基本のオクラ納豆レシピ。ちょい足しで楽しむ3つのアレンジも

2023年04月13日 更新

基本のオクラ納豆レシピ。ちょい足しで楽しむ3つのアレンジも

■基本のオクラ納豆のレシピ。ちょい足しで楽しむ3つのアレンジも(調理時間:5分)

オクラと納豆のツルツル・ネバネバで、暑い時期や食欲がない時でもスルっと食べやすいひと品です。材料は4つ、切って混ぜるだけとシンプルなレシピですが、ちょっとしたコツを押さえることでワンランク上のおいしさに仕上がります。

塩もみしてからゆでるオクラは、口あたりがよく色鮮やか。ゆで過ぎるとシャキシャキ感が損なわれてしまうため注意しましょう。

                  

■食材

 

【4人分】

・オクラ……8本(70g)

極小粒納豆……2パック(90g)

かつおソフト削り……3g

・しょうゆ……小さじ1杯

                                

★=セブンプレミアムです。

■作り方

1. オクラに塩少々(分量外)をまぶして軽くこすり、うぶ毛を取ります。

 

2. 鍋にお湯を沸かし、1のオクラを入れて1分ゆでます。

 

3. ゆで終わったら冷水にとって冷まします。

4. キッチンペーパーでオクラの水気を取り、5mm幅の小口切りにします。

 

5. 納豆をボウルに入れ、粘りが出るまで混ぜます。4のオクラを加えて混ぜ合わせます。

 

6. かつおぶしとしょうゆを加えてさらに混ぜれば完成です。

 

■ポイント・コツ

オクラの下ごしらえが最大のポイント。塩でこすることでうぶ毛が取れて口あたりがよくなるほか、ゆでたあともきれいな色味をキープできます。オクラは混ぜすぎると形が崩れてしまうので、先に納豆をよく混ぜてから加えるようにしましょう。

■ちょい足し具材で楽しむ。おすすめアレンジ3選

さっぱり和風の定番。梅オクラ納豆

 

梅干し1個を刻んで合わせるだけの、とても手軽なアレンジです。基本のレシピに梅のさわやかな酸味がプラスされ、さっぱりとした食べ心地に。そば・うどん・そうめんといった和食の麺と特に相性抜群です。

酢やポン酢を足してさらに酸味をプラスしたり、わさびを足して辛みを加えたりしてもおいしく仕上がります。

ピリ辛スタミナメニューに。キムチオクラ納豆

 

大さじ1杯のキムチをそのまま加えるだけで、パンチのきいた味わいに。シャキシャキの食感とピリ辛さで、箸がどんどんすすみます。お好みでごま油やコチュジャンを加えると、韓国料理風の味わいに。

豆腐にトッピングしたり、ごはんにのせて丼にしたりしてもおいしいですよ。辛味をやわらげたい時は、マヨネーズを加えてコクをアップさせるのもおすすめです。

食感と旨味をプラス。ちくわオクラ納豆

 

プリプリのちくわ1本を輪切りにして混ぜれば、食べごたえのある副菜に。包丁を使いたくない時は、ちくわもオクラもキッチンばさみで切りましょう。

仕上げに白いりごまを散らし、プチプチ食感を加えるのがポイント。ほかに長芋やみょうが、塩こんぶやいかを加えるアレンジもおすすめです。

■オクラ納豆は幅広いシーンで大活躍!

ねばねば食材のオクラと納豆は、相性抜群のベストコンビ。少し手間ですが、オクラのうぶ毛を取ることで口あたりよく仕上がります。そのまま食べるもよし、豆腐やサラダ、麵料理にトッピングするのもよし。ぜひいろいろなシーンでお役立てください。

                                                                                                                                                                                                                                                               

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。

※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。

※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。

※表示価格は8%の消費税額を加えた税込価格となります。(酒類等の軽減税率対象外商品は10%の消費税を加算)

※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。

※20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類の販売はいたしません。

※はちみつは、1歳未満の乳児には与えないでください。

※2023年4月13日現在の情報です。

関連キーワード

おすすめ記事

ヨーグルトで簡単「ベイクドチーズケーキ風」のレシピ。食べ方のポイントも!

2022.06.17

ヨーグルトで簡単「ベイクドチーズケーキ風」のレシピ。食べ方のポイントも!

■しっとり濃厚。ヨーグルトベイクドチーズケーキ風(調理時間:60分) 無糖のプレーンヨーグルトで作る、ベイクドチーズケーキ風のレシピです。チーズを使っていないのになぜかチーズケーキのような味が楽しめます。ポイントはヨーグルトとレモン果汁を入れること。このふたつがチーズケーキのよう

プレゼントにもぴったり!お店レベルの絶品「カヌレ」のレシピ【元パティシエ考案】

2022.06.09

プレゼントにもぴったり!お店レベルの絶品「カヌレ」のレシピ【元パティシエ考案】

■「カヌレ」のレシピを紹介するのは…… 週3日は家でお菓子作りをしている元パティシエです。好きなお菓子は焼き菓子で、特にカヌレが大好き!ケーキ屋さんに行ったら必ず購入し、いろいろなお店のカヌレを日々研究しています。 ■元パティシエ考案!大絶賛の絶品カヌレ(調理時間:80分

冷凍あさりでかんたん。「ボンゴレビアンコ」のレシピ

2021.07.12

冷凍あさりでかんたん。「ボンゴレビアンコ」のレシピ

■冷凍あさりでもしっかりおいしい!ボンゴレビアンコ(調理時間:10分) むき身の冷凍あさりでつくる「ボンゴレビアンコ」のレシピです。冷凍あさりは凍ったまま使えるうえ、殻がなくて食べやすいのが魅力。忙しい時でも気軽につくっていただけます。 ■材料(1人分) ・冷凍あさり(むき身)…&h

お家で簡単!パリパリ「フルーツ飴」の作り方

2021.08.20

お家で簡単!パリパリ「フルーツ飴」の作り方

■カラフルなフルーツで楽しむ。フルーツ飴のレシピ(調理時間:15分) お祭りの屋台で見かけるフルーツ飴が、お家で簡単に作れるレシピです。使用するフルーツはお好みでOK。定番のいちごのほか、ぶどうやパイナップルなど、カラフルなフルーツを使うのがおすすめです。 ■材料(作りやすい分量) ・

おすすめ特集