2022.05.10

10分でパパッと完成!絶品しらす料理3選【和風・韓国風・イタリアン風】

釜揚げしらすで作る、おすすめ料理3品をご紹介します。和風・韓国風・イタリアン風と、バラエティ豊かにお届け。どれも調理にかかるのは10分以内なので、その日の献立に合ったものをチョイスし、気軽に挑戦してみてください。おかずとしてはもちろん、おつまみにもぜひどうぞ。

■しらすをいろいろな料理にアレンジしよう!

「しらす」とは、イワシ・ウナギ・イカナゴ・アユ・ニシンなど、体に色素を持たない透き通った稚魚のことを指します。市場に流通するのは主に、カタクチイワシやマイワシ、ウルメイワシの稚魚です。
生しらすを塩ゆでし、水分量を8割ほど残したものは「釜揚げしらす」。さらに干して、水分量を7割ほどにしたものは「しらす干し」、5割以下にしたものは「ちりめんじゃこ」と呼ばれます。これらは生しらすよりも日持ちしやすく、ほどよい塩気が持ち味です。工夫次第であらゆる料理に重宝します。

■1. 【和風】ふっくらしっとり!しらすと小ねぎのオープン卵焼き(調理時間:10分)

小ねぎをたっぷりと入れて卵焼きを作り、しらすをトッピングするだけの簡単レシピです。巻かずに仕上げるオープンタイプなので、むずかしい工程は一切なし。わずか10分でパパッと完成します。
おいしく調理するポイントは、卵液にマヨネーズを入れること。乳化された植物油や酢が、加熱によるたんぱく質の結合をやわらげ、卵がふんわりと焼き上がります。またしらすを最後にのせるのも、素材本来のしっとり感を活かす秘訣です。卵の焼き加減はお好みでOK!半熟としっかり焼き、どちらでもおいしくお召し上がりいただけます。

材料(2人分/直径16cmの卵焼き1枚分)

・釜揚げしらす……大さじ3杯(約20g)
・小ねぎ……1本
・卵……3個
・マヨネーズ……大さじ2杯
香りが贅沢な生にんにく……小さじ1/2杯
あらびきこしょう……少々
・めんつゆ(3倍濃縮)……小さじ1杯
・サラダ油……大さじ1杯

★=セブンプレミアムです。

作り方

1. 小ねぎを小口切りにする

小ねぎの根元を5mmほど切り落とします。



小ねぎを半分に切ります。



切った小ねぎを束ねて、さらに半分に切ります。



再び束ねて、端から5mm幅に切ります。

2. 卵液を作る

ボウルに卵を割り入れます。



マヨネーズ・にんにく(すりおろし)・粗挽きこしょうを入れます。マヨネーズを入れることで、卵がふんわりと焼き上がります。



よくかき混ぜます。マヨネーズが溶け切らなくても大丈夫です。



小ねぎを加え、もう一度軽くかき混ぜます。

3. 卵を焼く

フライパンにサラダ油を入れ、中火にかけます。



油が温まったら、フライパンをまわして油を全面になじませます。



卵液を一気に流し込みます。



卵の端のほうがすぐに焼き固まるので、焼けた部分を箸で内側に寄せます(空いたスペースに自然と卵液が流れ込みます)。



火を少し弱め、焼き固まった部分をどんどん内側に寄せていきます。



全体が好みの加減に焼けたら、火を消します。

4. 盛り付ける

卵焼きをフライパンから皿に滑らせ、盛り付けます。



めんつゆを卵焼き全体にまわしかけます。



釜揚げしらすをまんべんなくトッピングして完成です。

コツ・ポイント

卵液にマヨネーズを加えること、しらすを最後にトッピングすることがポイント。ふっくらしっとりと仕上がります。

TOPへ戻る