ザクザクジューシー!信州名物「山賊焼き」の基本レシピ(1ページ目) -

2021年12月27日 更新

ザクザクジューシー!信州名物「山賊焼き」の基本レシピ

■ドーンと豪快!山賊焼きの基本レシピ(調理時間:30分 ※鶏肉を漬け込む時間は含みません)

鶏もも肉をカリッと揚げる、豪快で食べごたえ満点な山賊焼き。食卓に並べれば、ごちそう感が演出できます。使う材料は身近なものばかりなので、ぜひ気軽にお試しください。レパートリーに入れておくと、日々の献立に役立ちます。

*そもそも山賊焼きとは?
山賊焼きは、長野県松本市や塩尻市を中心に親しまれている郷土料理です。鶏肉をにんにくしょうゆだれに漬け込み、片栗粉をまぶして揚げたものを指します。ざく切りキャベツと一緒に盛り付けるのが、この料理の基本です。
ネーミングの由来は、山賊焼きを考案した居酒屋の名前が「山賊」だからという説と、「山賊」=「物を取り上げる」=「鶏揚げる」という語呂合わせの説があります。

■材料(3〜4人分)

・鶏もも肉……2枚(約700g)
・キャベツ……適量
★Aこいくち醤油……大さじ3杯
・A酒……大さじ3杯
・Aみりん……大さじ1と1/2杯
★A香りが贅沢な 生にんにく……小さじ2杯
★A香りが贅沢な 生しょうが……小さじ2杯
・片栗粉……適量
・サラダ油……適量

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

肉の厚い部分に包丁を入れ、火の通りを均一にするのがポイントです。焦げやすいので、低めの温度でじっくりと揚げ焼きにしましょう。
レシピでは鶏もも肉を使用しますが、むね肉でもおいしくお作りいただけます。

■下ごしらえ

・キャベツを食べやすい大きさのざく切りにする

■作り方

1. 鶏肉を開き、たれに漬け込む

鶏肉をまな板の上に広げ、余分な皮や黄色い脂身を取り除きます。身の厚い部分に包丁を入れ、平らに開きます。(火の通りを均一にするため。)

ジップ付きのポリ袋にAを入れ、軽くかき混ぜます。

鶏肉を入れ、袋の空気を抜いて口を閉じます。最低でも30分漬け込みます。(室温が高い日や30分以上漬け込む場合は、冷蔵庫に入れてください。)

2. 鶏肉に片栗粉をまぶし、揚げ焼きにする

鶏肉のたれを軽く切り、両面に片栗粉をたっぷりとまぶします。(鶏肉を冷蔵庫に入れていた場合は、室温に戻してからおこなってください。)

フライパンに高さ1cmほどのサラダ油をそそぎ、中火で熱します。鶏肉の皮目を下にして入れます。

火を少し弱め、スプーンで油をまわしかけながらじっくりと揚げ焼きにします。


6〜7分ほど加熱したら肉を裏返し、反対の面も6〜7分揚げ焼きにします。

中まで火が通ったら、網の上で油を切ります。5分ほどそのまま置いておき、肉汁を落ち着かせます。

3. 鶏肉を切り、キャベツと一緒に盛り付ける

鶏肉を食べやすい大きさに切り分けます。

ざく切りにしたキャベツを皿に盛り、鶏肉をのせれば完成です。

■使用した食材はこちら

こいくち醤油 1000ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=166
価格:税込149円

本醸造方式で熟成させた、旨味あふれるこいくち醤油です。すっきりキレのある味わいで、刺し身や冷奴などの「つけ・かけ」に適しています。遺伝子組換え大豆不使用です。

香りが贅沢な 生にんにく 42g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=318
価格:税込138円

にんにくを無着色で使用し、粗おろしにしました。下味や薬味など、さまざまに役立ちます。最後まで絞れるチューブと、開封しやすいキャップを採用しました。

香りが贅沢な 生しょうが 40g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=321
価格:税込138円

素材のくさみ消しや冷奴のトッピングに重宝する、さわやかな香りの生しょうがです。シャキシャキとした繊維感と、おろしたての風味が楽しめます。

■山賊焼きをおうちの定番メニューに

鶏肉と身近な調味料で作れる山賊焼き。簡単なのに豪華で、食べる人みんなに喜ばれること間違いなしの料理です。ぜひご家庭の定番メニューに取り入れてみてください。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※表示価格は8%の消費税額を加えた税込価格となります。(酒類等の軽減税率対象外商品は10%の消費税を加算)
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類の販売はいたしません。
※はちみつは、1歳未満の乳児には与えないでください。
※2021年12月25日現在の情報です。

関連キーワード

おすすめ記事

ナッツのはちみつ漬け「ハニーナッツ」の作り方。おすすめの食べ方付き!

2022.01.24

ナッツのはちみつ漬け「ハニーナッツ」の作り方。おすすめの食べ方付き!

■トロリ甘くて香ばしい。濃厚ハニーナッツ(調理時間:1分 ※煮沸消毒と漬け込む時間は含みません) トロリと甘い「ハニーナッツ」のレシピです。香ばしいナッツとまろやかなはちみつがベストマッチ。漬け込んだあとしばらく置くことで、絶妙な味わいが醸し出されます。時間とともに、ナッツの食感やは

ホットケーキミックスで簡単。ふわふわ「スフレパンケーキ」のレシピ

2022.04.14

ホットケーキミックスで簡単。ふわふわ「スフレパンケーキ」のレシピ

■ふわふわ食感。ホットケーキミックスで作るスフレパンケーキ(調理時間:25分) おうちでカフェ気分が味わえる「スフレパンケーキ」のレシピです。シフォンケーキベースの生地で作るので、驚くほどふわふわに仕上がります。お好みでホイップクリームやアイスクリームを添えるのもおすすめです。時

簡単「フランスパン」のレシピ。手作りバゲットにチャレンジ!

2021.12.27

簡単「フランスパン」のレシピ。手作りバゲットにチャレンジ!

■パリッと香ばしい。フランスパン(調理時間:4時間) ご家庭のオーブンで焼ける、30cmサイズのバゲット(バタール)を2本作りましょう。小麦の香ばしさや旨味を楽しめるシンプルな配合です。フランスパン用の準強力粉の代わりに、強力粉と薄力粉を8:2でブレンドして使用します。 ■材料(30cmサイズ

材料5つ!簡単サクサク「バタークッキー」の基本レシピ

2021.08.18

材料5つ!簡単サクサク「バタークッキー」の基本レシピ

■サクサク食感!バタークッキーの基本レシピ(調理時間:60分) ティータイムのお供におすすめの、風味豊かなバタークッキーです。卵黄のみを使うことで、さっくりと口どけの良い食感に焼き上げます。少し硬めのサクサクに仕上げたい場合は、卵黄の分量を全卵1/2個に置き換えましょう。 ■材料(15個分

おすすめ特集