2020.09.18

成形なしでスピードごはん!「ハンバーグ丼」のつくり方

子どもから大人まで人気なハンバーグ丼のレシピをご紹介します。こねたり形をつくったりする必要がなく、とっても簡単にできますよ。刻んだ玉ネギをひき肉と炒め、まるでいつものハンバーグをごはんと一緒に食べているような味わいに。スピードメニューの新たな定番に、ぜひどうぞ。

■ごはんも野菜もモリモリ食べられる!簡単ハンバーグ丼レシピ(調理時間:15分)

ケチャップとソースをベースにした、ついつい箸が進む甘辛い味付けのハンバーグ丼です。生野菜は食感が楽しいだけでなく、こってりとしがちな味わいの箸休め的存在にもなります。目玉焼きをのせれば、ロコモコ丼風のアレンジになりますよ。

■材料(2人分)

・ごはん……400g
・合いびき肉……140g
・玉ネギ……小1個(100g)
★顔が見える野菜 サラダ用キャベツ……100g
・レタス……お好きなだけ
・ミニトマト……お好きなだけ
・ケチャップ……大さじ2杯
★中濃ソース……大さじ2杯
・醤油……大さじ1杯
・みりん……大さじ1杯
・牛乳……大さじ1杯

★=セブンプレミアムです。

■調理のポイント

玉ネギはできるだけじっくり炒めて、旨味と香ばしさを引き出しましょう。調味料を加えたあとは焦げ付きやすくなるため、フライ返しやヘラなどで混ぜながら汁気を飛ばすようにしてください。

■つくり方

1. 野菜の下ごしらえをする

玉ネギの皮をむき、みじん切りにします。

レタスは水で洗い、ひと口サイズにちぎっておきましょう。

2. 玉ネギを炒める

フライパンに分量外のサラダ油を引き、しんなりするまで中火で炒めます。

3. 肉を加える

合いびき肉を加え、色が変わるまでしっかり炒めましょう。

4. 味付けをする

調味料と牛乳を加えて、ひと煮立ちさせます。

中火~強火にして、汁気を飛ばしましょう。

5. 盛り付ける

丼ぶりにごはんをよそい、千切りキャベツ、ちぎったレタス、4、ミニトマトの順でのせたら完成です。お好みでマヨネーズやチーズ、ブラックペッパーなどをかけてください。

■おすすめのセブンプレミアム食材はこちら

1. 顔が見える野菜 サラダ用キャベツ 135g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3557
価格:本体93円(税込100円)

安心と安全に自信を持っておすすめする「顔が見える野菜。」を使用しています。メイン料理の付け合わせとしてはもちろん、サラダのベース用としても役に立つ千切りタイプ。餃子やお好み焼きにも便利です。

2. 中濃ソース 300ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=3061
価格:本体138円(税込149円)

野菜のまろやかな旨味を感じられる、塩分30%カットタイプ(※)の中濃ソースです。料理の隠し味として使えば深みやコクをプラスすることができ、つけたりかけたり以外の用途にも重宝します。使いやすく場所を取りにくい300mlサイズ。
(※日本食品標準成分表2010「中濃ソース」比)

■手順を大幅カットで困った時にも♪

パパっと済ませたいお昼ごはんや夕食だけでなく、寝過ごしてしまった時のお弁当にもピッタリの簡単ハンバーグ丼。レタス、キャベツ、ミニトマト……と生野菜もモリモリ食べられるので、ぜひ毎日のごはんづくりに役立ててみてください。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年6月11日現在の情報です。

TOPへ戻る