ゆで卵は何分ゆでるのが最適?好みの固さに仕上げる方法とは

2022年11月14日 更新

ゆで卵は何分が最適?ゆで時間と仕上がりの目安

■半熟や固ゆでは何分ゆでる?ゆで卵の基本の作り方

ゆで卵を作る際、同じゆで時間でも仕上がりに差がでてしまったことはありませんか?じつは常温に戻した卵・冷蔵庫から出したての卵、沸騰したお湯・水など、使用する卵の温度やゆで方によって、同じゆで時間でも固さに違いがでることがあります。

本記事では、沸騰したお湯に冷蔵庫から出したての卵を入れてゆでるゆで卵の基本レシピをご紹介。この方法だと温度が安定しやすいので、毎回同じ固さにゆでることができます。

                                                                                                                                                                                 

沸騰してから何分?仕上がりの目安

沸騰したお湯に冷蔵庫から出したての卵を入れてゆでた場合の仕上がりは、以下を目安にしてください。ただし使用する卵のサイズや冷蔵庫の温度、季節によって差が出ることもあるので、おうちで試して好みのゆで時間を探してみるのがおすすめです。

6分:卵を半分に切ると、とろりと黄身が溢れる半熟の仕上がり

7分:黄身の中心部はとろとろの半熟、白身もふわっとした仕上がり

8分:黄身はねっとり、白身はしっかりと食感を感じられる仕上がり

9分:黄身の外側の部分はしっかりとしていながら、中心部はねっとりとした仕上がり

10分:黄身は全体的に固まっていますが、しっとりとねっとりの両方の食感が楽しめる

11分:黄身は中心部分の色が鮮やかで、全体的にしっとりとした仕上がり

12分:黄身には火が入り、しっとりホロホロの仕上がり

13分:しっかりめの固ゆで卵。口に含むと黄身がホロホロと崩れる仕上がり

■材料(作りやすい分量)

・卵……必要数

・水……適量

・氷……適量

■作り方

1.卵をゆでる

 

鍋に卵がしっかりと浸かる量の水を入れ、湯を沸かします。冷蔵庫から出したての卵をお玉を使ってそっと入れ、6~13分ほど、好みの仕上がりに合わせてゆでます。ブクブクと沸騰させると卵が弾んで割れやすくなるので、ふつふつと沸騰する火力をキープしましょう。

2. 冷水で冷やす

 

卵がゆで上がったら冷水に入れて冷やします。お湯にいれたまま放置すると、余熱で火が通り固くなってしまうので注意しましょう。特に半熟卵は素早く冷ますことが大切です。卵が冷えたら、殻をむいてお召し上がりください。

殻をむく際は少し多めに卵にひびを入れ、流水をかけながらか、水を張ったボウルに入れて作業するのがおすすめ。水によって滑りがよくなり、殻をはがしやすくなります。

■ゆで卵を作るときのコツ

卵が割れるのを防ぐには

沸騰したお湯に冷蔵庫から出した卵を入れる際は、お玉を使ってそっと入れるのがポイント。卵は急な温度変化によって割れやすいので、鍋にコツンと当たらないように注意して入れましょう。

                                                                                                                                                                                 

黄身を中心にするには

卵を入れたら2分ほど菜箸でゆっくりと卵を回転させると、黄身を中心にすることができます。見栄えよく仕上げたいときはぜひお試しください。

                                                                                                                                                                                 

殻をむきやすい卵の選び方

卵は新鮮なものほど殻をむきにくい特徴があります。よってゆで卵を作るときは、生まれてから3~7日ほど経っている卵を使うのがおすすめです。またゆでる前の卵に穴をあけておくことで殻をむきやすくする方法も。穴は卵の膨らんでいるほう(尖っているほうと逆側)にあけてください。穴をあけるための専用の道具は、100円ショップなどで購入できます。

                                                                                                                                                                                 

■水からゆで卵を作る方法は?

 

卵を水からゆでると、ひび割れしにくいというメリットがあります。作り方は上記と同じで、鍋に卵と水を入れ、軽く泡立つ沸騰状態を保ちながらゆでればOK。加熱時間は半熟なら7~8分、固ゆでは12~14分を目安にしてください。余熱で火が通るのを防ぐため、ゆで上がったら冷水で冷やすのも忘れずに♪

                                                                                                                                                                                 

■時短で完成!ゆで卵の簡単アレンジレシピ

 

そのまま食べてもおいしいゆで卵ですが、ちょっと手を加えるだけでおしゃれなひと皿に大変身!ピザソースを塗ってトースターで焼けば、おつまみやパーティーにぴったりな料理が完成します。ピザソースがなければ、マヨネーズやケチャップで代用してもおいしく仕上がりますよ。

【レシピはこちら】

https://7premium.jp/blog/detail?id=440

                                                                                                                                                                                 

■使用した食材はこちら

こだわり新鮮たまご

https://7premium.jp/product/search/detail?id=4246 

価格:税込257円

マリーゴールドやハーブを混ぜたこだわりの飼料で育てた親鶏の卵です。出荷から輸送、店頭までチルド状態で運ぶことにより鮮度を保っています。

                                                                                                                                                                                 

■今すぐ食べたい時はこちらがおすすめ

味付き半熟ゆでたまご 1個入

https://7premium.jp/product/search/detail?id=3806 

価格:税込84円

「伯方の塩」でほどよい塩加減に仕上げた、味付きの半熟卵です。そのまま食べるほか、スライスしてサラダにトッピングしたり、細かく刻んでソースの材料にしたりと、さまざまなアレンジが楽しめます。

                                                                                                                                                                                 

■何分かはお好みで♪ ゆで卵の作り方をマスター

卵のゆで時間をマスターすれば、とろとろ半熟ゆで卵からしっかりホロホロの固ゆで卵まで、自由自在に調整できます。煮卵を作るときは半熟、サラダの具材にするときは固ゆでなど、料理と合わせてゆで時間を変えてみてください。

                                                                                                                                                                                 

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。

※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。

※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。

※表示価格は8%の消費税額を加えた税込価格となります。(酒類等の軽減税率対象外商品は10%の消費税を加算)

※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。

※20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類の販売はいたしません。

※はちみつは、1歳未満の乳児には与えないでください。

※2022年11月14日現在の情報です。

関連キーワード

おすすめ記事

中華料理店のあの味を再現!チャーハンにぴったりなスープのレシピ

2022.05.10

中華料理店のあの味を再現!チャーハンにぴったりなスープのレシピ

■身近な材料で簡単!チャーハンについてくるスープのレシピ(調理時間:5分) 中華料理店のチャーハンに添えられているスープは、しょうゆベースの素朴な味わい。具材はたいてい長ねぎのみですが、「なぜかやみつきになる」という人が多いのではないでしょうか?この記事では、中華料理店でチャーハ

チューブ入りにんにくで!ガーリックライスのレシピ

2022.01.24

チューブ入りにんにくで!ガーリックライスのレシピ

■お肉料理と一緒に食べたい!ガーリックライスの基本レシピ(調理時間10分) にんにくのかわりに市販のチューブ入りにんにくを使った、シンプルでお手軽なガーリックライスです。面倒なにんにくの皮むきが必要なく、手に匂いがつきにくいのがメリット。にんにくは焦げやすいので、手早くさっと炒め上

自家製がおいしい。オイルサーディンの作り方

2023.01.24

自家製がおいしい。オイルサーディンの作り方

■自家製がおいしい。オイルサーディンの作り方(調理時間:80分 ※いわしを食塩水に漬ける時間と冷ます時間は除きます) オイルサーディンとは、下処理したいわしを油やハーブと一緒に漬ける料理のこと。アンチョビと似ていますが、アンチョビは塩漬けにしたいわしを使うところに違いがあります。

お弁当やおつまみに!ウインナーだけで作る3種のおかずレシピ

2022.11.22

ウインナーだけで作る3種の簡単おかずレシピ。お弁当やおつまみに大活躍

■ウインナーだけでいろいろなおかずが作れる!   焼くだけでおかずになるウインナー。しかしいつも同じ食べ方では、献立がマンネリ化してしまいますよね。そこでおすすめしたいのが、ウインナーだけでできる簡単アレンジ。わさび炒め・ケチャップ炒め・レモンバジル炒めと、バラエティ豊かなラ

おすすめ特集