2022.07.26

捨てずに有効活用!アヒージョの残りオイルで絶品パスタのレシピ

アヒージョを食べ終わったあとのオイル、みなさんどうしていますか?もし捨ててしまっているならもったいない!にんにくや魚介の旨みがたっぷりしみ込んでいるのに、それを味わわないのは損していますよ。この記事では、アヒージョの残りオイルで作る絶品パスタのレシピをご紹介します♪

■「フードロスを減らしたい!」から生まれた絶品アヒージョパスタを紹介

みなさんこんにちは。“料理は楽しく!”がモットーのpomipomiです。
本来食べられるのに捨てられてしまう食品「フードロス」を、なるべく減らしたいと考える筆者。にんじんの皮や大根の葉を余すところなくいただくのはもちろん、「アヒージョで残ったオイルだって無駄にしたくない!」そんな思いから誕生したのがこちらのレシピです。
素材の旨みがギュッと詰まっているので、味付けは塩をパラリと振るだけでOK。ぜひ気軽にお試しくださいね〜♪

■チャチャッと簡単!アヒージョの残りオイルで絶品パスタ(調理時間:15分 ※お湯を沸かす時間は含みません)

アヒージョを食べ終わったあとの残りオイルには、にんにくの風味や魚介の旨みがたっぷり!「実は具材よりもオイルが主役なのでは?」と思うほど、その味わいは極上なんです。
そんな絶品オイルを捨ててしまったら、もったいなさすぎてご先祖様に叱られちゃう……なんてことを思い、おいしく有効活用できるパスタのレシピを考えました。チャチャッと簡単に作れるので、アヒージョをおつまみで楽しんだあとのシメにもおすすめです。具材は冷蔵庫の余り物でいくらでもアレンジ自在ですよ♪

■材料(1人分)

・スパゲッティ(太さはお好みでOK)……100g
★ベーコン……ハーフサイズ4枚(約40g)
・しめじ……1/2株(約100g)
・玉ねぎ……1/4個(約50g)
・アヒージョで残ったオイル……大さじ3杯
★お塩……適量
★あらびきこしょう……少々
・ドライパセリ……適量

★=セブンプレミアムです。

■作り方

1. 材料を切る

ベーコンを1cm幅に切ります。


しめじの石づきを切り落とします。


手で小房に分けます。


玉ねぎを1〜2mm幅の薄切りにします。

2. 具材を炒める

フライパンにアヒージョの残りオイルを入れ、中火で熱します。

オイルが温まったら、ベーコン・しめじ・玉ねぎを入れます。

玉ねぎが透き通り、しめじに8割方火が通るまで炒めます。火を消し、スパゲッティがゆで上がるまで置いておきます。

3. スパゲッティをゆでる

鍋に湯をたっぷりと沸かし、塩(分量外)を入れます。塩の量は湯1000mlに対し10gが目安です。塩を入れることでスパゲッティに下味がつき、仕上がりの味が締まります。

スパゲッティを放射状にばらけさせながら入れます。こうすることで、ゆでている間に麺同士がくっつきにくくなります。

スパゲッティがしなってきたら、菜箸やトングですばやく湯の中に沈めます。

湯が軽く沸騰する状態を保つように火加減を調節しながら、袋の表記より1分短くスパゲッティをゆでます。麺同士がくっつかないよう、時々かき混ぜながらゆでてください。ゆで時間を短くする理由は、のちほどソースと合わせるに麺を再加熱するからです。

スパゲッティがゆで上がったら、ゆで汁を大さじ3杯分取り分けておきます。

麺をザルに上げ、水気をしっかりと切ります。

4. ソースを乳化させる

フライパンを傾けて具材を奥に寄せ、オイルを手前に集めます。

やや弱めの中火にかけ、オイルが温まったらスパゲッティのゆで汁大さじ3杯を少しずつ加えます。

ゆで汁を少しずつ加えながら、ヘラで30秒ほどシャカシャカと泡立てるようにかき混ぜます。次にスピードを落とし、ゆっくりとかき混ぜます。

ソースが白く濁り、とろっとしてきたら手を止めます。乳化させることで、ソースが麺と絡みやすくなるほか、仕上がりの油っぽさがなくなり、口当たりがまろやかになります。

ソースと具材をサッと混ぜ合わせます。

5. スパゲッティにソースを絡める

フライパンにスパゲッティを加え、ソースと混ぜ合わせます。

塩で味を調え、粗挽きこしょうを振ります。

ムラのないように混ぜ合わせます。

皿に盛り、ドライパセリを散らせば完成です。

■コツ・ポイント

味付けは塩のみでシンプルに!

アヒージョオイルのおいしさを存分に活かすため、味付けは塩のみでシンプルに仕上げましょう。アヒージョにもともと塩味がついているため、加える量はわずかで大丈夫ですよ。一度にたくさん入れすぎるとあとから調節が効かなくなるので、味を見ながら少しずつ入れてくださいね!ちなみに筆者は薄味が好きなので、塩は「パラッ」ぐらいしか加えません。

「乳化」でワンランク上の味わいに

麺にソースを絡みやすくするには、「乳化」が大事な工程です。ソースを上手に乳化させるには、スパゲッティのゆで汁をオイルと同量にするのがポイント!また乳化にはゆで汁に含まれるデンプンが欠かせないので、ゆで始めのお湯ではなく、ゆで上がりのものを使ってくださいね。ゆで汁を少しずつ加えながら、始めは泡立てるようにかき混ぜ、次にゆっくり混ぜるのがコツ。ソースが白く濁り、とろみがついたら乳化成功ですよ。

具材はお好みでアレンジOK♪

レシピではベーコン・しめじ・玉ねぎを使用していますが、具材はお好みでアレンジして構いません。ハム・ツナ缶・ひき肉を使ったり、キャベツやミニトマトを入れたりと、冷蔵庫の残り物やストック食材をうまく活用してくださいね。なすを使う場合は、なすが油を吸いやすいのでアヒージョオイルを少し多めに入れたほうがよいでしょう。その場合、乳化に使うスパゲッティのゆで汁も同じだけ増量することをお忘れなく!

■使用した食材はこちら

ベーコン 41g×4パック

https://7premium.jp/product/search/detail?id=2960
価格:税込278円

ほどよくスモークされた、風味豊かなベーコンです。ハーフサイズなので、ベーコンエッグなら切らずにそのまま使えますよ。ご紹介したようなシンプル味のパスタに入れると、素材の持ち味が存分に引き立ちます。4枚×4個パックの使い切りタイプで、開封後の処理に困らないのが魅力です♪

お塩 1kg

https://7premium.jp/product/search/detail?id=348
価格:税込100円

国産の海水が100%使われた、サラサラとして手離れのよい塩です。シンプルな味わいなので、料理の味付けから素材の下ごしらえまで幅広く役立ちます。レシピで使用している通り、スパゲッティのゆで塩や、パスタの味付けにも大活躍しますよ。たっぷり1kg入っているため、毎日使いにうってつけです。

あらびきこしょう 35g

https://7premium.jp/product/search/detail?id=5358
価格:税込181円

ピリリとスパイシーな粗挽きこしょうです。ご紹介したようなオイル系のパスタにひと振りすると、仕上がりの味がグッと締まります。2種類の開封口がついているため、手持ちの容器に合わせて便利に詰め替えられますよ。

■アヒージョオイルをパスタに活用すれば二度おいしい!

アヒージョの残りオイルでパスタを作れば、一度で二度の味わいを楽しめてハッピー!ついでにフードロスが減り、環境にやさしいという利点があります。作り方はいたって簡単なので、ぜひ気軽に挑戦してみてくださいね。あまりのおいしさに、このパスタが食べたくてアヒージョを作りたくなるかも!?
写真・文/pomipomi

ライター/料理愛好家
簡単レシピからちょっと手の込んだメニューまで、“おいしい&美しい”をテーマにさまざまな料理を研究しています。大切な人の「おかわり!」が私の元気の源です。
https://kitchenbonita.net/

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※表示価格は8%の消費税額を加えた税込価格となります。(酒類等の軽減税率対象外商品は10%の消費税を加算)
掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類の販売はいたしません。
※はちみつは、1歳未満の乳児には与えないでください。
※2022年7月26日現在の情報です。

TOPへ戻る