2021.02.19

15分でつくれる手抜き弁当!野菜たっぷりポークチャップ丼のつくり方

手抜き弁当でも、愛情たっぷり。子どもから大人まで人気のポークチャップをメインに、彩りよく、野菜もしっかり摂れるお弁当をご紹介いたします。時間のない朝や、毎日のお料理にちょっぴり疲れてしまった時にも、ぜひどうぞ。

■甘辛味にごはんが進む。ポークチャップ丼弁当のつくり方(調理時間:15分)

ごはんの上におかずをのせた、丼スタイルのお弁当です。赤・黄・緑・白で彩りよく仕上げました。食べられる野菜の分量は、ミニトマトも入れると180gほど。成人の1日あたりの摂取目標350g(※1)の、約半分が食べられます。

※1 厚生労働省「21世紀における国民健康づくり運動<健康日本21>」
https://www.mhlw.go.jp/www1/topics/kenko21_11/b1.html#A15

■材料(1人分)

<ポークチャップ>
・豚肉……60g
・ニンジン……70g
・玉ネギ……70g
・ピーマン……10g
・塩……少々
・胡椒……少々
・醤油……小さじ1/2杯
★トマトケチャップ……大さじ1と1/2杯
★中濃ソース……大さじ1/2杯
・チューブ入りすりおろしニンニク……少々

・卵……1個
・ミニトマト……2個
・パセリ……お好みで
・ごはん……200g

★=セブンプレミアムです。

■調理のポイント

卵をゆでている間にポークチャップをつくり、さくさくと作業を進めましょう。

ゆで卵をつくらず、セブンプレミアムの「味付き半熟ゆでたまご」や「うずら卵水煮」を使うと、さらに楽ちんです。

■つくり方

1. ゆで卵をつくる

鍋にお湯を沸かし、ゆで卵をつくります。

2. 野菜を切る

ニンジン・ピーマンは細切りに、玉ネギは薄切りにしましょう。

3. 合わせだれをつくっておく

ケチャップ、中濃ソース、醤油、ニンニクを混ぜておきます。

4. 炒める

フライパンに分量外の油をひき、中火で豚肉を炒めます。

豚肉の色が変わったら塩・胡椒をふり、野菜を加えましょう。

玉ネギがしんなりするまで炒めたら、合わせだれを絡めます。

5. 盛り付ける

ごはんの上にポークチャップをのせ、お好みでブラックペッパーをふりかけましょう。カットしたゆで卵、ミニトマト、パセリを詰めて完成です。

■使用した食材はこちら

1. トマトケチャップ 500g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=190
価格:本体138円(税込149円)

リコピンをたっぷり含んだ、完熟トマトのおいしさが活きているケチャップです。

2. 中濃ソース 300ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3061
価格:本体138円(税込149円)

つける・かける以外にお料理の隠し味用としても使え、野菜のまろやかな旨味が、コクと深みをプラスします。場所を取りにくい、300mlタイプ。※塩分を30%カットしています(※日本食品標準成分表2010「中濃ソース」比)

■無理なく続けるためにも手を抜こう

朝早く起きる必要があったり、詰め方に工夫が必要だったり、お弁当づくりはなかなか大変。
いつも手の込んだものばかりでは、つくる人の体力や気力がダウンしてしまうこともありますよね。そうならないためにも、手抜き弁当を味方にして、どんどん楽しちゃいましょう。
メインだけつくって、サブのおかずをセブンプレミアムのチルド惣菜や冷凍食品にするのも、また一つの選択です!

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2021年2月3日現在の情報です。

TOPへ戻る