2020.01.17

完璧な焼き具合をマスター! お店みたいな「目玉焼き」のつくり方・レシピ

半熟の黄身が鮮やかに輝く、完璧な焼き具合の目玉焼きの基本レシピをご紹介します。ちょっとしたひと手間やコツを覚えれば、いつもの目玉焼きがお店のような仕上がりに変身!ぜひ気軽にチャレンジしてください。

■コツをつかめば簡単! 目玉焼きの基本レシピ


黄身はとろとろ白身はぷりぷり、完璧な焼き具合の半熟目玉焼きレシピです。ポイントは、「白身の水切り・弱火・蓋なし」の3つ。丸い白身の真ん中に黄金色の黄身が輝く、見た目もばっちりの目玉焼きを目指しましょう!

材料(2人分
★こだわり新鮮たまご……2個
★キャノーラ油……小さじ1杯
・塩・胡椒……少々

★=セブンプレミアムです。
※小さめのボウルとザルを用意します。

つくり方
1.卵とザルの準備

コンロのそばに卵・小さめのザルとボウルを準備しておきます。

2.フライパンを火にかけ、卵白の水気を落とす

フライパンを中火にかけ、キャノーラ油を入れて薄くのばします。ザルをセットしたボウルに卵1個を割り入れ、卵白の余分な水気を落とします。

3.弱火にして卵をフライパンに移す

フライパンが温まったら弱火に落とし、ザルの卵を低い位置からそっとフライパンに移します。

4.黄身の位置を整え、蓋をせずに焼く

黄身が端に寄っていれば、10秒ほどフライパンを傾けて黄身を動かし、中央に固定します。

もうひとつの卵も水気を切ってフライパンに入れ、黄身の位置を整えます。そのまま蓋をせず弱火で3~4分じっくりと火を通します。

5.白身が完全に固まれば完成

白身が完全に固まれば完成です。器に盛りつけ、お好みで塩・胡椒を振っていただきましょう。

つくる時のコツ

卵白の余分な水気をザルや網で落とし、低い位置からフライパンに流し入れることで、白身の形が整った目玉焼きに焼き上がります。蓋をせずに弱火で焼くと、黄身の膜が白くならず鮮やかな黄色の半熟卵になります。黄身の固さは焼き時間で調節し、中まで火を入れたい場合は蓋をしてください。

■使用した食材はこちら


こだわり新鮮たまご 10個入


https://7premium.jp/product/search/detail?id=4246
価格:本体221円(税込238円)

飼料にハーブとマリーゴールドをブレンドした、色鮮やかでコクのある黄身が特徴の卵です。出荷から店頭までチルドで運ぶことで新鮮さをキープしました。生産履歴を管理し、安全で安心です。

キャノーラ油 1000g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=164
価格:本体258円(税込278円)

軽い風味が特徴のキャノーラ油です。揚げ・炒め・焼きものとさまざまな料理にお使いいただけ、お料理があっさりと仕上がります。

■目玉焼きは「蓋なし&弱火」で失敗知らず♪


「目玉焼きの焼き具合って、けっこう難しい……。」そう感じておられた方も、今回のレシピなら、白身が焦げたり黄身が硬くなることなく、簡単できれいにつくれます。お料理初心者さんにもおすすめです。

セブンプレミアムの「こだわり新鮮たまご」は、色鮮やかでコクのある卵黄、安心・安全の生産管理で、黄身がとろける半熟目玉焼きに最適です。ぜひ、朝食の目玉焼きにお役立てください!

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2019年10月31日現在の情報です。

TOPへ戻る