うどんのおすすめ具材30選!定番から変わり種まで勢ぞろい(3ページ目)

2022年02月24日 更新

うどんのおすすめ具材30選!定番から変わり種まで勢ぞろい

■ボリュームアップにおすすめのうどん具材5選

19.おでん


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3337
価格:税込494円

おでんが余ったら、翌日はうどんの具材にしてみましょう。うどんとおでんは味付けが似ているので、ケンカをせずにしっかりとなじみます。大根・はんぺん・つみれ・昆布と、お好きなものを自由にトッピングしてください。たくさんのせればにぎやかな一杯になり、ごちそう感が生まれます。

20.切り餅


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3357
価格:税込311円

餅を焼いてうどんにのせれば、ガツンとボリューミーな「力うどん」ができあがり。炭水化物同士の組み合わせなので、文句なしの食べごたえです。うどん屋さん風に仕上げるなら、餅を油で揚げてみてください。カリカリもちもちの食感になり、一度食べたら忘れられないおいしさに。油揚げに餅を詰め、巾着にしたものをトッピングするのもおすすめです。

21.コロッケ


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3133
価格:税込192円

そばと相性のよいコロッケは、うどんともベストマッチ。コロッケひとつのせるだけで、ほかに具材がいらないくらいのボリューム感に仕上がります。サクサクの衣につゆが染み込み、どこか懐かしい素朴な味わいに。ポテトコロッケだけでなく、カレーコロッケやかぼちゃコロッケなど、お好きなコロッケでどうぞ。

22.さば味噌煮缶


https://7premium.jp/product/search/detail?id=197
価格:税込235円

さば味噌煮缶を使って、「味噌煮込みうどん」を作ってみてはいかがでしょう。鍋に缶汁と水を入れ、しょうゆやみりんで味を調えればつゆの完成です。あとはうどんを加えて煮込み、さば味噌をトッピングすればOK。こってり甘辛い味付けで、食がどんどん進みます。年齢層問わず喜ばれること間違いなしです。

23.ウインナーソーセージ


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3167
価格:税込162円

ウインナーソーセージをトッピングすると、ポトフのようなテイストに。キャベツ・にんじんを足せば、さらにボリュームがアップします。つゆの味付けはめんつゆではなく、白だしを使うのがおすすめ。ウインナーソーセージからもだしが出て、奥深い味わいに仕上がります。洋風うどんが食べたいにぴったりです。

関連キーワード

おすすめ記事

爪楊枝なしでつくれる!アスパラベーコン巻きの基本レシピ

2023.01.24

爪楊枝なしで簡単に作れる!アスパラベーコン巻きのレシピ

■爪楊枝なしで簡単に作れる!アスパラベーコン巻きのレシピ(調理時間:15分) アスパラガスをベーコンで巻き、玉子焼き器で焼くだけの簡単レシピです。彩りが良く食べごたえも満点で、お弁当からおつまみまであらゆるシーンで大活躍のひと品。アスパラガスはゆでずにレンジで加熱するので、調理時

簡単「フランスパン」のレシピ。手作りバゲットにチャレンジ!

2021.12.27

簡単「フランスパン」のレシピ。手作りバゲットにチャレンジ!

■パリッと香ばしい。フランスパン(調理時間:4時間) ご家庭のオーブンで焼ける、30cmサイズのバゲット(バタール)を2本作りましょう。小麦の香ばしさや旨味を楽しめるシンプルな配合です。フランスパン用の準強力粉の代わりに、強力粉と薄力粉を8:2でブレンドして使用します。 ■材料(30cmサイズ

チューブ入りにんにくで!ガーリックライスのレシピ

2022.01.24

チューブ入りにんにくで!ガーリックライスのレシピ

■お肉料理と一緒に食べたい!ガーリックライスの基本レシピ(調理時間10分) にんにくのかわりに市販のチューブ入りにんにくを使った、シンプルでお手軽なガーリックライスです。面倒なにんにくの皮むきが必要なく、手に匂いがつきにくいのがメリット。にんにくは焦げやすいので、手早くさっと炒め上

お刺身に合う献立レシピ15選!副菜から汁物まで

2023.01.19

お刺身に合う献立レシピ15選!副菜から汁物まで

■お刺身の日の献立にはどんなおかずが合う? 食卓を豪華に彩ってくれるお刺身。おいしいのはもちろんのこと、買ってきてそのまま食卓に並べられるのもうれしい便利なひと品です。 お刺身を中心にさっぱりとした献立にまとめたい時は、野菜のおひたしやきんぴらなどを合わせるのがポイント。お刺身の

おすすめ特集