2020.06.26

お弁当にも人気! 「えんどう豆ごはん」の炊き方・レシピ

ほくほく真ん丸なお豆が入ったえんどう豆ごはん。お豆は鮮やかな緑色で彩りも良く、お弁当のごはんに入れるのも人気です。ほんのり効いたお塩がまた食欲をそそります。炊きたてはもちろん、冷めてもおいしいひと品です。

■やさしい味わい「えんどう豆ごはん」(調理時間10分)

小さくて丸いえんどう豆を使ったシンプルな炊き込みごはんです。お酒と塩かげんがおいしさのポイント。

■材料(米2合分)

★お米……2合
・えんどう豆(さや付き)……200g
・酒……大さじ1杯
・塩……小さじ1杯
・水…… 2合分

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

えんどう豆はさやから取り出し、下ゆでしておきます。塩を加えてゆでておくことで、緑色も鮮やかなまま、お豆の味わいも豊かに。

■作り方

1.お米を洗う

お米を洗い、ザルに揚げておきましょう。

2.えんどう豆をゆでる

洗ったえんどう豆のさやを開け、中から豆を取り出します。

鍋に沸かした熱湯に分量外の塩をひとつまみ加え、えんどう豆を5分ほどゆでましょう。

ゆで上がれば、ザルに揚げておきます。

3.ごはんを炊く

お釜に洗ったお米を入れ、塩と酒を加えて2合の目盛りまで水を張り、かるくひと混ぜします。

下ゆでしたえんどう豆を加え、炊飯器で炊きましょう。

炊き上がったら下からすくうように、また切るように混ぜて完成です。

■使用した食材はこちら

お米 2kg


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3890
価格:本体1,078円(税込1,164円)

えりすぐりのコメをブレンドしたお米です。一人暮らしや少人数世帯にもやさしい2kgサイズでご用意しました。

■えんどう豆ごはんの残りはおにぎりで

さやを剥くところからつくる、えんどう豆ごはん。なかには、中の豆だけにして販売されていることもありますので、とっても便利です。ほんのりとした味のえんどう豆ごはんは、冷めるとより味わいが鮮明に! 炊きたてが残ったら、お釜の保温を切っておにぎりにしておくのもおすすめです。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年3月23日現在の情報です。

TOPへ戻る