2020.03.13

デコレーションのコツも♪ 子どもも喜ぶ「寿司ケーキ」のつくり方・レシピ

七夕やクリスマス、ハロウィーンなど、みんなが集まる時にはデコレーション寿司ケーキでおもてなししてみてはいかがでしょうか。きっとテーブルが華やかになるはず! ハムやチーズなど、子どもたちでも食べられる具材をチョイスすれば、みんなで楽しむことができます。

■寿司ケーキのつくり方

錦糸卵をベースにして、星形にくり抜いたハムとチーズを飾った寿司ケーキです。イクラをトッピングすればキラキラ感アップ! 盛りつけをみんなでするのもおすすめです。

材料(15cmケーキ型1台分)

・ごはん……2合分(約700g)
★すし酢……2合分
・卵……3個
・酒……小さじ2杯
・砂糖……大さじ1杯
・塩……少々
★スライスチーズ……2枚
★ロースハム……3枚
・かにかま……3本
・イクラ……20g
・絹さや……3本
・胡麻油……適量

★=セブンプレミアムです。

つくり方

1.酢飯をつくる

炊き立てのごはんにすし酢をかけ、切るように混ぜましょう。ラップや濡れブキンをかけて冷ましておきます。

2.錦糸卵をつくる

ボウルに卵を割り入れ、酒、砂糖、塩をよく混ぜ合わせます。

熱したフライパンに油を引き、卵液を流し込んで薄く広げます。

フタをして火を止め、余熱で表面に火を通してからまな板に下ろします。これを2~3回、卵液がなくなるまで繰り返します。

卵焼きを重ね、5cmほどの長さに切ってから細切りにしていきます。

3.具材を切る

ハムとチーズを星形のクッキー型でくり抜きます。

かにかまは1cmほどの長さに切ります。

絹さやは筋を取り、塩を加えた熱湯に30秒ほどくぐらせます。斜めの細切りにしておきましょう。

4.盛り付ける

ケーキ型に胡麻油を薄く塗ります。酢飯の半量を敷き詰めて、錦糸卵の半量を広げましょう。

残りの酢飯をのせ、お皿を被せてひっくり返し、型を抜きます。

残りの錦糸卵を広げ、星形のハムとチーズを重ねるように全体に飾ります。かにかまとイクラをトッピングし、絹さやを全体に散らせば完成です。

つくる時のコツ

錦糸卵は焦げ目がつかないように気をつけましょう。焦げがある場合には切り取っておくのもおすすめです。盛り付けのコツは、どこを食べてもすべての具材が楽しめるようにすること!
ハムとチーズは大きさの異なる星形を使ったり、少し重なるように盛り付けると立体感が生まれます。

■使用した食材はこちら

すし酢 360ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=368
価格:本体188円(税込203円)

米酢に昆布とカツオ節のだしを合わせた、甘みと旨みのバランスがいいすし酢です。

ロースハム 56g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=2959
価格:本体98円(税込105円)

アメリカンポークを使ったロースハムです。シンプルな味付けで幅広い料理にご使用いいただけます。

スライスチーズ 7枚入り


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3897
価格:本体168円(税込181円)

チェダーチーズとゴーダチーズを使った、なめらかな口どけのスライスチーズです。加熱せずそのまま召し上がっていただけます。

■寿司ケーキでおもてなし

とっても華やかな見た目なのに、意外と簡単につくることができる寿司ケーキ。パーティーやおもてなしのお料理にいかがでしょうか。子どもたちが喜びそうな具材を選びましたので、誕生日会や七夕、型抜きを変えるなどして、いろいろなシーンでお楽しみください。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年1月24日現在の情報です。

TOPへ戻る