2021.04.02

豚バラ肉スライスで簡単!カムジャタン風スープのつくり方

本場韓国では豚の背骨を使うカムジャタンを、手に入りやすい豚バラ肉でアレンジしました。じゃがいもがゴロッと入っていてボリューミー。くずして旨味たっぷりのピリ辛スープをしみ込ませながらお召し上がりください!

■煮込み時間短縮!カムジャタン風スープのつくり方(調理時間:約40分)

豚の背骨やスペアリブを使わないので火の通りが早く、気軽につくりやすいレシピです。より短時間で調理したいときは、じゃがいもをひと口大に切ってしまってもOKです。ほくほくのじゃがいもとピリ辛味のスープで、体が温まります。

■材料(2人分)

・豚バラ肉(スライス)……150g
・じゃがいも(小)……6個(6個合わせて400g)
・たまねぎ……1/2個(100g)
★キムチ……80g
・コチュジャン……大さじ2杯
・味噌……小さじ1杯
・ダシダ……大さじ1杯
・酒……大さじ2杯
・チューブ入りすりおろしにんにく……小さじ1杯
・チューブ入りすりおろししょうが……小さじ1杯
・水……600ml
・ごま油……大さじ1杯
★きざみねぎ……10g
・すりごま(白)……小さじ1と1/2杯
・きな粉……小さじ1と1/2杯

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

キムチを炒めて使うことで、コクや風味をアップさせました。香りを活かすため、コチュジャンは最後に加えます。すりごまときな粉を合わせたものは、えごま粉の代用です。

■つくり方

1. 具材を切る

じゃがいもの皮をむきます。大きいものを使う場合は半分に切ってください。玉ねぎは1cm幅のくし形切り、豚バラ肉は5~6cmほどに切りましょう。

2. 具材を炒める

鍋にごま油をひいて中火で熱し、豚バラ肉とキムチを炒めます。

豚バラ肉の色が変わったら、じゃがいもと玉ねぎを加えて全体をなじませましょう。

3. 水とコチュジャン以外の調味料を加えて煮る

水・味噌・ダシダ・酒・にんにく・しょうがを加えて混ぜます。

煮立ったらアクを取りましょう。

グラグラしない程度の火加減を保ちながら、20~30分煮込みます。煮過ぎるとじゃがいもが煮崩れてしまうので、途中でつまようじや竹串を刺してやわらかさを確認すると安心です。

4. コチュジャンを加える

コチュジャンを溶かし入れましょう。

5. すりごまときな粉を合わせる

すりごまときな粉を合わせておきます。

6. 仕上げる

器によそい、刻みねぎと5をトッピングして完成です。

■使用した食材はこちら

キムチ 170g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=2533
価格:税込300円

4種類の唐辛子を使い、旨味と辛味を引き立てたポギタイプ(株漬け)のキムチです。ていねいに下漬けした白菜に、具を一つひとつ塗り込みました。塩辛の旨味に、桃やりんごのフルーティーな甘みも加えています。

きざみねぎ 150g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=6809
価格:税込108円

旬の小ねぎを急速冷凍しました。小口切りにしてあるので、そのまま薬味としてお使いいただけます。お料理に彩りを加えたいときにも便利です。

■トッピングやリメイクで二度楽しもう!

身近な材料でつくりやすい、カムジャタン風スープのレシピをご紹介しました。濃厚なコクが加わるチーズをトッピングしてもおいしいので、お好きな方はぜひお試しください。

スープが残ったときは、刻んだねぎや卵を加えてつくる炒飯「ポックンパ」がおすすめ。おこげが絶品です。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2021年3月1日現在の情報です。

TOPへ戻る