やみつき間違いなし! ひんやりオクラの和え物レシピ

2020年03月13日 更新

やみつき間違いなし! ひんやりオクラの和え物レシピ

■オクラのカツオ節和えの基本レシピ

小口切りに刻んだオクラに醤油とカツオ節を和えるだけの簡単レシピです。冷蔵庫でしっかりと冷やしてからいただけば、おつまみにもぴったり。とってもさっぱりとしたひと皿です。

材料(2人分)

・オクラ……1袋(5本~6本)
・顆粒カツオだし……小さじ1/4杯
・醤油……小さじ1/2杯弱
★かつおパック……1.8g

★=セブンプレミアムです。

つくり方

1.オクラをまな板にのせ、塩(分量外)をかけて板ずり、もしくは手でもんで、うぶ毛を取ります。

2.水で洗い流し、ヘタを落として小口切りにします。

3.ボウルにオクラを移し、カツオだしと醤油をかけて和えます。

4.カツオ節を加え、さっと混ぜれば完成です。

5.冷蔵庫で30分ほど冷やし、器に盛ってお召し上がりください。

つくる時のコツ

・オクラは茹でずに、塩もみをして水で流し、そのまま使います。
・顆粒のカツオだしをしっかりと溶かすよう醤油と一緒に和えてください。
・トッピング用としてさらにカツオ節をのせるのも、おすすめです。

■使用した食材はこちら

・かつおパック 1.8g×5袋


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3899
価格:本体93円(税込100円)

枕崎産鰹枯節を使用した風味の良いカツオ節です。使い切りに便利な個装パックにしました。

■今すぐ食べたい時はこちらがおすすめ

・きざみオクラ 150g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=6831
価格:本体108円(税込116円)

冷凍タイプのきざみオクラです。塩もみや包丁も不要で、自然解凍後そのまま使っていただけます。和えるだけと、とっても簡単につくれますよ。

■「きざみオクラ」を使えば時短も叶う!

オクラのカツオ節和えはとっても簡単につくれそうでしたよね。生のオクラを使うほかに、セブンプレミアムの「きざみオクラ」を使えば、時短にもつながり、冷やす時間も削減できてしまいますよ。あとひと品ほしいという時にも、パッとつくりたいおつまみとしても、ぜひ挑戦してみてくださいね。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年1月24日現在の情報です。

関連キーワード

おすすめ記事

市松模様がかわいい!アイスボックスクッキーのレシピ

2022.11.22

アイスボックスクッキーの基本レシピ。紅茶や抹茶入りのアレンジも!

■アイスボックスクッキーの基本レシピ。紅茶や抹茶入りのアレンジも!(35〜40分 ※生地を冷やす時間は除きます) 生地を冷やしてから焼く、アイスボックスクッキーの基本レシピをご紹介します。めん棒や型抜きを使わないため、お菓子作り初心者でも挑戦しやすいひと品です。サクッと軽い食感で、子

レンジで簡単!冷凍なすでつくる「なすの煮浸し」のレシピ

2023.01.20

レンジで簡単!冷凍なすで作る「なすの煮びたし」のレシピ

■レンジで簡単!冷凍なすで作る「なすの煮びたし」のレシピ(調理時間:4分) とろっとやわらかな食感が楽しめる「なすの煮びたし」のレシピです。冷凍なすを使うため、アク抜き不要でとっても簡単!また冷凍なすは味が染み込みやすかったり、短時間で火が通ったりとさまざまなメリットがあります。

寿司酢&酢飯の基本レシピ。1〜5合の合数別分量も

2022.02.23

寿司酢&酢飯の基本レシピ。1〜5合の合数別分量も

■混ぜるだけで簡単!寿司酢&酢飯の基本レシピ(調理時間:5分) 寿司酢の作り方はいたって簡単。材料を混ぜるだけなので、誰でも失敗知らずです。ごはんと合わせれば、あっという間に酢飯が完成。分量を覚えておくと、日々の調理で役立ちます。いつもは市販の寿司酢を使っている方も、ぜひこちらの

クッキーのおしゃれなラッピング方法3選。100円ショップの材料で簡単!

2022.11.22

クッキーのおしゃれなラッピング方法3選。100円ショップの材料で簡単!

■おうちにあるもので簡単!クッキーのラッピング方法   プレゼント用にクッキーを作った時は、ラッピングにもこだわりたいもの。おうちにあるものや100円ショップで購入できるもので、簡単おしゃれに仕上げてみてはいかがでしょうか。 この記事では、元パティシエで年間100日以上お菓子作りを

おすすめ特集