2020.12.31

ハワイのB級グルメ!モチコチキンのレシピ

ハワイの人気B級グルメ「モチコチキン」の作り方をご紹介します。モチコチキンとはその名のとおり、もち粉をまぶして揚げた鶏肉のこと。唐揚げよりも軽く、竜田揚げのようなサクサクした食感が特徴です。ごはんと一緒にお皿に盛ると、ハワイらしさがアップしますよ。

■時間がたってもサックサク!モチコチキン(調理時間:10分 ※漬け込む時間はのぞく)

知る人ぞ知るハワイ名物「モチコチキン」。竜田揚げのようなカリッとクリスピーなもち粉の衣が人気のひと品です。時間がたっても、揚げたてのサクサク感が続くので、お弁当にもぴったり。もち粉は、輸入食品を取り扱う高級スーパーなどで手に入ります。

■材料(2人分)

・鶏モモ肉……300g
・もち粉……大さじ5杯
★香りが贅沢な 生しょうが……小さじ1杯
★香りが贅沢な 生にんにく……小さじ1杯
・醤油……大さじ1杯
・白胡麻……大さじ1杯
・油……適量

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

もち粉は、鶏モモ肉につけダレがたっぷりと絡んだ状態でまぶすのがポイント。さらさらしたもち粉がタレの水分を吸って、サクサクッとした食感に仕上がります。
もち粉がなければ、米粉やコーンスターチでも代用OK。白玉粉のだまを手でつぶしたものでもかまいません。今回はボウルを使っていますが、ポリ袋を使うと洗い物の手間が省けてラクチンです。

■作り方

1. 鶏モモ肉と調味料を和える

ボウルに大きめのひと口大に切った鶏モモ肉、しょうがのすりおろし、にんにくのすりおろし、醤油、白胡麻を入れ、菜箸やスプーンを使い、よく混ぜ合わせます。

2. 冷蔵庫で1時間漬け込む

調味料が全体になじんだら、ラップをかけて冷蔵庫で1時間ほど漬け込みます。

3. もち粉をまぶす

バットに鶏モモ肉を並べ、もち粉をまんべんなく振りかけます。鶏モモ肉を裏返し、全体にもち粉をしっかりとまぶしましょう。

4. 180℃の油で揚げる

フライパンに深さ2cmくらいまで油を入れ、火にかけます。180℃(菜箸を入れたとき、すぐに気泡が上がってくる状態)になったら、もち粉をまぶした鶏モモ肉を入れ、5分ほど揚げます。

5. 裏返し、さらに3~4分揚げる

鶏モモ肉を裏返し、さらに3~4分揚げます。こんがりとしたきつね色に変わったら、バットに取り出し、余分な油を切ってください。

6. 器に盛りつける

器に盛りつけて完成です。くし切りにしたレモンを搾って召し上がれ。

■使用した食材はこちら

香りが贅沢な 生しょうが 40g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=321
価格:本体128円(税込138円)

シャキシャキとした繊維感が味わえる、粗おろしの生しょうがです。やわらかいチューブは、最後まで使い切りやすくて便利。冷奴やかつおのお刺身の薬味として、お肉や魚のくさみ消しとして、さまざまな用途で活躍してくれます。

香りが贅沢な 生にんにく 42g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=318
価格:本体128円(税込138円)

無着色のにんにくを粗くすりおろした、チューブタイプの生にんにくです。栓を開けた瞬間、パンチの効いたにんにくの香りがふわりと漂います。にんにくは手につくとなかなか匂いが取れませんが、本品を使えばその心配はありません。

■モチコチキンでハワイ気分を味わおう!

唐揚げ粉のかわりにもち粉をまぶして揚げる「モチコチキン」。竜田揚げを思わせるサクサクと軽い食感で、ついつい手が伸びてしまいます。
お米の味はほとんどせず、お肉の旨味がしっかり感じられますよ。揚げたてはもちろん、時間がたってもサクサクしたままなので、ぜひたくさんつくってみてください。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年10月1日現在の情報です。

TOPへ戻る