2022.07.21

10分で簡単。ゴーヤのおすすめ副菜レシピ3選【苦みを和らげる下ごしらえ付き】

10分でチャチャッと作れる、ゴーヤのおすすめ副菜レシピ3選をご紹介します。甘酢しょうゆ漬け・みそ炒め・ツナマヨ和えと、バラエティ豊かなラインアップです。ゴーヤ料理のレパートリーを増やしたい方は、ぜひ3品すべてお試しください!ゴーヤの苦みがやわらぐ、上手な下ごしらえ方法も合わせてお届けします。

■チャンプルーだけじゃない!ゴーヤは副菜にも大活躍

シャキシャキの歯ごたえとほろ苦さが持ち味のゴーヤ。チャンプルーにして食べることの多い食材ですが、ほかにもさまざまなおかず作りに役立つのをご存じでしょうか?
チンして甘酢しょうゆに漬けたり、炒めてみそだれを絡めたり、サッとゆでてツナマヨネーズで和えたり……。調理法や味付けをひと工夫すれば、レパートリーの幅がグンと広がります。

■ゴーヤの苦みをやわらげる。上手な下ごしらえ方法(調理時間:10〜15分)

そのままではちょっぴり苦みの強いゴーヤ。「食べにくい」という方は、調理前に下ごしらえをするとグッドです。
やり方はいたって簡単。ゴーヤを薄切りにし、塩と砂糖をまぶしてもむだけです。あとは洗って水気を切ったら、いつも通りに使えばOK!苦みがグッとやわらぐので、ゴーヤが苦手な子ども喜んで食べてくれることでしょう。

材料(作りやすい分量)

・ゴーヤ……好きなだけ
・塩……中サイズのゴーヤ(200〜250g)1本に対し小さじ1/2杯
・砂糖……中サイズのゴーヤ(200〜250g)1本に対し小さじ2杯

手順

・1. ゴーヤを縦半分に切り、種とわたを取る

ゴーヤを洗い、両端を切り落とします。

縦半分に切ります。

スプーンで種とわたをすくい取ります。わたはそれほど苦みがないので、すべて取り除こうとする必要はありません。

・2. 使用目的に合わせて切る

まな板の上にゴーヤの断面を下に向けて置き、使う料理に合った厚みに切ります。炒め物に使うなら5mmほど、サラダ・おひたし・和え物にするなら2〜3mmほどに切るのがおすすめです。

・3. 塩と砂糖をまぶし、手でもむ

ゴーヤをボウルに入れ、塩と砂糖を振ります。

ゴーヤから水気がじんわりと出てくるまで手でよくもみ、そのまま5〜10分ほど置いておきます。

ザルに上げ、流水で塩と砂糖を洗い流します。塩や砂糖がついたままでも構いませんが、料理の味に影響するため、洗い流すことをおすすめします。

水気をしっかりと切れば完了です。

■1. 電子レンジで簡単!ゴーヤの甘酢しょうゆ漬け(調理時間:10分 ※漬け込む時間は含みません)

ゴーヤを電子レンジで加熱し、甘酢しょうゆに漬け込むだけのお手軽レシピです。ゴーヤのほろ苦さに酢のさっぱり感がマッチし、食べ出したら止まらなくなること間違いなし。
ごはんのお供としてはもちろん、そばやうどん、冷やし中華などのトッピングにも重宝します。冷蔵で3日ほど日持ちするため、常備菜になるのが魅力です。

材料(2〜3人分)

・ゴーヤ(200〜250g)……1本分(2〜3mm幅に切り、下処理したものを使用)
★かつおソフト削り……適量

〈漬け汁〉
・しょうゆ……大さじ1と1/2杯
・みりん……大さじ1杯
・砂糖……大さじ1杯
・穀物酢……小さじ2杯
・ごま油……小さじ2杯

★=セブンプレミアムです。

作り方

・1. 漬け汁を作る

容器に漬け汁の材料を入れてかき混ぜ、砂糖を溶かします。

・2. ゴーヤを電子レンジで加熱する

耐熱皿にゴーヤを平たく広げ、ふんわりとラップをかけます。

電子レンジ600Wで2分加熱し、ラップを外します。

・3. ゴーヤを漬ける

ゴーヤが熱いうちに1の漬け汁に入れ、混ぜ合わせます。

粗熱が取れたらラップをかけ、冷蔵庫で冷やします。途中何度か取り出し、底からかき混ぜてください。

1時間以上漬け込んだら器に盛り、かつおぶしをかければ完成です。

コツ・ポイント

使用する電子レンジの機種により、ゴーヤの加熱時間は適宜調節してください。
漬けてから1時間ほどで食べられますが、ひと晩置くとさらに味なじみがよくなり絶品です。
煮沸消毒した密閉容器に入れて冷蔵庫で保存すれば、3日ほど日持ちします。取り出す際は清潔な箸をご使用ください。

TOPへ戻る