2020.03.20

ホットケーキミックスで簡単!「豆腐ドーナツ」のつくり方・レシピ

ホットケーキミックスと豆腐でつくる、手軽でおいしいドーナツレシピをご紹介します。ふんわりもちもちとした食感で、素朴ながらもつい手が伸びてしまうひと品。思い立ったらすぐにでもつくれる簡単レシピなので、急に甘いものがほしくなった時にぴったりのおやつです。見た目もかわいらしく、プレゼントやパーティーメニューにも大活躍!

■材料ふたつ!豆腐ドーナツのレシピ(調理時間15分)

材料ふたつでつくれる、とっても簡単な豆腐ドーナツレシピです。150g入りの豆腐と、200g入りのホットケーキミックスを用意すれば、計量だってしなくてOK。そのまま食べておいしいのはもちろん、仕上げにシュガーパウダーやきなこをまぶすのもおすすめです。

■材料(ゴルフボールほどの大きさのドーナツ12個分)

★国産大豆絹豆腐……150g
★ホットケーキミックス……200g
★キャノーラ油(揚げ油)……適量
・粉砂糖、きなこ砂糖など……お好みで

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

低めの温度でじっくりと揚げるのがポイントです。「160℃の油」とは、菜箸を入れて、箸先から小さな泡が静かに上がってくる状態を言います。
揚げ始めはあまり触らず、生地のまわりが固まってきたら、コロコロと転がしながら揚げましょう。生焼けが心配な場合は、爪楊枝を刺して、なにもついてこなければ、中まで火が通っている証拠です。

■つくり方

1.生地をつくる

ボウルに豆腐を入れ、泡だて器でクリーム状になるまで混ぜます。(豆腐の水切りは不要です。)

ホットケーキミックスを加え、粉っぽさがなくなるまでヘラで混ぜます。

2. 成型する

手に油をつけて、生地をひと口大に丸めます。

3. 油で揚げる

フライパンに、生地の厚みの半分ほどの高さの油をそそぎます。中火にかけ、油が160℃ぐらいに温まったら、生地をそっと入れていきます。(揚げると1.5倍ほどの大きさに膨らみます。)

生地のまわりが固まってきたら、ひっくり返します。弱めの中火でコロコロと転がしながら、5分ほど揚げます。

全体がきつね色になったら、バットの上で油を切ります。あら熱が取れたら、お好みで粉砂糖や、きなこ砂糖(きなこ:砂糖=1:1)をまぶします。

■使用した食材はこちら

国産大豆絹豆腐 3個入


https://7premium.jp/product/search/detail?id=5582
価格:本体100円(税込108円)

国産の大豆を使用し、素材本来の旨味を活かした絹ごし豆腐です。食べ切りサイズ3個パックで、使い勝手の良いひと品。そのまま食べておいしいのはもちろん、マーボー豆腐や揚げ出し豆腐、湯豆腐などにも最適です。

ホットケーキミックス 200g×3袋


https://7premium.jp/product/search/detail?id=1207
価格:本体198円(税込213円)

ふわふわのホットケーキが簡単につくれる、便利なホットケーキミックスです。200g×3袋の小分けタイプで、必要な分だけ使いやすいひと品。ホットケーキに限らず、蒸しパンやドーナツ、クッキーなどにも活用できます。

キャノーラ油 1350g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3768
価格:本体268円(税込289円)

炒め物や揚げ物があっさりと仕上がる、サラッと軽い風味のキャノーラ油です。クセがないので料理に使いやすく、和・洋・中ジャンルを問わず、幅広く役立ちます。たっぷり1350g入りで、日々の調理に大活躍です。

■アレンジしてもおいしい!

素朴でやさしい味わいが、なんともクセになる豆腐ドーナツ。見た目もコロンとかわいいので、子どもたちにも喜ばれるおやつです。仕上げにチョコペンでデコレーションをしたり、中にあんこを入れて、あんドーナツにするのもおすすめ。みなさまもぜひ一度挑戦してみてくださいね。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年1月24日現在の情報です。

TOPへ戻る