2021.09.10

ヨーグルトの冷凍保存法&簡単デザートレシピ

朝食やデザートにぴったりなヨーグルトは、家庭に常備しておきたい食材のひとつ。そんなヨーグルトは冷凍保存ができることをご存じでしょうか? ここでは、ヨーグルトの冷凍方法とコツ、解凍方法をご紹介します。凍らせたヨーグルトを使う、フローズンヨーグルトレシピもぜひご参考に!

■ヨーグルトの冷凍保存と解凍方法&フローズンヨーグルトの作り方

無糖のプレーンヨーグルトを、密閉容器2個に分けて冷凍保存します。ひとつは解凍して朝食に、もう一方はおやつにぴったりなフローズンヨーグルトを作りましょう。

■材料(200ml容器2個分)

★プレーンヨーグルト(無糖)……400g
・はちみつ……15g
・砂糖……20g
★アップルマンゴー(冷凍)……110g

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

プレーンヨーグルトを冷凍するには、砂糖やはちみつなど糖分を混ぜておくことがポイント。解凍時に水分と分離することなく、なめらかなヨーグルトに戻ります。砂糖の量はヨーグルトの10%が目安。はちみつを使う場合は、砂糖の約1.3倍甘みがあるため、少し量を減らします。

また、開封してすぐのヨーグルト、冷凍庫対応の清潔な密閉容器を使用してください。

■作り方

ヨーグルトの冷凍保存方法

ヨーグルトを容器に200gずつ入れ、片方にはちみつ、もう一方に砂糖を入れ、それぞれ清潔なスプーンで混ぜます。

ふたをして冷凍庫で保存しましょう。

冷凍したヨーグルトです。冷凍庫保存で1か月ほど日持ちします。

ヨーグルトの解凍方法

容器に入れたまま、冷蔵庫に1日置いて自然解凍します。とろりとなめらかな状態に戻ります。

フローズンマンゴーヨーグルトの作り方

凍らせたヨーグルトをしばらく室内におき、容器から外して適当な大きさに切ります。冷凍マンゴーと合わせて、フードプロセッサーに入れます。

お好みの食感になるまで攪拌します。

甘さ控えめ、さっぱりとしたフローズンヨーグルトのできあがりです。

■使用した食材はこちら

プレーンヨーグルト 400g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=7199
価格:税込145円

「プロバイオティクス乳酸菌LA-2」使用。原材料の生乳・乳製品は北海道産のみを使い、ミルクのコクと爽やかな酸味を感じられる味に仕上げました。やさしくまろやかな風味で、フルーツやシリアルとの相性が抜群です。

アップルマンゴー 110g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=7562
価格:税込203円

香り・甘味・酸味のバランスの良い、タイ産のアップルマンゴーを、新鮮なまま急速冷凍しました。マンゴーをお好みに解凍して食べても美味しく、マンゴープリンやマンゴーシャーベットの材料としてもおすすめです。

■冷凍保存でヨーグルトをおいしく食べ切ろう

自然な味わいが魅力の無糖プレーンヨーグルト。「大容量だとつい食べ残したまま冷蔵庫に残りがち……」。そんな方は、ご紹介した冷凍保存法を活用してみてください。いつでもフレッシュなおいしさをお楽しみいただけます。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※表示価格は8%の消費税額を加えた税込価格となります。(酒類等の軽減税率対象外商品は10%の消費税を加算)
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類の販売はいたしません。
※はちみつは、1歳未満の乳児には与えないでください。
※2021年9月10日現在の情報です。

TOPへ戻る