2019.12.27

バター醤油香る! 鮭のムニエルの基本レシピ

簡単でおいしい、鮭のムニエルの基本レシピをご紹介します。外はカリカリ、中はふっくらジューシーで、バター醤油の風味がなんとも食欲をそそるひと品。素材本来の旨味が活きたシンプルな味付けで、ごはんのおかずとしてはもちろん、パンやパスタとも相性ばっちりです。白ワインやシャンパンのお供にもおすすめ。

■鮭のムニエルの基本レシピ

バター醤油でシンプルに味付けする、鮭のムニエルの基本レシピです。蓋をせずにじっくりと焼き、皿に盛り付けてからソースをかけるのが、カリッと食感の最大の秘訣。レモン汁も加えて、さわやかな酸味もプラスしましょう。

材料(2人分)

・生鮭(切り身)……2切れ(約300g)
・塩……小さじ1/4杯
・小麦粉……適量
★キャノーラ油……大さじ2杯
★北海道バター(加塩)……20g
★特選丸大豆しょうゆ……小さじ2杯
★レモン100%……小さじ2杯
★あらびきこしょう……少々

★=セブンプレミアムです。

つくり方

1.鮭の両面に塩を振り、5分ほど置きます。出てきた水分をキッチンペーパーでしっかりと拭き取り、全体に小麦粉を薄くまぶします。

2.フライパンに油を入れ、中火にかけます。盛り付ける時に上になる面(皮がついている面)を下にして、鮭を焼きます。横から見て、鮭の厚みの半分まで火が通ったら、身が崩れないようにフライ返しでそっと返します。

3.両面にこんがりと焼き色がつき、中まで火が通ったらいったん火を消します。キッチンペーパーでフライパンの油を拭き取り、バターを入れて中火にかけます。フライパンをそっと揺すって、鮭の底面にバターをサッと絡めます。

4.鮭を皿の上に盛り付け、フライパンに残ったバターに醤油とレモン汁を加えます。弱火にかけ、フツフツとしたら火を消し、スプーンで鮭の上にまわしかけます。仕上げにあらびき胡椒を振ればできあがりです。

■つくる時のコツ

蓋をして焼くと、鮭の臭みがフライパンの中にこもってしまうので、蓋をせずにじっくりと火を通してください。
カリッと仕上げたいので、3.の工程では底面にだけバターを絡めます。調理中はなるべく鮭にさわらず、フライパンを揺する時も、身が崩れないようにそっと行いましょう。

■使用した食材はこちら

キャノーラ油 1350g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3768
価格:本体268円(税込289円)

炒め物や揚げ物があっさりと仕上がる、サラッと軽い風味のキャノーラ油です。和・洋・中ジャンルを問わず、あらゆる料理に使えます。

北海道バター(加塩)150g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3047
価格:本体295円(税込318円)

北海道十勝産の生乳を使用した、加塩バターです。お料理にもお菓子づくりにもぴったりです。

特選丸大豆醤油 1000ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=258
価格:本体238円(税込257円)

丸大豆を使用し、まろやかに仕上げた特選醤油です。料理の味付けだけでなく、刺身や冷奴などの「つけ・かけ」にもぴったり。

レモン100% 300ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3411
価格:本体298円(税込321円)

地中海沿岸産のレモンを使用したレモン果汁です。料理からお菓子づくりまで、幅広く活用できます。

あらびきこしょう 35g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=5358
価格:本体168円(税込181円)

香りと辛みを際立たせたあらびき胡椒です。2種類の開封口があり、手持ちの容器に詰め替えやすくなっています。

■コツをつかんでカリッとジューシーに!

簡単なようで意外と奥が深い鮭のムニエル。今回ご紹介したレシピなら、外はカリカリ、中はふっくらジューシーに仕上がります。
鮭さえうまく焼ければ、味付けはシンプルにバター醤油でOK! 素材の味がしっかりと堪能できる、手軽でおいしいおかずです。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2019年11月26日現在の情報です。

TOPへ戻る