2020.01.24

秘密の隠し味♪ クリームシチューをよりおいしくする調味料、具材20選

カレーにはチョコをひとかけら入れたり、インスタントコーヒーを入れるとおいしくなる、というような隠し味があります。けれど、クリームシチューの隠し味って、あまり聞かないと思いませんか? ご家庭でつくる機会も多いメニューの一つであり、大人も子どもも大好きなメニューだから、もっとおいしくつくれる隠し味を知りたくありませんか? 今回はクリームシチューに入れるととってもおいしくなる秘密の隠し味をたくさんご紹介します。

■クリームシチューの隠し味・ハーブ編

13. 「ローリエ」

煮込み料理に欠かせないのがローリエ。日頃から、いろんな煮込み料理に使っている人も多いハーブの一つでしょう。ローリエを入れることで味がグッと本格的になるので、クリームシチューをつくるときにもおすすめ。少し甘めの香りがシチューに移り、風味良く仕上がります。具材を煮込んでいる時に折り曲げたりしてから入れて、ルウを入れる時に取り出しましょう。

14. 「オレガノ」

オレガノはさわやかな香りが特徴で、トマト料理と相性の良いハーブです。クリームシチューにひと振り入れるのもおすすめ。まろやかな味わいのクリームシチューにスッキリした香りがつき、少し大人な印象に大変身します。完成後にかけるのではなく、具材を煮込んでいる最中に入れてみてください。香りが強いハーブなので、ほんの少量に留めるのがポイントです。

15. 「ナツメグ」

お肉のくさみ消しといえばナツメグ、というくらいくさみ消しにうってつけです。加熱すると甘い香りが立ち、料理に上品な香りをつけてくれます。お肉をたっぷり入れたクリームシチューをつくるならば、くさみ消しになるだけでなく、全体にやさしい甘い香りもつくので一石二鳥。具材を煮込む時に入れて、しっかり香りを引き出すようにしましょう。

■クリームシチューの隠し味・お肉&魚編

16. 「ベーコン」


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3095
価格:本体168円(税込181円)

ベーコンは入れるだけでどんな料理もおいしくなることは皆さんご存じかと思います。シチューに入れてもやっぱりおいしくなり、ベーコンのほどよい塩気と脂のコクが効いた味わいになります。ブロックのものをダイス状に切って入れれば食べごたえもアップ。マイルドでやさしい味わいのシチューも良いけれど、もう少しワイルドな味わいがほしいという方におすすめです。

17. 「ウインナー」


https://7premium.jp/product/search/detail?id=993
価格:本体258円(税込278円)

ウインナーもシチューにお肉の旨味をプラスするのにピッタリな具材。ウインナーの中に閉じ込められたおいしさがシチューに溶け出し、まろやかさの中に確かな旨味を感じさせてくれます。シチュー全体をおいしくしたいなら適当な大きさにカットしたもの、ウインナーもしっかり味わいたいという人は丸ごと入れるのがおすすめ。ハーブ入りのものなど味付けがされているものも良く見かけますが、オーソドックスなプレーンタイプが良いでしょう。

18. 「ツナ」


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3121
価格:本体285円(税込307円)

洋食で使われる機会が多い具材、ツナ。汁ごと入れることでシチューに旨味とコクが足されます。小さいお子さまも好きな具材だと思うので、たとえばツナとコーンを一緒に入れたシチューをつくれば喜ばれること間違いなし。そこまで主張が強くないので、ほかの定番食材や隠し味との相性もバッチリです。

19. 「骨付きチキン」

とにかくガッツリ食べたい!という人には骨付きチキンがおすすめです。食べ応えがアップするだけでなく、あえて骨付きを使うことで骨からだしが出て、スープ自体もとってもおいしく変身します。じっくり煮込めばホロホロの食感も楽しめ、味もボリュームも大満足のひと品に。先に下茹でをしておくと、くさみもなくやわらかく仕上がります。

20. 「サケ」

サケのクリーム煮といったレシピがあるくらい、サケとクリームの相性はばつぐん。サケの適度な脂と塩気がまろやかなクリームの味を引き締めてくれて、最後まで飽きることなく食べられるシチューができあがります。サケの色味もアクセントになり、彩りもアップ。長時間煮込むと身が固くなって崩れてしまうので、最後の方に入れるのが良いでしょう。

■隠し味を駆使してもっとおいしいシチューをご家庭でも♪

食べるとほっこりするようなやさしい味わいのクリームシチュー。寒い冬はとくに食べたくなり、ご家庭でも頻繁につくるメニューの一つでしょう。けれど、よくつくるだけにマンネリになりやすいのが難点です。もっとおいしくなる隠し味の存在を知っていれば、そんな悩みとも無縁になれます。
カレーの隠し味はいろいろと有名なものがありますが、対してシチューはあまり耳にしないと思います。グッとおいしくなる野菜やお肉などの具材から、調味料やハーブなどなど。えっ?と思うものもあるかもしれませんが、確実においしくなる隠し味なので、ぜひシチューをつくるときにお試しあれ。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2019年10月17日現在の情報です。

TOPへ戻る