材料は3つ!レーズンバターの基本レシピ

2023年02月16日 更新

材料は3つ!レーズンバターの基本レシピ

■材料は3つ!レーズンバターの基本レシピ(調理時間:70分 ※冷やし固める時間は含みません)

おしゃれなバーの常連メニュー「レーズンバター」。口に入れた瞬間にラムの香りが鼻に抜け、ワインがついつい進んでしまう魅惑のおつまみです。

そんなレーズンバター、じつは3つの材料で簡単に手作りできます。レーズンは粗く刻んで、ラムの香りをしっかり移すのがおいしさの秘訣。そのまま食べたり、ビスケットやクラッカー、トーストに塗って食べたりと、さまざまなアレンジをお楽しみください。

■食材

 

【2~3人分】

レーズン……45g

北海道バター(食塩不使用)……100g

・ラム酒…………50ml

                                                                                                                                                                                              

★=セブンプレミアムです。

■作り方

1. 小さめの鍋にお湯を沸かします。レーズンを入れ、5分ほどゆでて戻します。

 

2. ゆでてやわらかくなったレーズンを、キッチンペーパーを敷いたザルにあげ、水気をしっかりと切ります。

 

3. 粗熱がとれたら、レーズンを包丁で粗く刻みます。刻むことでラムの香りがたっぷりとしみ込みます。

 

4. 耐熱性の瓶や容器にレーズンとラム酒を入れ、密閉した状態で1時間ほど置きます。時間があればひと晩置くと、より深みのある味わいになります。

 

5. ボウルに常温に戻したバターを入れ、クリーム状になるまでしっかりと練ります。空気を含ませるように、やさしく練りましょう。

 

6. 1時間(またはひと晩)漬け込んだラムレーズンの水気を切り、バターとよく混ぜ合わせます。

 

7. クッキングシートの上に6のレーズンバターをのせ、手前から奥に向かってくるくると巻き込みながら、15cmほどの長さの棒状にします。

 

8. 両端を2~3回ねじり、口をしっかりと閉じたら、冷蔵庫で3時間程度冷やし固めます。

 

9. 冷えて固まったら、包丁で1cm幅に切り分けて完成です。バターがやわらかくて切りにくい時は、冷凍庫で30分~1時間冷やし固めると切りやすくなります。お好みでビスケットやクラッカー、トーストにつけて召し上がれ。

 

■ポイント・コツ

冷やし固める時間は、バターの種類によって若干異なります。やわらかくて包丁で切り分けられそうにない時は、冷凍庫で冷やし固めましょう。ある程度固さがあるほうが形が崩れず、きれいに切り分けられます。

■レーズンバターのおすすめアレンジ

ラム酒を使わず、戻して水気を切ったレーズンを直接バターに混ぜてもおいしく仕上がります。またラム酒の代わりにウイスキーやブランデーを使うのもおすすめです。

バターの半量をクリームチーズにすれば、さっぱりした酸味が加わり軽やかな口当たりに。くるみやナッツ、お好みのドライフルーツをミックスして作ると、いつもとはひと味違うレーズンバターが作れます。

■レーズンバターでおうち飲みもはかどる!

ラムレーズンとバターで作る「レーズンバター」は、おもてなしで喜ばれる人気おつまみ。横にビスケットやクラッカーを添えると、バーで出てくるようなおしゃれなひと皿に仕上がります。ラップで包んだ状態のまま冷蔵庫(または冷凍庫)で保存できるので、おうち飲みにも適しています。お酒が好きな人は、ぜひ一度お試しくださいね。

                                                                                                                                                                                              

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。

※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。

※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。

※表示価格は8%の消費税額を加えた税込価格となります。(酒類等の軽減税率対象外商品は10%の消費税を加算)

※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。

※20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類の販売はいたしません。

※はちみつは、1歳未満の乳児には与えないでください。

※2023年2月16日現在の情報です。

関連キーワード

おすすめ記事

うどんのおすすめ具材30選!定番から変わり種まで勢ぞろい

2022.02.24

うどんのおすすめ具材30選!定番から変わり種まで勢ぞろい

■トッピングにおすすめのうどん具材8選 1.ごま https://7premium.jp/product/search/detail?id=7655価格:税込246円 身近な食材でなにかをトッピングするなら、ごまがおすすめです。素うどんはもちろん、サラダうどんや担々麺風のうどんとも相性ばっちり。プチプチとした食感がアクセントになり、箸

レンジでやわらか!冷凍餅の解凍方法&おすすめの食べ方3選

2022.02.21

レンジでやわらか!冷凍餅の解凍方法&おすすめの食べ方3選

■電子レンジで簡単。冷凍餅の解凍方法(調理時間:1分) 冷凍餅を自然解凍するには、数時間〜半日かかります。急いでいる時は、電子レンジを活用すると便利です。わずか1分加熱するだけで、カチカチの餅がやわらかに。ラップを使わず、時短で解凍できます。上手に解凍するポイントは、餅を水にくぐ

5分以内でつくれる!メンマのおすすめアレンジレシピ3選

2021.07.28

5分以内でつくれる!メンマのおすすめアレンジレシピ3選

■メンマはさまざまな料理にアレンジができる便利食材! ラーメンのトッピングに欠かせないメンマ。実はどんな食材にも合わせやすく、さまざまな料理にアレンジができます。ひと手間で副菜やおつまみがつくれるので、常備しておくとなにかと便利です。 ■1. ごはんが進む!メンマとわかめの和え物のレシ

電子レンジで作る!焼かない卵焼きのレシピ

2022.02.21

電子レンジで作る!焼かない卵焼きのレシピ

■マヨネーズがポイント!レンジで作る焼かない卵焼き(調理時間:5分 ※卵焼きの粗熱を取る時間は含みません) 耐熱容器に材料をすべて入れ、電子レンジで加熱するだけの簡単レシピです。おいしく作る秘訣は、卵液にマヨネーズを加えること。コクがアップし、ふっくらやわらかく仕上がります。とって

おすすめ特集