2020.10.09

お弁当に便利!レンジで簡単「大根とツナのコチュジャン煮」

味のしみた大根に、ツナの旨味がじゅわり。お弁当にあとひと品ほしい時や、つくり置きにも便利な、煮もののレシピをご紹介いたします。コチュジャンを使った甘辛味は、白いごはんと相性抜群です。お酒のおつまみとしても、ぜひどうぞ。

■クセになる旨辛味!大根とツナのコチュジャン煮(調理時間:約20分)

コチュジャンのピリ辛さと胡麻の香りが食欲をかき立てる、韓国風の煮物です。つくりたてもおいしいですが、ひと冷ましすると、よりじんわりと深い味わいに。お弁当に入れれば、食べる頃にはしっかりと味がしみ込んでいます。
おつまみとして楽しむ場合は、ニンニクや鷹の爪を少量加えるアレンジもおすすめです。

■材料(3~4人分)

・大根……300g
★シーチキンLフレーク……1缶(70g)
・ニンジン……3cm
・キヌサヤ……4本
・砂糖……小さじ2杯
・醤油……小さじ2杯
・コチュジャン……小さじ1杯
・水……40ml
・胡麻油……小さじ2杯
★鉄釜焙煎白いりごま……適量

★=セブンプレミアムです。

■調理と食材選びのポイント

大根はなるべく厚さが均等になるように切りましょう。
ニンジンとキヌサヤで彩りを添えました。キヌサヤが手に入りにくい時期は、冷凍インゲン(セブンプレミアムでのお取り扱いもございます)が便利です。

■つくり方

1. 野菜の下ごしらえ

大根は皮をむいて6~7mmの厚さのイチョウ切りにし、キヌサヤは洗って筋を取っておきます。

ニンジンは4つの輪切りにします。このまま使っても彩りになりますが、余裕があれば型で抜いて花型に。

・さらにねじり梅にする場合

実線部分の中心から、側面の真ん中ほどの厚さのポイントにかけて、角度をつけつつ垂直に切り込みを入れます。続けて点線部分から実線部分の切り込みに向け、そぎ取るイメージで包丁を入れましょう。

2. 具と調味料を混ぜる

耐熱ボウルに、砂糖、醤油、コチュジャン、水を入れて混ぜます。

大根、缶汁をきったツナ、ニンジンを加え、さらに混ぜ合わせましょう。

3. 加熱する(1回目)

ラップをふわりとかけ、電子レンジ600wで5分間加熱します。

取り出して全体を混ぜ合わせたら、キヌサヤをのせます。

4. 加熱する(2回目)

再度ふわりとラップをかけ、600wで4分間加熱しましょう。

取り出してやさしく混ぜ合わせます。耐熱ボウルがかなり熱くなっている場合があるので、やけどしないようにご注意ください。

5. 仕上げ

盛りつけて白胡麻を散らしたら完成です。

■おすすめのセブンプレミアム食材はこちら

1. シーチキンLフレーク 70g×3缶


https://7premium.jp/product/search/detail?id=2777
価格:本体288円(税込311円)

キハダマグロの肉を使ったシーチキンです。手軽に食べられるよう、細かくフレーク状にほぐしました。サラダ、炒めもの、パスタなど、使いまわせるお料理はさまざま。3個パックで、ストック用としても活躍します。

2. 鉄釜焙煎白いりごま 60g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=255
価格:本体93円(税込100円)

幅広くご活用いただけること間違いなしの、歯ごたえと後味が自慢の白いり胡麻です。定番の胡麻和え、きんぴら、おひたしをはじめ、サラダ、麺類、鍋など数々のお料理に。鉄製の焙煎釜にて、ふっくらと仕上げました。

■大根の煮ものをアレンジ!

煮ものやお漬けもの、薬味に……と食べ方のバリエーションが幅広く、おうちにあると便利な大根。和食には欠かせない食材のひとつと言っても、言い過ぎではないと思います。とはいえ、いつもの味付けでは飽きてしまうこともありますよね。
そんな時こそ、コチュジャンの出番です。ツナとの組み合わせなら、サラダ、炒めもの、スープだってお任せあれ! 毎日の献立や常備菜のメニューとして、気軽に取り入れてみてはいかがでしょうか。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年8月27日現在の情報です。

TOPへ戻る