2022.07.26

キャベツの簡単炒め物レシピ3選。まるごと1個を楽しく消費♪

「キャベツが安い!」と思ってまるごと1個買ったものの、消費に困ることありませんか?そんな時におすすめしたいのが、ご紹介するキャベツ炒めのレシピ3選です。すべてシンプルな材料でできるため、あとひと品ほしい時にうってつけ。和風・中華風・イタリアン風とバラエティ豊かな味付けなので、毎日順繰りに作っても飽きませんよ〜♪

■もう消費に困らない♪ 簡単キャベツ炒めのレシピを伝授!

みなさんこんにちは。“料理は楽しく!”がモットーのpomipomiです。
スーパーでお値打ち食材を見つけると、ノープランでカゴに入れてしまう筆者。「買ったはいいけれど一体なにを作る気?」と、自分にツッコミを入れることが多々あります。安さのあまりキャベツをまるごと1個購入するのだって日常茶飯事です。下手すれば「家にまだあった……」なんてこともしばしば。
でも大丈夫!私、ひとつの食材でいろいろなメニューを考えるのが得意なんです♪ というわけで、バラエティ豊かなキャベツの炒め物レシピ3選をお届けします。

■キャベツ炒めを作るときは「切り方」にこだわろう

「キャベツ炒め3選」といっても、ただ具材や味付けを変えるだけではありません。レシピごとに、キャベツの切り方を工夫するのがこだわりポイントです。細切りにしたり、ざく切りにしたり……。カットの仕方によっていろいろな食べ心地が楽しめちゃいます。やったことのない人は絶対に試すべき!
3品ともシンプルでありながらクセになる味わいで、食べ出したら止まらない〜♪ レシピには「4人分」と書きましたが、キャベツ好きな私はひとりで完食できちゃいます。

■1. 【和風】ごはんが進む!キャベツのだし炒め(調理時間:10分)

細切りにしたキャベツをバターでサッと炒め、だしの素やしょうゆで味付けするだけの超お手軽レシピです。かつおぶしで旨みをプラスし、粗挽きこしょうをピリリと効かせるのがおいしさの決め手。とにかく簡単なので、パパッとひと品プラスしたいによく作っています。
キャベツは千切りよりもやや太めにするのがポイント。しなやかでありながら、シャキッとした食感を楽しめますよ。熱々の炊きたてごはんにのせると、これがもう最高♪ 味を思い出すだけでジュルリです。

材料(4人分)

・キャベツ……1/4個(外葉と芯を取った状態で300g)
・かつおぶし……2g
・だしの素……小さじ1杯
・しょうゆ……小さじ1/2杯
★あらびきこしょう……たっぷり
・バター(有塩)……20g

★=セブンプレミアムです。

作り方

・1. キャベツを切る

キャベツを3〜4mm幅の細切りにします。

・2. 炒める

フライパンにバターを入れ、中火で熱します。

バターが溶けたらキャベツを入れ、サッと炒めます。

キャベツが少ししんなりとしてきたら、かつおぶし・だしの素・しょうゆ・粗挽きこしょうを入れ、全体をサッと炒め合わせます。



皿に盛り付ければ完成です。

コツ・ポイント

キャベツは千切りよりも、少し太めの3〜4mm幅くらいに切るのがおすすめです。しなやかでありながら、ほどいシャキッと感が楽しめます。すぐに火が通るので炒めすぎにはご注意くださいね。キャベツが少ししんなりとしたら手早く調味料を入れ、「ちょっと早いかな?」くらいで皿に盛り付けましょう。あとは余熱でいい感じに仕上がりますよ。
筆者は基本薄味が好きなので、味付けはやや控えめです。濃いめがお好きな方は、だしの素やしょうゆで適宜調節してください。粗挽きこしょうはとにかくたっぷり入れるのがグッド!ピリッとしたスパイシーさが、なんとも食欲を刺激します。
ちなみにごはんだけでなく、パンとも相性ばっちりなんです。ある日「もしかして?」と思い、食パンの上に広げてチーズをトッピングし、トースターで焼いてみたところ……これが大正解!ぜひお試しあれ〜。

TOPへ戻る