2022.06.17

疲れた日のあとひと品に!キャベツの簡単副菜レシピ3選【調理時間10分以内】

調理時間わずか10分以内でできる、キャベツの簡単副菜レシピ3選をご紹介します。どれもまな板・包丁・フライパンを使わず、メイン食材はほぼキャベツだけ!疲れて手抜きしたい日のあとひと品に、重宝すること間違いなしですよ。お給料日前の節約メニューや、キャベツをまるごと1個買った時の大量消費にもぜひどうぞ♪

■「キャベツの簡単副菜レシピ3選」を紹介するのは……

リーズナブルな食材を使い、日々いろいろな簡単レシピを研究している主婦ライターです。なかでもキャベツは通年手頃な価格で手に入るため、我が家では使用頻度がかなり高い食材。献立がマンネリ化しないよう、調理法や味付けを工夫しながら取り入れています。
そんな筆者が、早い・安い・おいしいの3拍子そろった、キャベツの副菜レシピ3選をご紹介します♪

■「手抜きしたい……」を叶える!キャベツの簡単副菜レシピ3選

「あ〜疲れた。今日は料理を手抜きしたい……」なんてこと、たまにありませんか?筆者はよくあります。そんなのあとひと品は、なるべく手軽に作れて、調理後の後片付けも楽だと嬉しいですよね。というわけで誕生したのが、これから紹介するキャベツの簡単副菜レシピです。
キャベツは手でちぎるため、まな板や包丁いらず!また3品それぞれ“和えるだけ・チンするだけ・トースターで焼くだけ”なので、フライパンすら使いませんよ。いろいろなメニューにマッチするよう、味付けもバラエティ豊かに取りそろえています。その日の献立に合ったものが見つかること請け合いです♪

■1. 肉料理のお供に最高!キャベツのやみつき和え(調理時間:5分)

ちぎったキャベツをポリ袋に入れ、たれで和えるだけの超お手軽レシピです。簡単なだけでなく、洗い物をほとんど出さずに済むのが嬉しい魅力。ずぼら調理ながらもちゃんとおいしくて、食べる人みんなに喜ばれるひと品ですよ。
肉料理と相性がよいため、焼肉・しょうが焼き・チキンソテーのお供にぜひどうぞ。味が濃い目なので、おつまみにもいいと思います。海苔があれば一緒に和えると、風味がプラスされてこれまた絶品です!

材料(2人分)

・キャベツ……正味150g

〈たれ〉
・白すりごま……大さじ1杯
★香りが贅沢な 生にんにく(にんにく すりおろし)……小さじ1/2杯
・鶏ガラスープの素……小さじ1杯
・だしの素……小さじ1/2杯
★あらびきこしょう……少々
・ごま油……大さじ1杯

★=セブンプレミアムです。

作り方

・1. たれを作る

ポリ袋の中にたれの材料をすべて入れます。

袋の上から軽くもみ、調味料を混ぜ合わせます。

・2. キャベツを加えて和える

キャベツを食べやすい大きさにちぎり、ポリ袋の中に加えます。

袋の上からよくもみ、キャベツにたれをなじませます。

皿に盛り付ければ完成です。

コツ・ポイント

私好みのやや濃い目の味付けです(笑)。薄味がお好みの方は、鶏ガラスープの素やだしの素の量を少し減らしてくださいね。ピリ辛にしたい場合は、豆板醤やラー油を少し加えるとグッドですよ。なお薄手のポリ袋をお使いの場合は、もんでいる最中に破れてしまうと悲しいので、2重にすることをおすすめします。
作りたてはもちろんですが、時間が経ってクタクタになった頃も絶品です。筆者の場合「今日は帰りが遅くなりそう」というときは、朝のうちに仕込んで夜まで冷蔵庫に入れておくこともしばしば。

TOPへ戻る