2020.03.20

メイン級の食べ応え!豆腐ステーキのそぼろあんかけのレシピ

木綿豆腐でつくる、簡単おいしい豆腐ステーキのレシピをご紹介します。カリッときつね色に焼いた豆腐に、中華風のそぼろあんをたっぷりとかけたひと品。メインおかずにもなるボリューミーな食べ応えで、お給料日前の節約レシピにもおすすめです。お酒のおつまみや、来客時のおもてなしにもぜひどうぞ。

■とろんとおいしい!豆腐ステーキのそぼろあんかけのレシピ(調理時間15分)

豆腐と鶏ひき肉でつくる、手軽でおいしい豆腐ステーキレシピです。カリカリの豆腐にトロトロのあんがよくなじみ、白いごはんとも相性抜群のひと品。豆腐の水切りは電子レンジで行うので、短時間で手間をかけずつくれます。

■材料(2人分)

★国産 もめん豆腐……300g
・薄力粉……適量
・サラダ油……大さじ3杯
★純正ごま油……大さじ1杯
・鶏ももひき肉……100g
・長ねぎ……10cm
・しょうが……ひとかけ
・にんにく……ひとかけ
・A水……150ml
★Aオイスターソース……大さじ1杯
・A醤油……大さじ1杯
・A酒……大さじ1杯
・A鶏がらスープの素……小さじ1杯
・A砂糖……小さじ1杯
・水溶き片栗粉……水大さじ1杯+片栗粉大さじ1杯

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

フライパンに豆腐を入れたら、初めはあまり触らず、底面に焼き色がついてからひっくり返してください。あんをつくる際に使用する水溶き片栗粉は、様子を見ながら少しずつ加えましょう。

■つくり方

1.材料の下ごしらえをする

豆腐をキッチンペーパーで2枚重ねに包みます。耐熱皿の上にのせ、600wのレンジで2分加熱し、水切りをします。

豆腐のあら熱が取れたら、食べやすい大きさに切ります。

長ねぎ、しょうが、にんにくをそれぞれみじん切りにします。

2. 豆腐を焼く

豆腐の全面に、薄く薄力粉をまぶします。

フライパンにサラダ油を熱し、中火で豆腐を焼きます。両面がカリッと焼けたら、キッチンペーパーの上で油を切り、皿の上に盛り付けます。

3. あんをつくる~仕上げ

フライパンに残った油を拭き取り、胡麻油を熱します。長ねぎ、しょうが、にんにくを弱火で炒めます。

香りが出てきたら、ひき肉を加えてさらに炒めます。

ひき肉の色が変わったら、Aの材料を加えます。ひと煮立したら水溶き片栗粉を少しずつ加え、好みの加減にとろみをつけます。豆腐の上にあんをかけたらできあがりです。

■使用した食材はこちら

国産 もめん豆腐 150g×3個入


https://7premium.jp/product/search/detail?id=796
価格:本体100円(税込108円)

国産の大豆を100%使用し、素材本来の旨味、風味を活かした木綿豆腐です。そのまま食べておいしいのはもちろん、マーボー豆腐や揚げ出し豆腐、味噌汁の具材にも最適。食べ切りサイズ3個パックなので、必要な分だけ使えます。

純正ごま油 200g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=242
価格:本体298円(税込321円)

胡麻をじっくりと焙煎し、香り高く仕上げた純正胡麻油です。炒め油や揚げ油としてだけでなく、料理の風味付けやドレッシングづくりにも活用できます。和食や中華料理には欠かせない1本です。

オイスターソース 120g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=5619
価格:本体158円(税込170円)

2種類の牡蠣エキスを使用し、濃厚な味わいに仕上げたオイスターソースです。炒め物からスープまで、幅広く活用できる中華料理の定番調味料。風味を損なわないうちに使い切れる小容量サイズです。

■副菜にも主菜にも!

「安い・簡単・ボリューミー」と3拍子そろった豆腐ステーキ。副菜にも主菜にもなるので、日々の献立に大活躍のひと品です。そのまま食べておいしいのはもちろん、ごはんの上にのせて丼にするのもおすすめ。ビールや焼酎のおつまみにもぴったりですよ。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年1月24日現在の情報です。

TOPへ戻る