2020.12.31

おうちで簡単プロの味!ビーフシチューのつくり方

洋食料理の定番、ビーフシチューのつくり方をご紹介します。時間をかけてじっくり煮込むビーフシチューは、野菜とお肉の旨味がギュッと凝縮した、やみつきのおいしさ。具材はごろっと大きめにカットすると、素材の味を存分に楽しめます。

■市販のデミグラスソース缶でつくる!ビーフシチュー(調理時間:140分)

市販のデミグラスソース缶でつくる、お手軽ビーフシチューです。歯ごたえのある牛スネ肉は、赤ワインとともに煮込むと、臭みがやわらぎ、ほろっと崩れるようなやわらかさに。野菜は煮崩れやすさに応じて、入れる順番を変えるのがポイントです。

■材料(4人分)

・牛スネ肉……300~400g
・タマネギ……1個
・ジャガイモ……1個
・ニンジン……1個
・マッシュルーム……10個
・オリーブオイル……大さじ1杯
・塩……小さじ1/2杯
・胡椒……少々
・デミグラスソース……1缶
★酸化防止剤無添加赤ワイン……100ml
・ケチャップ……大さじ1杯
・中濃ソース……大さじ1杯
・水……400ml

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

煮崩れしやすいジャガイモは、煮込みの終盤で加えるのがおいしく仕上げるポイント。最後にジャガイモを加えることで、シチューにほどよいとろみがつきます。

■つくり方

1. 野菜を切る

タマネギ、ジャガイモ、ニンジンはあらかじめ皮をむいておきます。タマネギは8等分のくし切り、ジャガイモは大きめのひと口大、にんじんは1cm幅の輪切りにし、大きいものは4等分に切り分けましょう。マッシュルームは石づきを切り落とし、2~3mm幅の薄切りにします。

2. フライパンで牛スネ肉を焼く

フライパンでオリーブオイルを熱し、強火で牛スネ肉の表面に焼き色をつけます。塩胡椒をふりかけて、下味をつけましょう。

3. タマネギ、ニンジンを加える

牛スネ肉の色が変わったら、タマネギ、ニンジンを加え、しんなりするまでさらに中火で炒めます。

4. 水、赤ワインを加える

水と赤ワインを加え、軽く全体を混ぜ合わせます。

5. ひと煮立ちさせる

アクが出てきたらスプーンやお玉ですくい取ります。ふたをして、弱火で1時間20~30分煮込みましょう。

6. 残りの野菜、デミグラスソース、ケチャップ、中濃ソースを加える

残りの野菜(ジャガイモとマッシュルーム)、デミグラスソース、ケチャップ、中濃ソースを加え、木ベラで混ぜ合わせます。

7. 中火で30分煮込む

中火で30分ほど煮込みます。ジャガイモに竹串を刺してみて、すっと中まで通ったら完成です。お皿に盛りつけ、お好みでパンを添えて召し上がれ。

■使用した食材はこちら

酸化防止剤無添加赤ワイン 720ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=130
価格:本体438円(税込481円)

酸化防止剤不使用の赤ワインです。華やかな香りとコクが楽しめるフルーティーな味わい。ペットボトルには特殊なコーティングが施され、いつでも高品質なワインを飲むことができます。キャップつきのため、料理に少量使いたいときに便利です。

■今すぐ食べたいときはこちらがおすすめ

金のビーフシチュー 230g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=6668
価格:本体368円(税込397円)

袋ごと電子レンジで温めるだけで食べられる、レトルトタイプのビーフシチュー。継ぎ足し製法のデミグラスソースに、7日以上かけて煮込んだ牛肉と野菜の旨味が加わり、まるで老舗洋食屋さんで出てくるビーフシチューのようなリッチな味わいです。

■ビーフシチューは赤ワインと相性ばっちり!

脂身の少ない牛スネ肉は、お肉本来の旨味がしっかり感じられ、赤ワインとの相性抜群。料理に使うのはごく少量なので、余ったワインはビーフシチューと一緒にいただくのがおすすめです。
お肉の旨味を噛みしめながら、赤ワインをひと口。永遠に食べられそうな、極上のコンビネーションをお楽しみください。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年10月7日現在の情報です。

TOPへ戻る