2020.10.09

はちみつバターで至福の味!芋けんぴの基本レシピ

昔ながらの素朴なおやつ「芋けんぴ」のつくりかたをご紹介します。揚げ油にオリーブオイル、タレにはバターとはちみつを使い、ちょっぴり洋風な味わいです。さつまいも本来の自然な甘さが引き立ち、ひとつ、またひとつと手が止まらなくなりますよ。

■カリッとやみつき!芋けんぴ(調理時間:20分)

甘い蜜に揚げ焼きにした香ばしいサツマイモを絡める、昔懐かしいおやつ「芋けんぴ」。できたて熱々は、サツマイモのホクホク感が感じられ、時間がたつにつれてカリッと硬めの食感に変化します。変わってゆく食感の違いを楽しんで。

■材料(2~3人分)

・サツマイモ……小2本(300g)
★純粋はちみつ……大さじ4杯(90g)
★北海道バター(加塩)……20g
・オリーブオイル……適量
・黒胡麻……適量

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

サツマイモは、ホクホクやわらかめの食感が好きな人は太め・厚めに、カリッと硬めが好きな人は、細め・薄めに切ってみてください。お好みの仕上がりが選べるのも、手づくりならではの魅力。輪切りにして大学芋風に仕上げるのもいいですね。

■つくり方

1. サツマイモを細切りにする

サツマイモは皮つきのまま水でよく洗い、5mmほどの厚さの斜め切りにしたあと、5mm幅の細切りにします。

2. 水にさらす

切ったサツマイモは5分ほど水にさらします。

3.ざるに上げ、水気を切る

サツマイモをざるに上げ、さらにキッチンペーパーで水気をしっかりとふき取ります。

4. サツマイモを油で揚げる

フライパンに水気を切ったサツマイモを並べ、全体が浸かる量のオリーブオイルを注ぎ入れます。中火にかけ、きつね色になるまで揚げましょう。

5. 油を切る

カリッと揚がったら、バットに上げて油を切ります。少し乾かすと、カリカリ感がアップしますよ。

6. バター、はちみつを火にかける

別のフライパンにバターとはちみつを入れ、中火にかけて、とろみが出るまで木べらで混ぜます。

7. 揚げたサツマイモを絡める

沸騰直前に火を止め、油を切ったサツマイモを加えます。木べらでやさしく混ぜながら、蜜を全体に絡めましょう。

8. 黒胡麻をトッピングする

お皿に盛りつけ、黒胡麻をトッピングして完成です。

■使用した食材はこちら

純粋はちみつ 250g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3316
価格:本体388円(税込419円)

くせのない、まろやかで風味豊かなはちみつです。さらっとしていて口どけがよく、パンやお菓子はもちろん、お料理にもお使いいただけます。1歳未満の乳児には与えないよう、ご注意ください。

北海道バター(加塩) 150g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3047
価格:本体295円(税込318円)

北海道十勝産の生乳を使用した、加塩タイプのバターです。風味を損なわないうちに使い切りやすい150gの小さめサイズ。食塩入りなので、ほんのり塩気をきかせたい芋けんぴにぴったりです。

■今すぐ食べたいときはこちらがおすすめ

薩摩芋けんぴ 95g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3353
価格:本体100円(税込108円)

九州産サツマイモを使用した、芋けんぴです。国産米油でカラッと仕上げているため、軽い食感とサツマイモ本来の自然な甘みが楽しめます。食べ切りやすい95gサイズで、おやつにぴったり。

■小腹が空いたときのおやつにぴったり!

カリッと香ばしくて噛みごたえのある芋けんぴは、小腹が空いたときにぴったりのおやつです。「はちみつ×バター」でちょっとくどいかな……?と思いきや、オリーブオイルで揚げているので意外とさっぱり軽めの食感。甘さ控えめのお菓子が好きな人や、サツマイモのお菓子に目がない人は、ぜひお試しくださいね。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年8月21日現在の情報です。

TOPへ戻る