2020.06.26

醤油ベースの香味タレがマッチ! 油淋鶏(ユーリンチー)のつくり方・レシピ

中華料理店でおなじみの油淋鶏。さくさくした歯ざわりに揚げた鶏肉に、醤油ベースの香味ダレがクセになるひと品です。今回はおうちでも意外と簡単につくれる油淋鶏の基本レシピをご紹介します。ボリューム満点で食べ応えがあり、白いごはんがどんどん進みます。

■油をかけるのがポイント! 油淋鶏の基本レシピ(調理時間30分)

さくさくの揚げ鶏に、醤油ベースのタレが絶妙にマッチした油淋鶏。「油淋」とは「油をかける」という意味なので、油をまわしかけながら調理するのがポイントです。タレに使う調味料も身近なものばかりなので、ご家庭でも気軽に挑戦できます。

■材料(3〜4人分)

・鶏もも肉……2枚
・塩……小さじ1/2杯
・片栗粉……適量
・揚げ油……適量
・長ネギの白い部分……1本分(約80g)
★Aこいくち醤油……大さじ3杯
・A酢……大さじ2杯
・A水……大さじ2杯
・A砂糖……大さじ2杯
★A純正ごま油……大さじ1杯
★A鉄釜焙煎白いりごま……大さじ1杯
・Aおろしにんにく……小さじ1/2杯
・Aおろししょうが……小さじ1/2杯

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

鶏肉の厚みを包丁で均一にし、全体に均等に火が通るようにしましょう。油をまわしかける際は、やけどしないようにじゅうぶん気をつけてください。タレはつくってすぐよりも、少し時間を置いた方が、味がよりなじみます。

■つくり方

1.鶏肉の下ごしらえをする

まな板の上に鶏肉を広げ、身の厚い部分に包丁を入れます。余分な皮や黄色い脂身を取り除きます。

鶏肉の両面に塩をすり込み、10分ほど室温に置いておきます。

2.タレをつくる

長ネギの白い部分をみじん切りにし、ボウルに入れます。

Aの材料を加え、よく混ぜ合わせます。

3.鶏肉を揚げる

鶏肉の両面に片栗粉をまぶします。

フライパンに油を1cmほど注ぎ、中火にかけます。油が温まったら皮目を下にして入れます。

スプーンで油をかけながら、6〜7分ほどじっくり揚げ焼きにします。

鶏肉をひっくり返し、裏面も3〜4分ほど揚げ焼きにします。網付きバットの上に取り出し、5分ほどそのまま置いて、余熱で中まで火を通します。

4.仕上げ

鶏肉を食べやすい大きさにカットし、皿に盛り付けます。混ぜ合わせておいたタレをかければできあがりです。

■使用した食材はこちら

こいくち醤油 1000ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=166
価格:本体138円(税込149円)

本醸造方式でキレのある味わいに仕上げた、上品な味わいのこいくち醤油です。料理の味付けだけでなく、刺し身や冷や奴などの「つけ・かけ」にも最適のひと品。色・味・香りのバランスが良く、さまざまな料理に役立ちます。

純正ごま油 200g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=242
価格:本体298円(税込321円)

胡麻をじっくりと焙煎し、香ばしく仕上げた純正胡麻油です。炒め油や揚げ油としてはもちろん、仕上げの風味付けにも役立つ万能の一本。和食、中華料理、韓国料理と、さまざまな料理に活用できます。

鉄釜焙煎白いりごま 60g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=255
価格:本体93円(税込100円)

鉄製の釜でじっくりと焙煎し、歯応え良く仕上げた白炒り胡麻です。料理のトッピングから麺類・鍋物の薬味まで、さまざまに使える便利なひと品。あえ物やドレッシングづくりにも重宝します。

■おうちで本格中華!

一見難しそうですが、意外と簡単につくれる油淋鶏。基本レシピを覚えれば、おうちでいつでも本格中華が楽しめます。手が込んで見えるので、来客時のおもてなし料理やパーティーメニューにもぴったり。お弁当のおかずやお酒のおつまみにもぜひどうぞ。

 

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年5月6日現在の情報です

TOPへ戻る