2020.06.05

ベーコンは冷凍保存で旨味をキープ!おすすめベーコンとレシピもご紹介!

お弁当のおかずや朝食、おつまみに最適なベーコン。豚肉を塩漬けにした加工食品で、味付けをしなくてもしっかり旨味を感じられる食材です。この万能食材、実は冷凍できることをご存知でしょうか。今回はベーコンの冷凍保存について、またおすすめベーコンとレシピもご紹介します。ぜひ毎日の食卓にお役立てください。

■ベーコンは冷凍保存ができる!

ベーコンは冷蔵保存が基本で、冷蔵保存を推奨している商品もあります。しかし安いときに買いだめをして、いざ食べようと思ったら賞味期限が切れていた!なんてことはありませんか? そんなことがないようにするためには、冷凍保存もおすすめ!
冷蔵保存では一度開封するとすぐに食べきらないといけませんが、冷凍保存なら長期保存が可能になります。さらにカットして保存すれば、調理するときにも時短につながり一石二鳥です。

■ベーコンの冷凍方法

ブロックベーコンの場合

料理に使うときの用途に合わせ、1~2cmの厚さにカットします。一度に使う分をそれぞれラップで巻き、さらに密閉袋に入れてから冷凍しましょう。

スライスベーコンの場合

スライスベーコンもブロックベーコン同様、用途に応じてサイズを決めたら3~5mmの厚さに切りましょう。そしてひとつずつラップで巻いてから密閉袋に入れ、冷凍庫に入れてください。

細切りベーコンの場合

3~5mmの厚さにカットしたスライスベーコンを1cm幅にカットします。その後、使いやすい量に分けてラップに包んでから冷凍保存しましょう。

■ベーコンの解凍方法

冷蔵庫解凍

冷凍庫から冷蔵庫へ移して時間をかけて解凍する方法です。時間をかけることで、ドリップが流れ出にくくなり、旨味を閉じ込めたまま解凍できます。厚さのあるベーコンの場合は、調理開始の半日前くらいから冷蔵庫に移しておくといいでしょう。

氷水解凍

氷水解凍は、ベーコンを密閉袋に入れたまま氷水につけて解凍する方法です。水は熱伝導がいいので解凍に時間がかかりません。時間のないときにおすすめですが、袋に穴が開いていないかよく確認してから行いましょう。

■冷凍ベーコンの賞味期限

冷凍保存したベーコンは1カ月を目安に食べきるのがいいでしょう。長い間、冷凍庫に入れていると冷凍焼けもしますし、風味も落ちてきます。あまり気にしないのであれば、3カ月くらい保存はできますが、おいしい状態で食べたいのであれば、早めに食べきるようにしましょう。

TOPへ戻る