2020.12.31

ほっとするおいしさ!白菜と油揚げのお味噌汁のレシピ

白菜と油揚げでつくる、ほっこりおいしいお味噌汁のレシピをご紹介します。からだにじんわりとしみ入るやさしい味わいで、食欲のない時でもスッと飲めるひと品。火の通りやすい具材なので、短時間で完成するのもうれしいポイントです。忙しい日の献立や、朝ごはんにもぜひどうぞ!

■飽きの来ないおいしさ!白菜と油揚げのお味噌汁のレシピ(調理時間10分)

白菜と油揚げでつくる基本のお味噌汁レシピです。シンプルながらも飽きの来ないおいしさで、子どもからお年寄りまでみんなに好まれるひと品。吸い口に添えるのは、風味の良い白すり胡麻がおすすめです。

■材料(2人分)

・白菜……100g
★日光油揚げ……1/2枚
・水……400ml
★だしの素……小さじ1杯
★九州あわせみそ……大さじ1杯
★本鉢仕上白すりごま……少々

★=セブンプレミアムです。

■コツ・ポイント

白菜の芯の部分と葉の部分を、時間差で煮るのがポイントです。
使用する味噌の種類により塩分が異なりますので、分量は適宜加減してください。
味噌を入れたあとは、味噌汁を決して煮立たせないようにしましょう。(グラグラと煮立てると、せっかくの味噌の風味が飛んでしまいます。)

■つくり方

1. 材料の下準備をする

白菜を芯と葉の部分に分け、1cm幅の細切りにします。

油揚げをキッチンペーパーで挟み、手でギュッと押さえて余分な油を吸い取ります。半分にカットし、1cm幅の短冊切りにします。

2. 白菜と油揚げを煮る

小鍋に水、だしの素、白菜の芯の部分を入れ、中火にかけます。沸騰したら弱火にし、白菜に火が通るまで煮ます。

白菜の葉の部分と油揚げを入れ、さらに1分ほど煮ます。

3. 味噌を溶く〜仕上げ

いったん火を止め、お玉と菜箸で味噌を溶き入れます。

再び火にかけ、味噌汁の表面がグラッと揺れる程度に沸いたら火を消します。お椀に味噌汁をよそい、仕上げにすり胡麻をふればできあがりです。

■使用した食材はこちら

日光油揚げ 2枚入


https://7premium.jp/product/search/detail?id=764
価格:本体138円(税込149円)

国産の大豆を100%使用し、米油で香ばしく揚げた油揚げです。肉厚で汁含みが良く、煮ものや汁ものに大活躍のひと品。カリッと焼いてお酒のおつまみにするも良し、炒めものや和えものの具材にもおすすめです。

だしの素 45g×3袋


https://7premium.jp/product/search/detail?id=186
価格:本体178円(税込192円)

鹿児島県産のかつお節、北海道産の真昆布、長崎県産の焼きあごを使用した、旨味たっぷりのだしの素です。顆粒タイプで溶けやすく、煮ものや汁ものに重宝するひと品。上品な香りとコクが楽しめます。

九州あわせみそ 750g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=228
価格:本体 298円(税込321円)

米麹と大麦麹の「あわせ麹」を大豆の3倍量使用し、風味豊かに仕上げた味噌です。旨味と甘味のバランスがほどよく、毎日の味噌汁づくりに大活躍のひと品。肉や魚を漬け込んだり、炒めものや鍋ものの味付けにも役立ちます。

本鉢仕上白すりごま 55g


https://7premium.jp/product/search/detail?id=265
価格:本体128円(税込138円)

白胡麻を低温でじっくりと焙煎し、本鉢で丁寧にすりあげたひと品。風味が良くしっとりとしていて、さまざまな料理に幅広く活用できます。チャック付きパッケージで開封後の保存も便利です。

■白菜と油揚げのお味噌汁をレパートリーに!

白菜と油揚げはお味噌汁の定番具材。そのふたつを組み合わせれば、おいしくならないわけがありません。どこかほっとするやさしい味わいで、世代を超えて好まれる王道の一杯。毎日のお味噌汁がパターン化しがちな方は、ぜひレパートリーに加えてみてください。

※お近くのセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートほか、グループ各社店舗にてお買い求めください。
※店舗によりお取り扱いのない場合がございます。
※地域により商品規格・価格・発売日が異なる場合がございます。
※掲載商品を店内でご飲食される場合は、対象商品の税率が10%となります。
※2020年10月1日現在の情報です。

TOPへ戻る