2020.06.26

食べ応え満点! 米ナスの和風ネギ味噌グラタンのレシピ

普通のナスより大きく、緑色のヘタを持つ米ナス(ベイナス)。米国の「ブラックビューティー」という品種を日本で改良したもので、果肉がしっかりしているのが特徴です。田楽やステーキ、ラタトゥイユなどに向いていますが、今回はボリューム満点なグラタンレシピをご紹介。米ナスの皮を器にするので、見た目のインパクトも抜群です。

■トースターで簡単! 米ナスの和風ねぎ味噌グラタンのレシピ(調理時間30分)

米ナスの皮に具を詰めて、トースターで焼くだけの簡単グラタンレシピです。味付けには味噌やみりんを使用し、和風テイストに仕上げるのが一番のポイント! お子さまからお年寄りまで、みんなに好まれるおいしさです。お酒にも合いますよ。

■材料(2人分)

・米ナス……1個
・長ネギの白い部分……1/2本分(約30g)
★ライトツナ……70g
・油……大さじ1杯
★A九州あわせみそ……大さじ1杯
・Aみりん……小さじ2杯
・Aマヨネーズ……小さじ2杯
・Aおろし大蒜……小さじ1/2杯
★ミックスチーズ……50g
・白炒り胡麻……少々

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

使用する電子レンジやトースターの機種により、加熱時間を調節してください。
今回はナスの皮を器にしましたが、耐熱皿で焼いても構いません。

■つくり方

1. 材料の下準備

長ネギをみじん切りにします。ツナ缶は中の汁を切っておきます。

ボウルにAの材料を混ぜ合わせます。

2. 米ナスの下ごしらえ

米ナスを縦半分に切り、ふちを5mmほど残して包丁を差し込みます(ヘタは付いたままで大丈夫です)。

身の部分に格子状に包丁を入れ、スプーンでくりぬきます。

くりぬいた身を1.5〜2cmほどのざく切りにします。

残った皮を耐熱皿にのせてラップをかけます。600Wのレンジで2〜3分加熱し、やわらかくします。

3. 具をつくる

フライパンに油を熱し、くりぬいたナスの身を弱火でじっくりと炒めます。

ナスの身がやわらかくなったら、長ネギとツナを加えてさっと炒めます。

混ぜ合わせておいたAを加え、全体を炒め合わせます。

4. 具を詰める・焼く

ナスの皮に具を詰め、チーズをのせます。

トースターにアルミホイルを敷き、ナスを入れてきつね色になるまで焼きます。

仕上げに白胡麻を振ふればできあがりです。

■使用した食材はこちら

ライトツナ 70g×3


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3121
価格:本体285円(税込307円)

キハダマグロを使用し、ノンオイルで仕上げたツナフレークです。サラダやサンドイッチはもちろん、炒め物やあえ物の具としても重宝するひと品。家庭に常備しておきたい3缶パックです。

九州あわせみそ 750g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=228
価格:本体 278円(税込300円)

米こうじと大麦こうじの「あわせこうじ」を大豆の3倍量使用し、風味豊かに仕上げた味噌です。旨味と甘味のバランスがほどよく、毎日の味噌汁づくりに大活躍のひと品。肉や魚の漬け込みをはじめ、炒め物や鍋物の味付けにも役立ちます。

ミックスチーズ 140g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=4407
価格:本体298円(税321円)

チェダー、パルメザン、モッツァレラの3種類をブレンドした、濃厚な味わいのミックスチーズです。伸びが良く、芳醇な香りが特徴で、ピザやグラタンに最適のひと品。国産のナチュラルチーズを100%使用しています。

■米ナスで食べ応え満点レシピ!

大きくて食べ応えのある米ナス。今回はその特徴を最大限に活かした、ボリューミーなレシピをお届けしました。簡単なのに手が込んでいるように見えるので、おもてなし料理やパーティーメニューにもぴったり。ツナのかわりにベーコンを入れたり、ミートソースで味付けしたりするのもおすすめです。

 

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年5月7日現在の情報です。

TOPへ戻る