冷めてもおいしい!昔ながらの「甘い卵焼き」のレシピ

2023年02月22日 更新

お寿司屋さんの味!しっとりジューシーな甘い卵焼きのレシピ

■冷めてもおいしい!昔ながらの「甘い卵焼き」のレシピ(調理時間:15分 ※卵焼きの粗熱を取る時間は含みません)

簡単なようで意外とむずかしい甘い卵焼き。ふっくらやわらかく仕上げる秘訣は、卵液にマヨネーズを加えることです。

砂糖だけでなくみりんを使うことや、だしの素を少量入れるのもおいしさの秘訣。昔ながらのほっこりとやさしい甘さに仕上がり、まろやかなコクやほのかな塩気も楽しめます。副菜やお弁当、おつまみはもちろん、手巻き寿司の具材にもおすすめです。

■食材

 

【2〜3人分】

まいにち新鮮たまご……4個

・砂糖……大さじ1杯

・みりん……大さじ1杯

だしの素……小さじ1杯

・水……大さじ2杯

マヨネーズ……大さじ1杯

・サラダ油……適量

                                                                                                                                                                                                                 

★=セブンプレミアムです。

■作り方

1. ボウルに卵を割りほぐし、砂糖・みりん・だしの素を入れてよく混ぜます。こし器かザルで3回こします。

 

2. マヨネーズと水を混ぜ合わせ、1のボウルに加えます。菜箸でよくかき混ぜます。マヨネーズの塊が多少残っていても、加熱すると溶けるので問題ありません。

 

3. 卵焼き器にサラダ油を入れて中火で熱します。キッチンペーパーで卵焼き器の底面と側面に油をなじませます。卵焼き器が温まったら、卵液の1/3量を流し込んで全体に広げます。

 

4. 火を少し弱め、菜箸で気泡をつぶしながら焼いていきます。表面が固まってきたら、卵焼きを奥から手前に3つ折りにします。

 

5. 卵焼き器の空いた奥側にキッチンペーパーで油を薄くなじませ、卵焼きを奥に滑らせます。手前側にも油をなじませ、残りの卵液の1/2量を流し込みます。菜箸で卵焼きを持ち上げ、卵焼きの下にも卵液を行き渡らせます。

 

6. 先ほどと同様に卵を巻き、残りの卵液でもう一度同じ作業を繰り返します。

 

7. 卵焼きをキッチンペーパーや巻きすで包み、手でそっと押さえて形を整えます。すぐに切ると形が崩れやすいため、そのまま粗熱が取れるまで置いておきます。

 

8. 食べやすく切り分ければ完成です。

 

■ポイント・コツ

卵液を3回こすことでなめらかな口当たりに仕上がります。焦げやすいため、弱めの火加減でじっくりと焼いてください。

■マヨネーズを使用する理由

卵液にマヨネーズを加えると、乳化された植物油が加熱によるたんぱく質の結合をやわらげ、卵焼きがふっくらと仕上がります。この作用は冷めても持続するので、ふわふわ感が長持ちするのも利点です。

■マヨネーズのちょい足しで誰でも失敗知らず!

「卵焼きが上手に作れない……」とお悩みの方は、卵液にマヨネーズをちょい足ししてみてください。ひと手間ですが、仕上がりのふっくら感に差が出ます。なおこの裏技はほかの卵料理にも大活躍。オムレツや炒め物など、さまざまなメニューに活用してみてください。

                                                                                                                                                                                                                 

写真・文/pomipomi

ライター/料理愛好家

簡単レシピからちょっと手の込んだメニューまで、“おいしい&美しい”をテーマにさまざまな料理を研究しています。大切な人の「おかわり!」が私の元気の源です。

https://kitchenbonita.net/

                                                                                                                                                                                                                 

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。

※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。

※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。

※表示価格は8%の消費税額を加えた税込価格となります。(酒類等の軽減税率対象外商品は10%の消費税を加算)

※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。

※20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類の販売はいたしません。

※はちみつは、1歳未満の乳児には与えないでください。

※2023年2月22日現在の情報です。

関連キーワード

おすすめ記事

うどんのおすすめ具材30選!定番から変わり種まで勢ぞろい

2022.02.24

うどんのおすすめ具材30選!定番から変わり種まで勢ぞろい

■トッピングにおすすめのうどん具材8選 1.ごま https://7premium.jp/product/search/detail?id=7655価格:税込246円 身近な食材でなにかをトッピングするなら、ごまがおすすめです。素うどんはもちろん、サラダうどんや担々麺風のうどんとも相性ばっちり。プチプチとした食感がアクセントになり、箸

ひと手間でおいしさアップ!なめらか卵サラダのレシピ

2022.11.24

極上のなめらかさ!究極の卵サラダのレシピ

■極上のなめらかさ!究極の卵サラダのレシピ (調理時間:20分) なめらかで口当たりのよい、絶品卵サラダのレシピをご紹介します。ゆで卵を作ったら、黄身は裏ごしし、白身はみじん切りにするのがポイント。そのまま食べておいしいのはもちろん、サンドイッチにしても極上の味わいに仕上がります。ワン

5分で完成!キウイジュースの作り方&おすすめアレンジ3種

2021.12.08

5分で完成!キウイジュースの作り方&おすすめアレンジ3種

■すっきり爽やか。基本のキウイジュース(調理時間:5分) きりっとした酸味と爽快な味わいが楽しめる、キウイジュースのレシピです。材料は、キウイフルーツ、レモン果汁、はちみつ、水の4つだけ。すっきりリフレッシュしたい時にぴったりな一杯です。 材料(1杯分) ・キウイフルーツ…&hell

フライパンで簡単ジューシー!焼きはまぐりのレシピ

2023.01.24

フライパンで絶品「焼きはまぐり」のレシピ。焼き方のコツも解説

■フライパンで絶品「焼きはまぐり」のレシピ。焼き方のコツも解説(調理時間:10分 ※はまぐりを砂抜きする時間は含みません) フライパンにはまぐりを並べて、強火で蒸し焼きにするだけの簡単レシピです。少量のしょうゆでシンプルに味付けし、磯の風味を存分に活かすのがおいしさの決め手。プリ

おすすめ特集