2020.03.13

定番にしたい♪ ふわとろ卵の親子丼レシピ

ランチにぴったりな親子丼のレシピをご紹介。小さなお子さんとの取り分けにも活躍するお料理ですよね。今回は、卵を半熟で仕上げるふわふわとろとろな親子丼です。パパっとつくれるので、遅くなってしまった時の夜食にもおすすめです。

■親子丼の基本レシピ

だしの素を使ってつくる簡単な親子丼のレシピです。鶏肉の旨み、卵のコク、タマネギの甘みがぎゅっと詰まったひと品。

材料(1人分)

・鶏もも肉……50g
・タマネギ……1/4個
・醤油……大さじ1杯弱
・みりん……大さじ1杯
・だしの素……小さじ1/4杯
・砂糖……小さじ1杯
・水……80cc
★こだわり赤たまご……1個
・ごはん……200g
・三つ葉もしくは絹さや……適量

★=セブンプレミアムです。

つくり方

1.鶏もも肉を1~2cmほどの角切りにし、分量外の酒と少量の塩をふっておきます。

2.タマネギを薄切りにし、調味料は合わせておきます。

3.親子鍋に水と合わせておいた調味料を入れて火にかけます。

4.煮立ったら鶏肉とタマネギを加え、タマネギがやわらかくなるまで煮ましょう。

5.溶き卵を回しかけ、半熟状態になったら火を止めます。

6.丼によそったごはんに盛り付ければ完成です。三つ葉や絹さやで彩りをプラスします。

つくる時のコツ

親子鍋がなければ、小さなフライパンでもつくることができます。薄口醤油を使えば、よりきれいな色合いに仕上がります。薄口醤油は塩分が高いので、量を控えめにしましょう。

■使用した食材はこちら

こだわり赤たまご 6個


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3894
価格:本体238円(税込257円)

ビタミンEを豊富に含んだ赤たまごです。卵黄の鮮やかな色合いとコクが特徴の卵です。

■親子丼の基本レシピに挑戦

卵とタマネギを冷蔵庫にストックしてあるという方は多いはず。鶏肉さえ用意すればパパっとつくれてしまう簡単なひと品ですよ。鶏肉も少しだけでいいので、成形して残った部分や、鶏肉料理の時に少し取っておくのもおすすめです。おだしの旨味を効かせたり、醤油を強くしたり、甘めに仕上げたりとお好みのアレンジでもお楽しみください。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年1月24日現在の情報です。

TOPへ戻る