2021.10.05

ふんわり「抹茶クリーム」のレシピ。失敗しないコツも解説!

濃厚な抹茶の味が楽しめる、抹茶クリームのレシピをご紹介します。抹茶クリームはダマになったり、分離したりと意外と失敗しやすいクリームです。抹茶の混ぜ方や泡立てのコツをつかんで、おいしい抹茶クリームを作りましょう。

■ふんわり濃厚。抹茶クリーム(調理時間:10分)

いろいろなお菓子に使える、抹茶クリームのレシピです。濃厚な抹茶の風味と、ふんわりとした口溶けがたまりません。抹茶が少なすぎると味がぼやけてしまうので、生クリームに対して2~3%の量を入れると、濃厚なクリームに仕上がります。

■材料(2~3人分)

北海道純生クリーム……200ml
・抹茶……6g
・グラニュー糖……25g

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

抹茶は非常にダマになりやすい食材です。事前に少量の生クリームと合わせてしっかり溶いてから泡立てることで、ダマになるのを防ぐことができます。
また、抹茶は光に当たると風味が落ち、時間とともに色が退色します。泡立ててからしばらくおいておくと分離の原因にもなるので、使う直前に作るようにしましょう。

■作り方

1. 抹茶とグラニュー糖を合わせる

ボウルに抹茶とグラニュー糖を入れ、泡だて器でよく混ぜます。この作業をすることでダマの防止となるので、しっかりと混ぜ合わせておきます。

2. 生クリームを加えてペースト状にする

生クリームの一部(50mlほど)を加え、ペースト状になるまで良く混ぜます。粉っぽさが完全になくなるまで混ぜ溶かすことで、ダマができなくなります。

3. 生クリームを加えて混ぜる

残りの生クリームをすべて加え、全体が均一になるように混ぜます。

4. クリームを泡立てる

氷水にあてて、ハンドミキサーでゆるめに泡立てます。分離しやすいので、必ず氷水を用意します。

5. 泡だて器で仕上げる

六分立てくらいになったら泡だて器に持ちかえて、好みの固さに泡立てます。
ハンドミキサーで最後まで泡立てると分離しやすいので、ゆるめに泡立ててから泡だて器で固さを調整すると失敗がなくなります。

■抹茶クリームのおすすめアレンジ

クレープ生地と抹茶クリームを交互に挟んで重ねていけば、自家製の抹茶ミルクレープが完成します。簡単に作りたいは、市販のクレープ生地を使ってもOK。クレープの生地から手作りする場合は、生地にも抹茶を入れると本格的な味わいに仕上がります。

■使用した食材はこちら

北海道純生クリーム 200ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=734
価格:税込332円

北海道産の生乳のみで作った純生クリームです。料理にもお菓子作りにも使いやすい、乳脂肪分36%のライトタイプ。ホイップするとやわらかく、かるい食感に仕上がります。

■コツをつかんで濃厚な抹茶クリームを作ろう

ダマになったり分離したりと、むずかしそうなイメージのある抹茶クリーム。泡立てのポイントを押さえれば、簡単に作ることができます。濃厚な抹茶のふんわりクリームを、ぜひ味わってみてください。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※表示価格は8%の消費税額を加えた税込価格となります。(酒類等の軽減税率対象外商品は10%の消費税を加算)
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類の販売はいたしません。
※はちみつは、1歳未満の乳児には与えないでください。
※2021年10月5日現在の情報です。

TOPへ戻る