2021.02.19

玉ねぎは冷凍保存が便利!飴色玉ねぎもわずか5分

常温や冷蔵でも1〜2カ月ほど日持ちする玉ねぎ。わざわざ冷凍する必要はない気もしますが、あえて冷凍することでさまざまな利点が生まれます。そこで今回は、玉ねぎの冷凍保存方法と、そのメリットについてご紹介。冷凍玉ねぎを使った飴色玉ねぎのつくり方もお届けしますので、ぜひご参考にどうぞ!

■メリットいろいろ!玉ねぎの冷凍保存(調理時間5分)

玉ねぎは冷凍保存することにより、細胞が破壊され火が通りやすくなります。通常なら1時間ほどかかる飴色玉ねぎも、冷凍玉ねぎならわずか5分で完成です。ほかにも味が染み込みやすくなったり、甘味が増したりするメリットも!

■材料(玉ねぎ1個分)

・玉ねぎ……大1個(約250〜300g)
★キャノーラ油……大さじ1杯

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

玉ねぎは用途に合わせて、みじん切りか薄くスライスしてください。飴色玉ねぎに使う場合は、どちらの切り方でも構いません。
飴色玉ねぎをつくる際は、終始強火で炒めるのがポイントです。
冷凍玉ねぎの保存期間はおよそ1カ月。飴色玉ねぎを冷凍した場合は、2週間を目安に消費してください。

■つくり方

1. 玉ねぎを切る

玉ねぎの皮をむき、みじん切り、もしくは薄くスライスします。(用途に合わせてカットしてください。)

2. 冷凍する

フリーザーバッグに玉ねぎを入れ、中の空気を抜いて密閉します。玉ねぎが平らになるように広げ、冷凍庫で凍らせます。(この状態でおよそ1カ月保存可能です。)

3. 飴色玉ねぎをつくる

フライパンに油を入れ、強火で熱します。冷凍玉ねぎを凍ったまま入れます。

玉ねぎが溶けたら、木べらで時々かき混ぜながら炒めます。

玉ねぎが色づいてきたら、絶えずかき混ぜながらさらに炒めます。

5分ほど炒め、玉ねぎが飴色になったら完成です。

すぐに使わない場合は、ラップでぴったりと包み、フリーザーバッグに入れて冷凍保存しましょう。(保存期間:約2週間)

■使用した食材はこちら

キャノーラ油 1000g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=164
価格:本体258円(税込278円)

炒めものや揚げものには欠かせない、サラッと軽い風味のキャノーラ油です。味や風味にクセがなく、和・洋・中ジャンルを問わず、あらゆる料理に使えます。たっぷり1000g入りで、日々の調理に大活躍です。

■玉ねぎは冷凍庫に保存!

さまざまな料理に幅広く役立つ玉ねぎ。冷凍庫にストックしておけば、調理にすぐに使えてとても便利です。素材本来の甘味も凝縮されるので、煮ものやスープ、カレーにも大活躍。玉ねぎの買い置きがある方は、さっそく保存場所を冷凍庫に変えてみましょう。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2021年2月1日現在の情報です。

TOPへ戻る