卵とごはんで作るやさしい味。ふわふわ卵おじやのレシピ

2023年02月22日 更新

卵とごはんで作るやさしい味。ふわふわ卵おじやのレシピ

■卵とごはんで作るやさしい味。ふわふわ卵おじやのレシピ(調理時間:10分)

やわらかなごはんとふわふわ卵の組み合わせが楽しめる、温かな「卵おじや」のレシピです。とろりとした舌触りと上品なお出汁で、ほっとするような味わいが楽しめます。ほんのり香るポン酢で後味はさわやか。ポン酢がない場合は同量のしょうゆでもおいしく作れます。

メイン材料ふたつで手軽に作れるので、朝ごはんや夜食にぴったり。とろとろやさしい味わいは、お酒を飲んだあとのシメにもおすすめです。

■食材

 

【2人分】

・ごはん(冷たいもの)……180g

まいにち新鮮たまご……2個

だしの素……小さじ1杯

・ポン酢……小さじ1と1/2杯

・もみ海苔……適量

・小口ねぎ……適量

・水……600ml

                                                                                                                                                                                                                 

★=セブンプレミアムです。

■作り方

1. 鍋に水とだしの素を入れてよく溶かします。中火にかけて煮立ったら冷たいごはんを加えてほぐし、5分ほど煮ます。

 

2. ごはんを煮ている間に、卵を軽く溶きほぐしておきます。白身の塊がところどころ残っていても構いません。

 

3. ごはんがほどよく出汁を吸い、やわらかく煮えたところに卵を加えます。中心から円を描くように全体に回し入れたら弱火にして、大きくゆっくりと混ぜます。

 

4. 卵が固まり始めたら火を止め、ポン酢を回し入れてざっと混ぜます。

 

5. 4のおじやを器によそい、もみ海苔と小口ねぎを散らして完成です。

■ポイント・コツ

とろっと仕上げたいおじやには、冷やごはんを使うのがおすすめ。冷たいごはんを入れると煮汁の温度が一旦下がり、加熱を続けることで鍋の中で対流がおこります。ごはんの中心が温まる前に表面が先にやわらかく煮えて崩れやすくなり、煮汁の対流で粒がぶつかり合うと、それがとろみのもとになるためです。

■具材や調味料のおすすめアレンジ

シンプルな卵おじやにみそをを加えると、コクと深みのある味わいに。だしの素とポン酢の代わりに白だしやめんつゆを使うと、より手軽に作れます。

卵と相性の良い鶏肉や野菜をプラスして、ボリュームアップさせるのもおすすめ。基本のおじやにキムチとチーズを加えると、ピリッとまろやかな韓国風卵雑炊ができあがります。

【卵とチーズのキムチ雑炊のレシピはこちら】

https://7premium.jp/recipe/search/detail?id=9436

■今すぐ食べたい時はこちらがおすすめ

たまごがゆ 250g

https://7premium.jp/product/search/detail?id=4169

価格:税込108円

ストックに便利なレトルトタイプのおかゆです。宮城県産のお米を岐阜の清水で炊きあげ、こだわりの新鮮たまごをふんわりと溶き入れて仕上げました。とろりとした舌触りと、やさしいかつおの風味をお楽しみください。

■シンプルだからアレンジしやすい。卵おじやを作ろう

卵とごはんがあればパパッと作れる「卵おじや」は、忙しい時の朝食や簡単に済ませたい夜食におすすめのひと品です。やさしく素朴な味わいは幅広い年齢層に好まれるため、レパートリーに加えておけばさまざまなシーンで重宝します。

シンプルだからこそ、冷蔵庫にある食材を活用したり調味料を工夫したりと楽しみ方もいろいろ。そのままでもアレンジしても喜ばれる卵おじやを、ぜひ作ってみてください。                                                                                                                                                                                                                

写真・文/とも花

料理家 / レシピライター

息子ふたりと夫と私の4人家族。手間をかけるところと省けるところのメリハリをつけ、作って楽しく身近な人に「おいしい!」と喜んでもらえるようなレシピを考案しています。

https://lit.link/tomoka756

                                                                                                                                                                                                                 

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。

※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。

※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。

※表示価格は8%の消費税額を加えた税込価格となります。(酒類等の軽減税率対象外商品は10%の消費税を加算)

※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。

※20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類の販売はいたしません。

※はちみつは、1歳未満の乳児には与えないでください。

※2023年2月22日現在の情報です。

関連キーワード

おすすめ記事

プレゼントにもぴったり!お店レベルの絶品「カヌレ」のレシピ【元パティシエ考案】

2022.06.09

プレゼントにもぴったり!お店レベルの絶品「カヌレ」のレシピ【元パティシエ考案】

■「カヌレ」のレシピを紹介するのは…… 週3日は家でお菓子作りをしている元パティシエです。好きなお菓子は焼き菓子で、特にカヌレが大好き!ケーキ屋さんに行ったら必ず購入し、いろいろなお店のカヌレを日々研究しています。 ■元パティシエ考案!大絶賛の絶品カヌレ(調理時間:80分

あとひと品にぴったり!「キャベツと卵のお好み焼き風」レシピ

2023.02.16

メイン材料2つで簡単!キャベツと卵のお好み焼き風レシピ

■メイン材料2つで簡単!キャベツと卵のお好み焼き風レシピ(調理時間:15分) 炒めたキャベツに卵をまわしかけ、フライパンで焼くだけの簡単レシピ。メイン材料2つ&調理時間15分でできるため、パパッと調理を済ませたい時に適しています。 お好み焼き風ですが、小麦粉を使わないのがポイント。し

ホットケーキミックスで簡単!ひと口チョコスコーンのレシピ【元パティシエ考案】

2022.07.21

ホットケーキミックスで簡単!ひと口チョコスコーンのレシピ【元パティシエ考案】

■ザクザク食感。ひと口チョコスコーン(調理時間:30分) 元パティシエの筆者がご紹介する、材料4つを混ぜて焼くだけの簡単スコーンのレシピです。通常のスコーンはバターを溶かさないようにして作りますが、このレシピは溶かしバターを使うので少し硬めのザクザクッとした食感を楽しめます。バター

自家製がおいしい。オイルサーディンの作り方

2023.01.24

自家製がおいしい。オイルサーディンの作り方

■自家製がおいしい。オイルサーディンの作り方(調理時間:80分 ※いわしを食塩水に漬ける時間と冷ます時間は除きます) オイルサーディンとは、下処理したいわしを油やハーブと一緒に漬ける料理のこと。アンチョビと似ていますが、アンチョビは塩漬けにしたいわしを使うところに違いがあります。

おすすめ特集