電子レンジでおいしさ本格!セブンプレミアム冷凍「たこ焼き」特集

2020年11月20日 更新

電子レンジでおいしさ本格!セブンプレミアム冷凍「たこ焼き」特集

■セブンプレミアムの冷凍「たこ焼き」6個入


https://7premium.jp/product/search/detail?id=2814
価格:本体218円(税込235円)

外はカリッと中はとろりとした食感のたこ焼きです。一つずつ鉄板で焼いて仕上げました。電子レンジで加熱するだけであつあつを食べていただける冷凍タイプ。おやつにもぴったりな6個入りです。ソースとかつお節もセットにしました。

■電子レンジで簡単!たこ焼きの調理方法

1.外袋を開け、中の紙トレーごとたこ焼きを取りだします。

2.別添のソースとかつお節を取り除き、紙トレーにのせたまま、ラップをかけずに電子レンジで加熱します。
※加熱時間の目安は500Wで4分40秒、600Wで3分30秒。

3.ソースは小袋のまま流水またはお湯で解凍しましょう。

4.電子レンジで加熱後のたこ焼きに、ソースとかつお節をかければ完成です。

■ほかにもある♪ セブンプレミアムのたこ焼きシリーズ

たこ焼 18個入(360g)


https://7premium.jp/product/search/detail?id=5167
価格:本体278円(税込300円)

おやつとしてではなく、食事としていただきたいという方にはたっぷり入った18個入りがおすすめです。かつお節やソース、青のりは別途ご用意ください。チャック付きの袋で、保存にも便利です。

たこ焼粉 200g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=5316
価格:本体93円(税込100円)

セブンプレミアムではたこ焼き粉もご用意しています。やっぱり手づくりで楽しみたい!という時や、たこ焼きパーティーでも大活躍。おだしの旨味がぎゅっと詰まったたこ焼き粉なので、水と卵を加えるだけでおいしいたこ焼きの生地ができあがります。

■おやつにも、たこパにも

あつあつのたこ焼きはおやつにも、献立のひと品にも、パーティーにも大活躍。意外と用意する材料が多いお料理なので、冷凍タイプのものをストックしておけば、食べたくなった時にも手軽にいただくことができますよ。セブンプレミアムのカリふわとろりのたこ焼きを、ぜひお試しください。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年6月20日現在の情報です。

関連キーワード

おすすめ記事

自家製がおいしい。オイルサーディンの作り方

2023.01.24

自家製がおいしい。オイルサーディンの作り方

■自家製がおいしい。オイルサーディンの作り方(調理時間:80分 ※いわしを食塩水に漬ける時間と冷ます時間は除きます) オイルサーディンとは、下処理したいわしを油やハーブと一緒に漬ける料理のこと。アンチョビと似ていますが、アンチョビは塩漬けにしたいわしを使うところに違いがあります。

辛旨×おいしいを組み合わせ!「蒙古タンメン」のアレンジレシピ

2021.01.21

辛旨×おいしいを組み合わせ!「蒙古タンメン」のアレンジレシピ

■セブンプレミアムの人気商品「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」のアレンジレシピ6選 蒙古タンメン中本の人気メニューを再現した、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」は、痺れる辛さの裏にある旨みが特徴です。そのまま食べるのもおすすめですが、アレンジを加えることで新しいおいしさを発

冷凍あさりでかんたん。「ボンゴレビアンコ」のレシピ

2021.07.12

冷凍あさりでかんたん。「ボンゴレビアンコ」のレシピ

■冷凍あさりでもしっかりおいしい!ボンゴレビアンコ(調理時間:10分) むき身の冷凍あさりでつくる「ボンゴレビアンコ」のレシピです。冷凍あさりは凍ったまま使えるうえ、殻がなくて食べやすいのが魅力。忙しい時でも気軽につくっていただけます。 ■材料(1人分) ・冷凍あさり(むき身)…&h

フライパンで簡単ジューシー!焼きはまぐりのレシピ

2023.01.24

フライパンで絶品「焼きはまぐり」のレシピ。焼き方のコツも解説

■フライパンで絶品「焼きはまぐり」のレシピ。焼き方のコツも解説(調理時間:10分 ※はまぐりを砂抜きする時間は含みません) フライパンにはまぐりを並べて、強火で蒸し焼きにするだけの簡単レシピです。少量のしょうゆでシンプルに味付けし、磯の風味を存分に活かすのがおいしさの決め手。プリ

おすすめ特集