2021.09.29

お茶漬けの変わり種アレンジ3選。簡単なのに主役級のおいしさ

ちょい足しで手軽に試せる、お茶漬けの変わり種アレンジをご紹介します。朝ごはんやおひとりさまランチはもちろん、お酒のあとのシメやガッツリ食べたい時など幅広いシーンで役立つ3つのレシピです。マンネリ打破にもぜひどうぞ。

■お茶漬けがちょっぴりアレンジで激変!

シンプルな料理だからこそ、アレンジ方法がたくさんあるお茶漬け。だしの味を変えたり具材を足したり……と、手軽に変化を楽しむことができます。この記事では、お茶漬けのおすすめアレンジを3つご紹介。朝ごはんや夜食など、いろいろなシーンでお試しください。

■1.濃厚な旨味がクセになる。野沢菜納豆チーズ茶漬け(調理時間:1分)

納豆茶漬けは、美食家・北大路魯山人が『意想外に美味いものである』と著したこともある簡単料理です。こちらのレシピでは市販の野沢菜茶漬けの素とチーズを使い、さらに旨味や風味をアップ。お好みでわさびを加えても、おいしくお召し上がりいただけます。

材料(1人分)

・ごはん……100g
・お茶漬けの素(野沢菜)……1食分
北海道産小粒 納豆……1パック
細切り ミックスチーズ……大さじ2杯
・お湯……150ml

★=セブンプレミアムです。

作り方

・1.ごはんに具材をのせる

茶碗にごはんをよそい、チーズを広げた上にお茶漬けの素をかけます。

・2.小粒納豆をのせて仕上げる

何も入れず、小粒納豆をよく混ぜます。

1にお湯を注ぎ、小粒納豆をのせて完成です。混ぜながらお召し上がりください。

TOPへ戻る