2020.03.13

サクサク、ホクホク♪お惣菜屋さんの「コロッケ」レシピ・つくり方

コンビニのホットスナックコーナーでも人気のコロッケ。サクサクホクホクの食感で、子どもから大人まで幅広く好まれるひと品です。揚げたてはもちろん、冷めてもおいしいお惣菜屋さんのコロッケに挑戦。つくり方のコツをあわせてご紹介します。

■基本のコロッケのつくり方

ジャガイモをすべてつぶさず、ほどよく食感を残したコロッケのつくり方です。衣はサクサク、ジャガイモがホクホクと仕上がります。

材料(4人分)

・ジャガイモ(男爵)……500g
・タマネギ……1/2個
・合い挽き肉……150g
・A塩……小さじ1杯
・A砂糖……小さじ1/2杯
・A胡椒……適量
・オリーブオイル……大さじ1杯+大さじ1杯
【衣用】
・小麦粉……適量
・卵……適量
★油を吸いにくい細目パン粉……適量
★キャノーラ油(揚げ油用)……適量

★=セブンプレミアムです。

つくり方

1.ジャガイモの皮を剥き、1cm幅ほどにスライスしておきます。

2.鍋にジャガイモを入れ、ひたひたに被るくらいの水と小さじ1杯の塩(分量外)を加えます。

3.ジャガイモの鍋を中火にかけ、沸騰すれば弱火で10分茹でて、ザルに上げておきましょう。

4.タマネギをみじん切りにし、オリーブオイル(大さじ1杯)を入れたフライパンで炒めます。

5.タマネギがあめ色になれば合い挽き肉を加え、オリーブオイル(大さじ1杯)を足してさらに炒めましょう。

6.ひき肉の色が変わったら、Aの調味料を加えて混ぜ、火を止めます。

7.ザルに上げておいたジャガイモをボウルに移し、スプーンを使ってつぶします。

8.炒めておいたひき肉を加え、混ぜ合わせます。

9.できたタネをバットに平らに敷き、8等分にしてから俵型形に成形していきます。

10.小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけます。

11.170度の油に入れ、時折ひっくり返しながら4分ほど揚げれば完成です。

つくる時のコツ

ジャガイモは、大きなカットのものに竹串がスッと通るくらいに茹でればOKです。
つぶす時は、完全につぶしてしまうのではなく、1cm角のものが残るくらいが食感が良く仕上がります。ひき肉に加える胡椒は少し多めに入れるのがおすすめです。

■使用した食材はこちら

油を吸いにくい細目パン粉 150g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=2681
価格:本体93円(税込100円)

2種類の製法のパン粉を使ったキメの細かいパン粉です。油切れもよく、冷めてもサクッといただけます。

キャノーラ油 1000g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=164
価格:本体258円(税込278円)

風味良く、あっさりと仕上がるキャノーラ油です。揚げ油、炒め油にもお使いいただけます。

■今すぐ食べたい時はこちらがおすすめ

レンジで牛肉コロッケ 2個入


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3133
価格:本体178円(税込192円)

北海道産のきたあかりを使用、ジューシーな牛肉を加えました。滑らかな舌触りながら、ホクホク感のある牛肉コロッケです。

■コロッケの作つくり方を覚えておこう

家庭料理の定番ともいえるコロッケですが、つくったことがない方が意外と多いはず。基本のつくり方を覚えておけば、カレー粉をプラスしたり、コーンを入れたりとアレンジもさまざまに可能です。ぜひご紹介した基本のつくり方をマスターしてみてはいかがでしょうか。すぐに食べたい!という時には、ホットスナックのコロッケはもちろん、セブンプレミアムの牛肉コロッケもおすすめですよ。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年1月24日現在の情報です。

TOPへ戻る