2020.02.14

華やかさアップ! 海鮮ちらし寿司の作り方・レシピ

ハレの日やみんなが集まる食卓にぴったりなちらし寿司。スタンダードなものから変わり種まで、さまざまな種類がありますが、海鮮ちらし寿司の人気レシピをご紹介します。たくさんの具材で華やかに飾って盛りつけましょう。

■海鮮ちらし寿司の基本レシピ


甘く味付けした錦糸卵をたっぷり敷き詰め、人気のエビ、サーモン、マグロなどたくさんの具材を盛りつける海鮮ちらし寿司のレシピです。イクラやアボカドもトッピングするなど、おもてなしにもぴったりなひと品。

材料(4人分)
・ごはん……2合分
★すし酢……2合分
・卵……3個
・酒……小さじ2杯
・塩……少々
・サーモン(刺身)……4枚
・マグロ(刺身)……4枚
・エビ(刺身)……2枚
・イクラ……40g
・アボカド……1/2個
・絹さや……4枚

★=セブンプレミアムです。

つくり方
1.酢飯を作る


炊き立てのごはんをボウルに移し、すし酢をかけて切るように混ぜます。濡れブキンをかけて冷ましておきましょう。

2.錦糸卵を作る


ボウルに卵を割り入れ、カラザを除きます。酒、砂糖、塩をよく混ぜ合わせます。


熱したフライパンに油を引き、卵液を流し込んでフライパンを傾け、薄く広げます。


フタをして火を止め、30秒待ちます。


端から持ち上げてまな板に下ろします。これを2回~3回、卵液がなくなるまで繰り返します。


卵焼きを重ね、5cmほどの長さに切ってから細切りにします。

3.具材を切る


サーモンとマグロは1.5cm角ほどの大きさに切り、エビは縦半分に切ります。(甘エビであればそのまま)


アボカドも1.5cm角に切ります。絹さやは筋を取って塩を加えたお湯で20秒ほど茹で、半分に切っておきましょう。

4.盛りつける


大きな平皿に酢飯を盛り付け、錦糸卵をたっぷりのせます。具材を盛りつけ、仕上げにイクラと絹さやを飾れば完成です。

つくる時のコツ

錦糸卵は塩を少し加えることにより、味が引き締まり、より甘みが引き立ちます。トッピングの際は、仕上げにイクラと絹さやをバランスよく飾るのがおすすめです。

■使用した食材はこちら


すし酢 360ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=368
価格:本体188円(税込203円)

米酢に昆布とかつお節のだしを合わせた、甘みと旨みのバランスがいいすし酢です。

■今すぐ食べたい時はこちらがおすすめ


国産具材使用五目ちらしの素 4人前


https://7premium.jp/product/search/detail?id=230
価格:本体188円(税込203円)

ごはんに混ぜるだけで手軽にちらし寿司が楽しめる「五目ちらし寿司の素」です。具材は国産にこだわりました。

■ちらし寿司の人気レシピに挑戦


いろいろ楽しめるちらし寿司ですから、そのレシピの数もバリエーションが豊富です。いろいろある中でも、人気の海鮮ちらし寿司のレシピに挑戦してみてはいかがでしょうか。
作り慣れている方はもちろん、初めての方でもきっとおいしい仕上がりに。すぐに食べたい、という時にはセブンプレミアムのちらし寿司の素もぜひ、お試しください。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年1月27日現在の情報です。

TOPへ戻る