにもぴったり!(調理時間:1分) 1分でパパッと作れる、やみつきキャベツのレシピをご紹介します。鶏ガラスープの素やごま油でたれを作り、キャベツの千切りを和えればできあがり。適度な塩気とにんにくの風味が食欲を刺激し、食べ出したら止まら

自家製がおいしい。オイルサーディンの作り方

2023.01.24

自家製がおいしい。オイルサーディンの作り方

■自家製がおいしい。オイルサーディンの作り方(調理時間:80分 ※いわしを食塩水に漬ける時間と冷ます時間は除きます) オイルサーディンとは、下処理したいわしを油やハーブと一緒に漬ける料理のこと。アンチョビと似ていますが、アンチョビは塩漬けにしたいわしを使うところに違いがあります。

寿司酢&酢飯の基本レシピ。1〜5合の合数別分量も

2022.02.23

寿司酢&酢飯の基本レシピ。1〜5合の合数別分量も

■混ぜるだけで簡単!寿司酢&酢飯の基本レシピ(調理時間:5分) 寿司酢の作り方はいたって簡単。材料を混ぜるだけなので、誰でも失敗知らずです。ごはんと合わせれば、あっという間に酢飯が完成。分量を覚えておくと、日々の調理で役立ちます。いつもは市販の寿司酢を使っている方も、ぜひこちらの

おすすめ特集