2020.10.09

とろけるおいしさ!豚の角煮の簡単レシピ

お箸を入れると、すっと切れるくらいとろっとろに仕上がる、豚の角煮のつくりかたをご紹介します。煮込む時間はかかりますが、必要な作業はほんのわずかなので、意外とラクチンです。ポイントは冷まして味をしみ込ませること。ちょっとしたひと手間で、断然おいしく仕上がりますよ。

■フライパンひとつで簡単!豚の角煮(調理時間:130分)

家庭料理の定番、豚の角煮です。脂身たっぷりの豚バラ肉はショウガ、ネギとともに煮込むことにより、とろけるようなおいしさに。途中でゆで卵を加えれば、つけ合わせも同時につくれて一石二鳥です。フライパンひとつでつくれるので、洗い物も減らせますよ。

■材料(2人分)

・豚バラ肉(ブロック)……500g
・ゆで卵……2個
・ネギ(青い部分)……1本分
・ショウガ……1個
★A特選 丸大豆醤油……大さじ3杯
・A酒……大さじ3杯
・A砂糖……大さじ2杯
・水……200cc
・ネギ(白い部分)……3~4cm

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

脂身の多い豚バラ肉は、2回に分けてゆでるのがおいしく仕上げるポイント。下ゆですることで、余分な脂が落ち、臭みが気にならなくなります。
また、少し冷ますと、タレの味がお肉にしっかりしみ込んで、いっそうおいしく仕上がりますよ。

■つくり方

1. 豚バラ肉、ショウガを切る

豚バラ肉は3~4cmの角切りに、ショウガは皮つきのまま薄切りにします。

2. 豚バラ肉を下ゆでする

深めのフライパンに豚バラ肉とネギの青い部分、ショウガを入れ、具材が浸かるくらいたっぷりの水を注ぎ入れます。弱火で1時間ほど下ゆでしましょう。

3. アクを取る

ゆであがったらざるに上げ、肉の表面についたアクを水で洗い流します。下ゆでの際に使ったフライパンもきれいに洗っておきましょう。

4. 調味料とともに煮込む

洗ったフライパンに豚バラ肉とAの調味料、水を入れます。落とし蓋をして、弱火でさらに30分ほど煮込みましょう。

5. ゆで卵を加える

30分くらいたったら、ゆで卵を加え、さらに10分ほど煮込みます。お湯の量が減っていたら、適宜追加してください。

6. お皿に盛りつける

お皿に盛りつけ、半分に切ったゆで卵を添えます。仕上げに白髪ネギをのせて、完成です。お好みでからしをつけて召し上がれ。

■使用した食材はこちら

特選 丸大豆醤油 500ml


https://7premium.jp/product/search/detail?id=4640
価格:本体188円(税込203円)

丸大豆を使用した、まろやかな味わいの醤油です。小さめ500mlサイズ。クセがないので、肉じゃがや焼き魚、冷奴など、さまざまな料理にお使いいただけます。遺伝子組み換え大豆不使用です。

■濃い味なので、ごはんのおともにぴったり!

甘辛いタレで味付けする豚の角煮は、こってりジューシーで、ごはんがよくすすむひと品。じっくり煮込んだ豚バラ肉のやわらかい食感は、一度食べたらやみつきになりますよ。
時間がかかる分、完成した豚の角煮のおいしさはひとしおです。冷めてもおいしいので、お弁当のおかずや、翌日のごはんにも。ぜひたくさんつくってみてくださいね。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年8月27日現在の情報です。

TOPへ戻る