簡単本格「冷製肉うどん」の作り方。牛肉をやわらかく仕上げるコツも

2022年08月26日 更新

簡単本格「冷製肉うどん」の作り方。牛肉をやわらかく仕上げるコツも

目次

■さっと作れて絶品。冷製肉うどんのレシピ(調理時間:45分) 
■材料(2人分) 
■作り方 
■コツ・ポイント 
*めんつゆの薄め方 
*牛肉をやわらかく煮るコツ 
*牛肉は冷やしすぎない 
■トッピングの温泉卵の作り方 
■使用した食材はこちら 
■やわらか牛肉で冷製うどんをランクアップ! 

■さっと作れて絶品。冷製肉うどんのレシピ(調理時間:45分)

シンプルなつゆに、麺や具のおいしさが引き立つ冷製肉うどんのレシピです。甘辛味の牛肉は、ほんのりしょうがの香りがアクセント。とろとろの温泉卵を絡めれば、まったりと濃厚な味わいも楽しめます。
包丁なしで調理できる牛こま肉を使うので、とても手軽です。野菜を使った簡単なサラダや和え物などを合わせると、献立のバランスがよくなります。

■材料(2人分)

・冷凍うどん……2玉
・牛こま肉……200g
・A砂糖……大さじ1/2杯
・Aみりん……大さじ2杯
・A酒……大さじ1杯
・A水……50ml
・しょうゆ……大さじ2杯
・しょうが(すりおろし)……小さじ1/3杯
・温泉卵……2個
・小口ねぎ……適量

〈つゆ〉
★昆布だしつゆ(めんつゆ 2倍濃縮)……大さじ2杯
・水……大さじ4杯

★=セブンプレミアムです。

■作り方

1. つゆを冷やす

つゆと水を合わせて混ぜ、冷蔵庫で冷やします。

2. 牛肉を煮る

フライパンにAを入れて砂糖が溶けるまで混ぜます。

中火にかけ、小さな泡が出てくるまで加熱します。

弱火にし、牛肉を入れてほぐしながら煮ます。

5分ほど火にかけ、肉全体の色が変わるまでじっくり加熱します。

しょうゆとしょうがを加え、よく混ぜたら火を止めます。

3. 粗熱を取る

20~30分ほど置いて冷まします。冷ます間にうどんをゆでます。

4. うどんをゆでる

鍋に湯を沸かし、パッケージの表示通りにうどんをゆでます。

流水で冷やします。

ざるに上げ、水気を切ります。

5. 盛り付ける

器にうどんを入れます。

牛肉と温泉卵をのせます。

つゆを全体にまわしかけます。

小口ねぎを散らして完成です。

■コツ・ポイント

めんつゆの薄め方

レシピ内では2倍濃縮のめんつゆを使用しています。ほかの濃縮タイプを使う場合は、パッケージに「天つゆ」や「丼もの」と書いてある箇所の割合で薄めて使用してください。

牛肉をやわらかく煮るコツ

強い火力で加熱すると肉の繊維が急激に縮んで硬くなるため、弱火でじっくり加熱します。また、しょうゆをはじめから入れないのも大切なポイント。先に砂糖・みりん・酒で煮ると、しっとり仕上がり味が入りやすくなります。

牛肉は冷やしすぎない

煮込んだあとの牛肉を冷蔵庫で冷やしすぎると、脂が固まってしまいます。味が染み込みすぎてしょっぱくなってしまう場合もあるので、注意しましょう。

■トッピングの温泉卵の作り方

温泉卵は市販品を使うと楽ですが、手作りも意外と簡単です。時間があるはぜひ挑戦してみてください。

1. 湯を沸かす

卵がすっぽり浸る量の水(約1L)と酢(大さじ1杯)を鍋に入れ、ぐつぐつ煮立たせます。酢を入れると、殻にヒビが入ってもあふれにくくなります。

2. 卵を入れる

おたまやスプーンを使ってそっと卵を入れ、火を止めて12分放置します。

3. 冷ます

冷たい水や氷水に取って、冷やせば完成です。

■使用した食材はこちら

昆布だしつゆ 500ml

https://7premium.jp/product/search/detail?id=5581
価格:税込192円

北海道産昆布を使用した、まろやかな味わいの2倍濃縮つゆです。うどんつゆのほか、煮物や和え物など四季折々の料理に適しています。さっと味が決まります。

■やわらか牛肉で冷製うどんをランクアップ!

暑い季節におすすめの冷製肉うどん。やわらかな牛肉がたっぷりの、ボリューミーなひと品です。ほんのりしょうがをきかせた甘辛味は、子どもにも大人にも大人気。いつものうどんの食べ方に飽きてしまったや、さっぱりだけでは物足りないにおすすめです。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※表示価格は8%の消費税額を加えた税込価格となります。(酒類等の軽減税率対象外商品は10%の消費税を加算)
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類の販売はいたしません。
※はちみつは、1歳未満の乳児には与えないでください。
※2022年8月26日現在の情報です。

関連キーワード

おすすめ記事

ふっくらおいしい!ぶりの煮付けの基本レシピ

2021.09.24

ふっくらおいしい!ぶりの煮付けの基本レシピ

■くさみなし!ぶりの煮付けの基本レシピ(調理時間:25分) 簡単なようで意外とむずかしいぶりの煮付け。下処理をきちんとおこなえば、くさみなく上品な味わいに仕上がります。煮魚作りに自信のない方も、このレシピなら失敗知らずです。ぜひ一度お試しください。 ■材料(3~4人分) ・ぶり…&

時間が経ってもツルンとおいしい!パスタサラダのレシピ

2022.06.09

時間が経ってもツルンとおいしい!パスタサラダのレシピ

■ボソボソにならない!パスタサラダのレシピ(調理時間:20分 ※お湯を沸かす時間は含みません) 時間が経つとボソボソになってしまいがちなパスタサラダ。おいしく作るには、麺をやや長めにゆで、しっかり冷やしてから調味料と和えるのが秘訣です。またマヨネーズを多めに入れると、油分が麺に絡み

型なしで簡単!サクサクほろほろ「紅茶クッキー」のレシピ

2023.03.09

型なしで簡単!サクサクほろほろ「紅茶クッキー」のレシピ

■型なしで簡単!サクサクほろほろ「紅茶クッキー」のレシピ(調理時間:30分 ※生地を寝かせる時間は含みません) 冷蔵庫で生地を冷やして作る、アイスボックスタイプの紅茶クッキーです。ティーバッグの茶葉を使えば、細かく刻む手間いらずで簡単! 茶葉はお好みのもので構いませんが、香りが強い

材料5つ!簡単サクサク「バタークッキー」の基本レシピ

2021.08.18

材料5つ!簡単サクサク「バタークッキー」の基本レシピ

■サクサク食感!バタークッキーの基本レシピ(調理時間:60分) ティータイムのお供におすすめの、風味豊かなバタークッキーです。卵黄のみを使うことで、さっくりと口どけの良い食感に焼き上げます。少し硬めのサクサクに仕上げたい場合は、卵黄の分量を全卵1/2個に置き換えましょう。 ■材料(15個分

おすすめ特集