金のビーフカレー 200g

セブンプレミアム

アンガス種の黒毛牛肉をじっくり柔らかく煮込み、玉ねぎをじっくり炒め甘味を引き出しなめらかな食感に仕上げた深みとコクのある味わいのカレーです。袋のままレンジで温められ、贅沢な味わいをお楽しみいただけます。

カテゴリ
チルド惣菜
発売日
2018年05月28日
価格
税込386円

商品特集はこちら

コメントを書く

コメントを書くにはログインが必要です。

会員登録されていない方はこちらから

CLOSE

登録しますか?

CLOSE

登録しました

みんなのコメント

26

2018.10.09

ほしけんさん

このカレーのためだけにこのサイトに登録してしまいました。
金のビーフカレーは400円ぐらいとは思えない味のカレーで、よく食べていました。
少し購入に間が空き、数ヶ月ぶりに買ったら、袋から出した時点でどうも様子がおかしい……。
加熱時間を間違えて干からびたのかと思ったくらい、中身が全然違う物になっていました。
ここを見て6月の大改悪リニューアルを知りました。

以前のルーはコクとうまみが凝縮されたとろみのあるものだったのが
しゃばしゃばで水っぽくなり、コクやうまみもどこかに飛んでしまいました。
お肉は以前は家の料理では到底できない、大きくほろほろトロトロに煮込まれたものだったのが
小さく切られカチカチボソボソでゴムみたいになって、かすかに臭みを感じるものに。
スーパーの安カレー肉を特に工夫なく煮た家のカレー以下になってしまいました。

家でも作れずレトルトパウチでもできなかった「金」にふさわしいカレーが、ちょい高レトルト並になりました。
以前の金のビーフカレーはお肉の脂身が多かったので、脂分を減らしたのかも知れませんが
386円の価値はもはや「お肉が多め」という一点くらいです。ボソボソ肉ですけどね。
価格が何十円か安くなっても、品質的には半額以下の価値です。
これを金のビーフカレーという名前で売ってしまうとは、一体どうしてしまったのでしょうか……。

1年ごとに無理にでもリニューアルしないと担当者が死んでしまう呪いにでもかかっているのでしょうか。
毎年リニューアルして悪くなったという意見を目にしています。

私は昨年のものでも美味しいと思っていましたが、
今年のものはここでもTwitterでも「ルーも肉も改悪された」と嘆く書き込みを
昨年までには例がなかったほど多く見かけています。
一応レトルト以上ではあるから、初めて購入した人は美味しいと言ってますが、
リニューアル前を知ってる中で肯定的に書いている方はいませんでした。

セブンプレミアムへの熱が冷めてしまいそうなほどにショックな一品です。
最低でも、次のリニューアルまではもう「あの」金のビーフカレーが食べられないと思うと本当に残念です。
それまでは、ローソンのプレミアムビーフカレーや、トップバリュのタスマニアビーフカレーなど
金の品質が戻るまでのつなぎになりそうなカレーを探してみるしかなさそうです。

2018.08.17

曾良さん

テレビ番組で料理人の評価が高かったので、初購入です。

食べてみるとスパイスのいい香りがしたのも束の間で、
直ぐに異様な甘さを感じ、糖類が添加されているのは
容易に想像がつきました。
パッケージの裏書で確認したところ、上位に「砂糖」と
ありましたので、相当な量の砂糖が入っているのでしょう。

それから、他の方も書かれていますが、肉の質の悪さと
煮込み加減の悪さが伴って、食べるのが苦痛のレベルです。
大きな筋があるにも関われず、煮込み時間が足りず
かなりの歯ごたえで旨味も感じません。

テレビ番組の評価はかなり差し引いて見る必要があるのでしょうが
プロである料理人が「砂糖の効いたカレー」「美味しいとは言えない
牛肉」に高評価を与えるとは開いた口が塞がりません。
ご自身への評価にも跳ね返ってくると思います。

砂糖で甘みで誤魔化すのではなく、玉ねぎなどの甘味で、美味さを
引き出す本物志向のカレーを目指して欲しいです。

開発担当には利益至上主義ではなくプライドを持って開発に
あたって欲しいですし、正直、このレベルの商品にゴーサインを
出した管理職も情けないとしか言いようがありません。

大幅なリニューアルを期待しています。

2018.08.01

アトムさん

今までの大陸のような許容ある肉の固まりは微塵も感じられない。
大きさも小さくなり5~6個 しかもそのうち2個はスジ。
食感悪い!
以前の大きいけどホロホロとろけるからこそプレミアムゴールドの価値がある。
手を抜いたことはすぐにわかる。
コストを下げ肉選びも手を抜く。
客をなめるのもいい加減にしろ!
美味しきゃ買う。クソ不味くなれば買わない!
それだけの事!
自分のブログに載せる価値無し!!!

TOPへ戻る