2020.11.20

ハロウィーンお菓子にも!「かぼちゃプリン」レシピ

ほっこりやさしい甘さが特徴のかぼちゃを使ったお菓子をご紹介します。かぼちゃは生地に使ったり、クリームや餡に使うなどいろいろ使えるので便利な食材。今回はハロウィーンにもおすすめの、かぼちゃプリンのつくり方をまとめました。

■ねっとり濃厚「かぼちゃのプリン」(調理時間:40分)

プリン液にかぼちゃのペーストをたっぷり混ぜてつくる、かぼちゃのプリンです。普通のプリンよりもずっしりとした仕上がりと濃厚な味わいをお楽しみいただけます。

■材料(25×15×5cm型/約12人分)

・かぼちゃ……1/2個(正味500g程度)
・卵……3個
★北海道純生クリーム……200ml
★毎日の食卓 3.6牛乳……400ml
・ラム酒……大さじ1杯
・グラニュー糖……80g
[カラメル]
・グラニュー糖……100g
・水……大さじ1.5杯

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

かぼちゃはレンジを使って加熱します。プリン液は何度か濾すのがおすすめ。仕上がりのキメの細かさと、舌に触った時のなめらかな食感に違いが出ます。

■つくり方

1.かぼちゃを濾す

かぼちゃは種とワタを取り、4cm角程度の適当な大きさに切ります。耐熱容器に入れてふわっとラップをかけ、600Wのレンジで9分加熱しましょう。

皮の部分は切り落とし、黄色い身の部分を濾します。

2.カラメルをつくる

鍋にカラメル用のグラニュー糖と水を入れ、中火にかけます。ふつふつと泡が立ってくれば鍋を時折ゆすり、焦げつかないように気をつけましょう。

白色がだんだんと色づいていきます。こげ茶色になれば火を止め、一気に器に流し入れます。

3.プリン液をつくる

ボウルに卵とグラニュー糖を入れ、泡だて器でよく混ぜます。

生クリームを加え、沸騰寸前まで温めた牛乳を少しずつ加えましょう。

この卵液を濾しながらかぼちゃに加え、ラム酒を加えてヘラでひと混ぜします。

4.焼く

カラメルを注いだ器に、プリン液を再度濾しながら流し入れます。

器をオーブンの天板に置いてお湯を張り、160℃で40分焼きましょう。
焼き上がりは、中心部につま楊枝を刺してみて、液があふれてこなければOKです。粗熱を取ってラップをかけ、しっかり冷蔵庫で冷やしてから召し上がってください。

■使用した食材はこちら

北海道純生クリーム 200m

l
https://7premium.jp/product/search/detail?id=734
価格:本体298円(税込321円)

北海道産の生乳を使用した純生クリームです。乳脂肪分36%のライトタイプ。

毎日の食卓 3.6牛乳 1000ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=4244
価格:本体193円(税込208円)

生乳を100%使用した成分無調整牛乳です。脂肪分3.6%以上の風味豊かな味わい。

■かぼちゃを使ったお菓子はまだまだたくさん!

ご紹介したかぼちゃプリンをはじめ、かぼちゃを使ったお菓子は、まだまだたくさんあります。ハロウィーンに用意するお菓子はもちろん、クッキーやケーキなど家庭でもつくりやすいものも多いので、トライしてみてはいかがでしょうか。かぼちゃは濾すのが大変、という方はセブンプレミアムのかぼちゃのお菓子もおすすめです。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年8月6日現在の情報です。

TOPへ戻る